« 第四回ニソコン観戦記インデックス | トップページ | 因果と応報(☆) »

2012.06.12

さらば天翔る債務者よ、再世篇完了!(☆☆☆)

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇

 二ヶ月くらいかな。ちんまりちまちまやってました、第2次Zの再世篇を終了致しました-。
 いやいや楽しかった。実を云うと破界編の方はうーんと思っていたのですが、再世篇はそのへんの不満点まで含めて一点解消。大変満足でありました。

 あんまり世間では評判のよくない単体ユニット扱いなんですが、僕はどっちかと言うと、小隊編成とかツインユニットよりもこっちの方が好みな感じなので、個人的には嬉しかった感じ。いやなんだその、ユニット数が多くなりすぎると、編成で悩みすぎて次に進めないと言う持病がありましてですね(汗。

 破界編でなんとなく不満だったのはストーリー周りで。以前のZがかなり猛烈に原作世界を掻き混ぜた話だっただけに、なんだかちょっとスケールが小さくなったかなー…… と言う印象があったのです。インペリウムご一行の愉快さとかもあったのですが、前作からの継続参加組が、皆まとめて、いるだけ参戦みたいな感じになってしまっていたので。再世篇が控えていることから、一部武装が封印されているままだったこともあって、ちょっと残念だったかな、と。
 さて再世篇の方では、いったん「こちらの世界」に居着く事になった継続参加組の皆さんが、それぞれに世界に馴染んだり、馴染もうとしていたりする様がきちんと描かれていて。新規参加組と、馴染んだり折り合いをつけたりしながら、再集結していく様がなかなかに。
 前作で脇役と言うか、留守番的な立ち位置だったエスターを序盤の主役に据えて、膨大な前作の登場人物をじわじわ紹介していくギミックも、再世篇から初めて入る人への説明としても(それにそろそろ忘れてる人達へのサポートとしても)いい感じ。なかなか出てこないクロウが出てきた時の、なんかこう適当な雰囲気もかなりこう。

 セツコやランドといった、破界編で登場しなかった初代Zの主人公達の登場から、最近ちょっと珍しいくらい正当派タイプの敵組織&ライバルの登場から(ステロっぽいタイプのキャラクターが出てきての、そこからの捻りがまたなかなか)、際限なくスケールアップしていく原作後半展開との、天井知らずな盛り上がりっぷりとの噛み合わせ。いやはや、楽しませていただきました。
 破界篇のクリアボーナスがあったとはいえ、難易度は押さえ目だったのかなー、とも思います。初回ノーヒントでポイントとエンブレムを全部取って隠しルートに入った(というか自分が辿ったのが隠しルートだったと後で知った)くらいなので。

 考えてみるとvitaを買ってからこっち、セブンスドラゴンにグラヴィティデイズ、それにこの再世篇と、なかなかの稼働率を誇っているわけですし、買ってきちんとクリアしていてえらいぞ自分って言う感じですけども。稼働してるゲームのうち2/3はPSP用って言うのは、その、どうなのかな自分と言うところなのですが。

 まあそれはともかく、これから二週目だー。今度はボトムズルートで行くんだ。というわけで、もう一周。行って参ります-。

|

« 第四回ニソコン観戦記インデックス | トップページ | 因果と応報(☆) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/54946176

この記事へのトラックバック一覧です: さらば天翔る債務者よ、再世篇完了!(☆☆☆):

« 第四回ニソコン観戦記インデックス | トップページ | 因果と応報(☆) »