« 2012年12月ファイナル読書録。(☆) | トップページ | 俺のお屠蘇がシメイブルーで。(☆☆☆) »

2012.12.31

最後の挨拶2012。(☆)

 アイアンシェフを見ながら、今年最後のご挨拶を。
 天変と言うべき2011年のあとを受けて、様々な物事が軋みを上げていたかのような2012年。
 ずっとあとで振り選った時、あの年、あの日がすべての始まりだったと。そう後の世に記憶されてしまわないよう、終わった今となっては願うばかりの年です。

 それはそれとして。個人的にも、ほんのすこし、ほんのすこしずつの前進を試みた年でした。
 したことのないこと、し忘れていたこと。しそびれていたこと。道に落ちた葡萄を泥がついたまま飲み込もうとする、そうまで言ったら大袈裟には過ぎますか。大袈裟だと思われたのなら、それも仕方のないことでしょう。なにごとも自分の中で起きていないかのように、涼しい顔をしているしかない事でしょう。

 それでも、形だとか、あるいは数字だとか、ほんのわずかの前進ではあっても。才能にも要領にも基づかぬ、純然たる結果なのだと。そう思う事にするとしましょう。この一年をまったくの無為に過ごしたわけではないのだと、せめて最後の一時間に、自己満足に浸るだけのためにでも。

 努力は自信を築き、自信が実力を育み、そして実力が結果を導き出す。
 他人は結果を説明するために、才能と言う言葉を作り出す。

 今年一年、嗤われたかも知れませんが。少なくとも自分は這いずりました。
 新しい年も、飛ぼうとしながら。這いずり、進むとしましょう。

 這え。歩け。そして飛べ。

|

« 2012年12月ファイナル読書録。(☆) | トップページ | 俺のお屠蘇がシメイブルーで。(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/56439537

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の挨拶2012。(☆):

« 2012年12月ファイナル読書録。(☆) | トップページ | 俺のお屠蘇がシメイブルーで。(☆☆☆) »