« 第14回ロボでサバゲ!観戦記 | トップページ | 10月読書の備忘録。(☆) »

2012.10.31

kindleアプリを使ってみました:ストア編(☆☆☆)

 kindleのkinは二宮金次郎の金からとっててですね、と軽いウソから入りまして(本当はこんな意味らしいです。焚書ではないらしい)。
 電子書籍の黒船と言うのも何隻目やらのamazon kindle。いよいよkindleストアも始まりました。
 もちろんうちにはkindle端末はないわけですが、マルチデバイス対応は最近の電子書籍の流行、というか必須要素。紀伊国屋書店のkinoppyみたいな、PC版のブラウザこそありませんが(国外ではあるようです)、kindleもandroid版とiOS版のアプリが存在し、kindleストアで購入した電子書籍を読む事ができます。
 そんな話を聞くと居てもたってもいられない性分。そんなわけで、android版のkindleアプリを使ってみました。

 android版の場合、アプリそのものはgoogle playから普通に落として、端末にインストール。
 一方でamazonのサイトでIDを取得し、アプリにそのIDを登録する事で、PC等で電子書籍のライセンスを購入→IDに紐着いた端末に転送→読書、と言う流れになります。
 このIDについては、米国amazon.comのIDと、日本のamazon.co.jpのIDと、どっちと紐付けられるかで相当問題があったようですが、幸か不幸かもともと日本のamazon.co.jpのIDしか持っていなかったので、問題なく解決。
 一方のアプリの方も、初起動時にIDを登録する事で、紐付けされた状態となります。

 まずはkindleストアで、電子書籍を物色。amazonのサイトの一番上、カテゴリーのところに「kindleストア」と言う選択肢があるので、そこを選べばOK。kindleで購入できる電子書籍(とkindleそのもの関連のアイテム)が検索できます。
 ここで、たとえば「テルマエ・ロマエ」のような、紙と電子版両方があるアイテムを選んだ場合など。今どちらを選んでいるのかわからなくなりそうですが、表紙の画像の下に「kindle版」と、ロゴが表示されるので、その点間違える心配はなさそう。
 また、普通に紙のコミックの商品ページを見ている場合も、その本にkindle版がある場合、ページの中央あたりに「kindle価格/紙の価格」の対比表が表示され、そこをクリックすることでkindle版のページに切り替える事ができます(もちろんkindle版のページから紙の本に飛ぶ事もできます)。
 ものによってキャンペーンなどもあるとは思いますが、kindle版はどの本も、そこそこ値引きがあるみたいですね。テルマエ・ロマエは丁度なにかのキャンペーン中なのか、だいぶ値引きがなされていました。ちなみにレビューなどは本もkindle版も同じものが表示され、ここはamazonの強みをきちんと生かしてきていると言うところ。

 一つ注意点は、kindle版にはショッピングカートを経由せず、そのまま1-click購入になってしまうこと。たぶん仕組み的にクレジットカード必須なのだと思いますが、ここだけは(ボタンにも表示されているとはいえ)注意が必要です。
 ちなみに、だぶって買ったらどうなっちゃうんだろう、と。ちょっと気になって。ドキドキしつつ試してみましたが、「何月何日にすでに注文済みです」と言う表示が出てきて大丈夫でした。そらそうなんですけど、実際やってみて、ちょっと一安心。
 ちなみに、ここで電子書籍を購入する際、購入画面に登録済みの端末の一覧が出てきます。複数端末を持っている場合はドロップダウンリストになると思うんですが、ここで例えば「android」を選ぶと。androidのアプリがすぐに待機状態になり、ネットワークに接続すると、すぐに電子書籍本体のダウンロードが開始します。これは例えば、PCとかで購入しても、特にandroid端末のほうで同期などの作業を行わなくてもよい、と言う事。些細なことではありますが(それに結局ダウンロードする以上タイムラグはあるわけですが)、買ってすぐ読む、と言う、動作の流れの良さから考えると、いい一工夫だと思います。

 購入したkindle版のアイテムは、amazonのアカウントサービス内にある「my kindle」で管理され、一覧として表示されます。
 ちなみに、ここには購入したものだけではなく、その他のファイル(pdfとか)も登録可能。xxx@kindle.comと言う転送用メールアドレスを貰う事ができるので、ここに向かってファイルを投げると、my kindleの中に登録され、アプリからも読めるようになります。自炊した電子書籍なんかは、ここに入れておくといいわけですね。
 ちなみに容量は5GB。これは自由に使っていいみたいです。試しに電子リアを入れてみましたが、読みやすさはサイズなり…… と言うところ。ちなみに一気にファイルをいっぱい転送したい場合は、zipフォルダに圧縮して放り込んでもいいみたいです、このへんの使い方の荒さは、さすがと言うべきかなんというか。

 さてさて。ちょっと長くなってしまったので、とりあえずストアの話だけで一段落としますけども。とりあえず、購入した最初の一冊にちゃんとあとがきがついていた、と言うだけで、僕の中での好印象度が一段階上がったkindle。さすがは老舗にして本命、と言うきっちりさ加減には好感が持てる次第。うっかりpaperwhiteも注文しちゃったりしたので、じっくり付き合っていきたいなあ、と思う次第です。

|

« 第14回ロボでサバゲ!観戦記 | トップページ | 10月読書の備忘録。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/56014669

この記事へのトラックバック一覧です: kindleアプリを使ってみました:ストア編(☆☆☆):

« 第14回ロボでサバゲ!観戦記 | トップページ | 10月読書の備忘録。(☆) »