« 足枷機能の可能性とRSSにおける重み付け(☆☆) | トップページ | 色々こなして日曜日。(☆☆☆) »

2012.04.14

烈雨春風焼けよ肉。(☆☆☆)

2012041401

 肉の足しにするべく鳩を追い回す主催者(※写真はイメージです)。
 そんなわけで昨日土曜日。一年ぶりとなる水元公園に、ロボット関係者の皆さんとバーベキューに行ってきました!

 強い風が吹いてて、なんか雨とかざんざん降ってました! はい!

 昨年も行った水元公園でのバーベキュー大会、今回晴れて第二回の開催となったわけですが。
 天候については不安が囁かれていて、前日になんてやれビンゴ、降水確率80%、と言う現実が提起。とはいえ、タープ(僕はタープって知らなかったんですが、小屋みたいな感じで頭上にかかる、テントのおっきなやつみたいなものですが)を借りられるので、雨は大丈夫、と言うお話に。
 いろいろあってちょっと遅れて、酒を仕入れつつ移動。水元公園の相変わらずの超巨大さにひいこら言いながら徒歩移動。やっとのことで辿り着きましたが、皆さん雨合羽ですでに強行軍状態でした。

 雨もすごいが風もなかなか。そして足下は泥の跳ね。まさかと思いつつ用意していった長井対策用の悪天候靴、履いていってよかった、と心底思いつつ。出遅れたぶんお手伝いしなきゃいけません。すでに立っていたタープに加えて、増設分の設営を、やりかたを教えて貰いつつえっちらおっちら。……畳んである仕掛けがぐわっと広がっていくさまは、なんていうか、なんとも言えない面白さがありますね。
 そんなわけで、テーブルを設置し椅子を設置(とはいえ、雨が吹き込んできたする関係上、椅子は使われたり使われなかったりになってしまったのですが)。炭を用意して、いよいよ昨年苦労した火付けの段階。

2012041402

 ……とはいえ、井上さんの熟練の手さばきに、タカノさんが持ち込んだ高出力ガスバーナのお陰で、あっと言う間に火付けが終了。TOBBYさんが「なーんだー」と笑顔で拍子抜けするくらいの安定度でありました。

2012041403

 設営中の光景。結局タープは5個使用することに。立てている真ん中はまったく安定しているんですが、タープとタープの継ぎ目は雨が降り込んできて大変。たわんだところに雨水が溜まって、たまにドバッてなるので、なかなかに油断ならないトラップ状態でもありました。

2012041404

 いわゆる肉焼き台(違)。二箇所に設置され、こちらはTOBBYさんとイガアさんが主に面倒を見られていました。もう一箇所は井上さんが差配されておりました。

2012041405

 えまのんさんが持ってこられていた、鶏まるまる。湯気がたつほどほかほかです。おおおー。
 このためにわざわざお店をちょっと早く明けて貰ったのだそう。そしてこのお肉はみんなに「レグホーン」と言われておりました。
 ちなみに切り分けられたレグホーンの腿は、くままさんが豪快にかぶりついておりましたよ。

2012041406

 このイベントのためにほうぼうから持ち寄られたお酒の数々。限定ワインの一升瓶から電気ブランの一升瓶まで、さまざまな一升び…… いやいやその。シャンパンに地ビールに地ワインに、と、よりどりみどり養命酒。そんな有様であります。これ本当になくなんのか、と最初言っていたんですが、始まってみると猛烈な勢いで減っていく事に……。

 乾杯のあと開始。三々五々、お肉焼いたり酒飲んだり寛いだりしつつ、基本的には風雨に耐えつつ、お肉焼いたりして頂きます。まあみんな、座っていると言うよりも、火の側に寄ってお酒飲んでる、って基本的にそういう感じでありました。なにしろ寒かったもので……。
 たけいさんはお子さん達は寒さで辛そうだったので、早くに切り上げて帰られる事に。寒くても大丈夫と言い張る意地っ張りぶりに男の子を見るなど。

2012041407

 アウトドアもフィールドの道楽、さん。この馴染みっぷりがすばらしい。
 黄色いUSB扇風機は火入れ用に持ってきたもので、皆さんの手際と装備のおかげで出番がなかったのですが、こんなふうに綺麗に活用されておりました。

2012041408

 あとで見たら溶けてましたけど。

2012041409

 ちょっと遅れてきた人も次々と合流し、かなりの大所帯となりました。
 こんな天候下ですし、他にバーベキューをする人もそうはいないんじゃないか、と思っていたんですが、広場はかなり人でいっぱい。同程度の集団があちらこちらにも。皆さんそれぞれに防風幕を気付くなど、工夫を凝らしてバーベキューを強攻されていました。逃げる奴はバーベキュー客だ。逃げない奴は訓練されたバーベキュー客だ。そんな感じで。
 さすがに雨なり風なりで、桜も葉桜七分な感じではありましたが。タープの脇はこれまた綺麗な光景で、灰色の風景の中で目の和みでありました。

2012041410

 周り、だいたいこんなですしね(※タープのゆるみを防ぐ為に、折り畳み傘を骨組みの間に挟むライフハック)。

2012041411_2

 鉛色の空ー。

2012041412

 真っ赤に燃えーてー。
 なにしろそんな天候なもので、つまり寒いもので。ビールの売れ行きはいまひとつ。代わりに皆さん熱狂だったのが熱燗でした。
 井上さんが「こういう天気の時はぬる燗だ!」と、コーヒー缶を器具に、直火で次々とお燗を仕上げ、仕上がるたびに皆さんが群がっておりました。日本酒にホットワインからぬる燗電気ブランまで。
 わけても圧巻はストレートの電気ブランで、香りが高く上がる。元々電気ブランは好きですが、別物のような美味しさでありました。 お酒を燗するってのは普段あんまりやったことがないんですが、なるほど、ううむ。

2012041413

 実物を初めて見ましたザクとうふ(ヒートホークスプーン添付)。
 中身を見損ねてしまいましたが、外見はなるほど、水面からザクが半分くらい頭を出しているような恰好で、なんともキュート。パッケージをとっておいて色々作る、って言う意見がなるほど納得でありました。
 ちなみにパッケージも非常にリキが入っているんですが、なんていうかその、そうじゃないような気がするんですが的な突っ込み所がつまりその。

2012041414

 いやそれ…… 写真では……。

 強風で時々いろんなものが飛ばされそうになりつつ、倒れている人がちょっといたりもしつつ。最終的に焼きそばがなぜか大量に残っていると言う不思議な事態を収束させつつ、お時間近くになるまでわいのわいの楽しんでおりました。
 そしてタープを畳んで火をかたづけてと撤収作業。なんていうか、さっきまで騒いでいた場所が、あっと言う間に片付けられちゃうのは、実に不思議な光景でありました。そして人がいなくなった途端に烏がいっぱい集まってくると言う。彼等頭いいなあ。

 さて、そんなこんなしつつ、水元公園で一同解散。
 そのあとは割と複雑な動き目。いしかわさんたちはヤマトの特別上映を見に行くために、再度新宿で集合する事に。僕ら一団は北千住でチャイにありついたりした後新宿に移動したんですが、すでに座席はなく、ヤマトは諦める事に。
 代わりに久々にアボットチョイスに行って、ビール飲みの延長戦。しかるのちにヤマト組と合流して、新宿でもう一軒。ヤマトにアホ毛が乗る時代になった、と言いつつ、最終的に終電で帰ってきておりました。

 えーと、雨中の焼き肉から勘定すると、最終的に四次会くらいまで到達した計算でありましょうや。
 ともあれ、色々な方向性で総力を出し尽くした。そんな春の嵐のバーベキュー大会でありましたー。楽しかった! ……疲れた!
 また次の機会には、好天に恵まれることを祈念しつつ。

|

« 足枷機能の可能性とRSSにおける重み付け(☆☆) | トップページ | 色々こなして日曜日。(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/54475792

この記事へのトラックバック一覧です: 烈雨春風焼けよ肉。(☆☆☆):

« 足枷機能の可能性とRSSにおける重み付け(☆☆) | トップページ | 色々こなして日曜日。(☆☆☆) »