« 覇王の弟。(☆☆☆) | トップページ | ダウンロード&体験版まつり。(☆) »

2012.07.07

スパイダーマン、あるいはピーターと不在の父と、三人の父親代わりの物語(☆☆☆)

 アメイジング・スパイダーマン公式サイト

 例えば、そう。いじめっ子から友達を守ろうとして、でも弱いからボッコボコにされて。結局は見かねた女の子が割って入って仲裁されちゃうような。ピーターは喧嘩も弱いし、ちょっと頼りないけど、でも皆が知っている。彼がとってもいい奴なんだってことを。

 そんなピーターが、密かに抱えていた悩み。それは、小さい頃に姿を消した、実の父親と母親のこと。叔父夫婦は実の息子のように大事にしてくれていたし、ピーターもそれには感謝していたけれど。心の底には、どこか解けない謎を抱えていた。
 しかし、ひょんなことから、止まっていた時間は動き出す。父親の残した鞄。両親の過去、かつて二人が働いてたオズコープ社、そして両親の共同研究者だったコナーズ博士。そして、彼等の研究していたもの。
 同級生のグエンを巻き込みながら、胸の内でくすぶっていた謎の手掛かりを追い求めるうち、必然から、偶然から、ピーターの周りの運命は劇的に変貌を遂げていく。能力を身に付け、マスクを身に付け、やがてピーターはヒーローに、スパイダーマンとなる道を歩んでいく。
 運命に翻弄されながらも、己に課せられた使命を、己の為したことの償う術を捜し求めるピーター。もうひとりの逸脱者リザードとの戦いの果てに、スパイダーマンが得るものは、そして失うものは一体なんなのか……。

 というわけで、スパイダーマンの再生編。ちょっと遅くなりましたが、見て参りました-。
 どうしてもサム・ライミ版と比べてしまうのは、致し方無くはあるのですが(汗。こちらはこちら、あちらはあちらで、違う側面にフォーカスをあてたものとして、同じ映画ながら別々の方向性で面白くなっていると思います。
 ストーリー的には、グエン・ステーシーをヒロインに据える事で、そりゃあもうハラハラする展開になだれ込みつつ、これまであまり触れられる事のなかった、ピーターの両親を物語のメインの場所に据えているのが興味深いところ。なにしろ、開幕からしてその失踪から始まっているわけですから。
 そこに連動して、この話が、ピーターがスパイダーマンとなる、偶然ではない「理由」を設置しているのも面白いところです。というのも、スパイダーマンは原作では(映画版第一作でも)、まったくの偶然からスパイダーマンになる能力を手に入れ、そしてその偶然ゆえに、翻弄され、多くを失い、そして打ちのめされた痛みからヒーローの生き様を獲得していく。まあそんな話なんですが、そこにレールを引こうとしているのが、今回のストーリーの持ち込み方の注目点。
 ピーターの両親への思い、そしてそれゆえに抱く、叔父夫婦への複雑な感情。それらが絡み合うことで、能力を手に入れ、スパイダーマンになることを決意する悲劇、それらがこれまでの作品と違うロジックで繋がっていくのが興味深いところ。
 もちろん、ヒーローとしての能力を手に入れたスパイディのやんちゃなところも出てきていて、どっちかと言うとピーターとしてやんちゃな感じになっているんですけども。そういったところへの掣肘が、納得のいく登場人物の口から出て来るのも、興味深いところです。
 そういう意味では、ピーターと父リチャード、そいてベン叔父さん。それぞれ違う角度からピーターの人生に関わるコナーズ博士とステーシー警部と。この話は、ピーターと大人の男達の物語なのかも知れません。前作の主軸が、徹底してピーターとメリー・ジェーンの物語だったことを考えると、なかなか興味深い気がします。
(あとメインの登場人物を一新している関係上か、フラッシュ・トンプソンがハリーの代わりに出てきているのも、ちょっと嬉しい。しかもこのフラッシュがまたこう。またこう)

 びゅんびゅんと空間を飛び回るライミ版に対し、圧倒的な巨体を持つリザードに対して、糸や体術を駆使して、身軽で変幻自在の動きで立ち向かうアクションは、まさに切り口の違いで大きく魅力的。糸を移動の補助や牽制にと自由自在に使うさまは、緩急のきいた演出ともども必見です。

 そんなわけで、成功作のリブートと言う課題に、全く違う方向に舵を切ることで答えを出したスパイダーマン。アメコミの夏の皮切りに、いいものを見た、と言う感じでありました。

 ……次はダークナイトライジング、三時間弱くらいあるって言うから、ちょっとアップしておかないとな……。

|

« 覇王の弟。(☆☆☆) | トップページ | ダウンロード&体験版まつり。(☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/55150542

この記事へのトラックバック一覧です: スパイダーマン、あるいはピーターと不在の父と、三人の父親代わりの物語(☆☆☆):

« 覇王の弟。(☆☆☆) | トップページ | ダウンロード&体験版まつり。(☆) »