« 臨時巡回博物館。(☆) | トップページ | 神秘の名は東洋文庫。(☆☆☆) »

2012.05.12

タイと代々木とゾンビと日差し。(☆☆☆)

2012051201

 今日は映画も見に行ったんですが、それが捌けた後。原宿駅から歩いて、代々木公園に行ってきました。
 目当てはこちら、タイフェスティバルです。

 このタイフェスティバルはタイのPRのため、毎年行われているイベント。名古屋や大阪でも行われていますが、ことし東京では代々木公園にて、12日と13日の二日間にわたって開催されています。
 イベントのステージやお土産、タイのワインなど見所もありますが、なんといっても楽しみは屋台。関東圏のタイ料理店がさまざまに出店を出して、代々木公園でビール飲みながらタイごはんが食べられる、と言う、楽しいイベントです。
 天気も好天、風も大人しい。時刻はちょうどお昼どき。そんなわけで、タイフェス会場はまさに芋洗う混雑。東西線で言えば大手町駅、肩を落とした大手町駅が続く、どこまでも果てしなく続く、そんな感じの光景でありました。……いや、普通に公園も人がそれなりにいるんですけど、やっぱりここで密度が急激に上がりますよね。
 テントの中の店員さんも、半分身を外に出して呼び込みをしていたんですが。テントから出た瞬間に「涼しい!」と魂のつぶやきが漏れておりました。さらに厨房なわけですから、暑いですよね。テント。

2012051202

 映画に間に合わせるために急いで飛び出てきて、この時点で何も食べていなかったので。最初のお店で、えいやっと二つゲット。タイ炒飯と、ほとんど見えないですけど、下は平面の辛い焼きそば。
 チャーハンはちょっと鶏そぼろお茶漬けみたいな感じで、長米でさらさらと。焼きそばはきしめんみたいなすごい平麺だったんですが、これが油断してたらまた辛かった。持続的かつ成長可能な辛さと言う感じです。おりあしく飲み物を持っておらず、ビールをこの時点でまだ入手していなかったので、あわてて平らげて、ひりひりしながらビールを探す事に。
 ビールの出店もけっこうありましたが、見かけたのはシンハービールかチャーンビールの二択。シンハーはたしか去年、タイフェスに来た時に飲んだので、今度は持って歩いている人も多かった緑色の缶、チャーンビールを試してみることに。

2012051203

 水槽の中に缶がごろごろ。

2012051204

 やー。
 頼んでから若干スマートフォンにトラブルがあって、直そうといじっているうちにちょっとぬるくなってしまいましたが。焦っているうちに口の中の辛さはちょっと治ったので、なんだ、結果オーライってことでひとつ。
 飲んだ印象は、日本の軽めのビールとほぼ同じみたいな感じ。この陽気とこの辛さにはぴったりです。

 そんなこんなで、ビール片手に。人混みのタイフェスをあっちこっちうろうろ。

2012051205

 さすがに腹は満腹ですが、ときどきお店の店頭を覗いて、カードや宣伝のチラシを貰っていきます。
 見ていると、カードなどがあるお店は半分以下といったところ。こういうところに宣伝チラシを置いておけば、ずっと印象がいいのになあ…… と思ったり。次回のときはぜひ皆様、ご検討をお願い致します。僕も近場のタイ屋さんにこんど行ってみますので。

 さて、代々木公園に行ったのは実はもうひとつお目当てがあって。今日は代々木公園にゾンビが出るって言うんです。
 ハハハまたこの嘘つきめがいい加減にしないと舌抜くぞ、って言われそうですけど、ええとですね、こちらをご覧下さい。
 つまりゾンビの扮装をして代々木公園をウォーキングしよう、と言うイベントが、本日行われたわけなんです。なんのことか判りませんか。僕に聞かれてもちょっと。まあとにかく、今日この日この時間に代々木公園に行けば、ゾンビの皆さんを安全に目撃できるわけなんですよ。というわけで、カメラを忘れた事を後悔しながら、代々木公園を移動。

 しかし代々木公園は広大で、皆さんは移動しています。どこにいるのかも判らない集団を探すのは、それがゾンビであってもなかなか大変です。
 おおよそ公園を一周するくらい歩き回った後、疲れて休んでいたら、顔面蒼白で血糊をつけた軍人風のゾンビの人が目の前をスーっと。えッ。と思って、これはこの人で間違いない、と思い、こっそりとと言うにはわりあい堂々とついていくことに。
 そしたら、いらっしゃいましたゾンビご一行の皆さん。風体はゾンビですが、わりと普通にお喋りしながらウォーキングされている光景は、なんだか普通のようなそうでいないような。と思っていたら、通りすがりの人と話をしていて、いきなり全員で襲撃している光景を演出して記念写真。フレンドリーで動きの素早いゾンビの皆さんです。すっかり感心したものの、写真を撮らせてもらうのもなんだか気が引けて。この時点で代々木公園をほぼ一周していたこともあり、ちょっと休憩することに。

2012051206

 噴水のほとりの日陰、ベンチで休憩。
 周りは犬の散歩をさせていたり、子供連れのご一家がそこかしこにいたり。お休みの日の公園、と言う、穏やかな光景。ついうっかり、ちょっとうとうとと。

 しばらく休憩したのち、まあ、今日はよく動いたし帰ろうかな。と思い、公園を半周して駅への道を戻ろうとしたら。ゾンビのお嬢さんのお二人が、観光客(違うんですけどこう表現したくなる)の皆さんのリクエストに応えて写真撮ったりしておりました。さっきの人達だと判っていても、突然見かけるとうおッってなる。通りすがりに間近で見ましたが、気合の入ったメイクアップでありました……。

 そんなかんじで。春の代々木でタイとゾンビに触れたりニアミスしたりした、なんだかよくわからない土曜日の日の出来事でありました。
 もっともこの日最大のなんだかよくわからないは、午前中の映画なんですけどね。それはまた改めて。

|

« 臨時巡回博物館。(☆) | トップページ | 神秘の名は東洋文庫。(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ゾーンビー(間違ったゾンビ理解によるゾンビの鳴き声

わが家はタイフェス2日目に行ってきます。ゾンビいるかな!?

投稿: じゅんた | 2012.05.12 23:12

 恐らくそれはゾンビコマンダー。ゾーンビー! ルロロロロロー。

 ゾンビさん達のつどいは残念ながら今日だけみたいですねー。
 タイフェスはとにかくもうすごい人出なので、そこだけは覚悟しておいたほうがいいと思います。
 食べ物はほぼ一律ワンパック500円くらい。原宿側じゃなくて、渋谷側の入り口から入った方が、早く食べ物にありつけると思います-。
 ということで、タイってきてください。タイタイ(適当)。

http://www.thaifestival.net/place/2012/yoyogi.html

投稿: sn@散財 | 2012.05.12 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/54695367

この記事へのトラックバック一覧です: タイと代々木とゾンビと日差し。(☆☆☆):

« 臨時巡回博物館。(☆) | トップページ | 神秘の名は東洋文庫。(☆☆☆) »