« 【イベントレポート】アメコミNIGHT!大忘年会・第三部(プレゼント編他) | トップページ | 最後の挨拶2012。(☆) »

2012.12.31

2012年12月ファイナル読書録。(☆)

 いろいろとありました今年も、いよいよ締めくくり間近。
 ちょっと早いですが、月末月初の恒例、2012年12月の読書目録でございます。

12月 の読書記録

【読書状況】 15 冊読了 / 15 冊購入 【購入費】 65695 円

「ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上2」
ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ エンターブレイン 1260 円
読了(2012-12-02) ☆☆☆☆★
復讐者ニンジャスレイヤーの孤独な戦いはなおも続いていた! 好調の書籍化第二段は、人気エピソードと異色エピソードを織り交ぜてつづる第二段。危険過ぎる仕事に巻き込まれてしまった元チンピラの姿を描く新エピソードの魅力あり、これまで掲載されたエピソードへの加筆あり、と手堅い展開。馬鹿なディティールと、唸らせ泣かせる骨太の物語は健在です。続刊の新エピソードにも期待大。

「邯鄲の誓 始皇帝と戦った者たち」
丸山 天寿 講談社 1785 円
読了(2012-12-03) ☆☆☆☆★
圧倒的な力で六国を脅かし、古の秩序を破壊していく秦王国。史上空前の権力と武力を備え、のちに史上初の皇帝となる男に対し、凄腕の剣士が、そして流浪の貴公子と草原の娘が戦いを挑む。絶望的な賭けの果て、あるいは生き、あるいは散る彼らが、目に、手にしたものとは。史上有名なあの事件を叩き台に、時代と戦争に翻弄されながらも、己一個ですっくと立とうとする若者達を描く正当歴史譚。シリーズを全部読んできた人には存在自体がご褒美みたいな一冊。ぜひぜひ。

「明治開化 安吾捕物帖 (角川文庫)」
坂口 安吾 角川グループパブリッシング 660 円
読了(2012-12-06) ☆☆☆☆
時まさに文明開化、花の大東京を騒がす様々な怪事件。怪死、蒸発、それらの謎を向こうに回し、かの勝海舟と紳士探偵・結城新十郎とが、虚々実々の推理合戦を競い合わせる。事件とともに明らかになる、宿縁、因縁、幾様々の時代の影が照らすのは。事件そのものの謎もさることながら、それに巻き込まれる人々の背負う人生や、そこに至る背景との語り口にぐっと引き込まれる。「時計館の秘密」はわけても圧巻です。

「Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)」
任天堂 任天堂 31500 円
読了(2012-12-9) 評価なし

「I KILL GIANTS (IKKI COMIX)」
小学館 840 円
読了(2012-12-11) ☆☆☆☆★
巨人を殺す。それは、ひとりぼっちのバーバラに課せられた重大な責務。いじめっ子達子供達、先生達大人達と、摩擦と衝突を繰り返しながら、バーバラは待ち構える。逃れ得ぬ、まだ見ぬ、彼女の巨人を。
 キュートでしかもドライな、美しいものもの美しくないものも巧みな絵柄に相応しく、重く、上質で、そしてじんわりとしたものが残る物語。これは読まれてほしいと思います。

「アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]」
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 3990 円
読了(2012-12-19) 評価なし

「新解さんの謎 (文春文庫)」
赤瀬川 原平 文藝春秋 540 円
読了(2012-12-25) ☆☆☆★
電子版で読了。新明解国語辞典を読み込む作者達。妙に詳しかったり主観がはみ出ていたり、不思議な魅力のこぼれる新解さんに、男の横顔を伺い見ようとする表題作。だいぶん前の作品ながら、漂うような脱線ぶりは今読んでも魅力的。後半は紙にまつわる連載コラムをまとめた「紙がみの消息」。こちらは今にして振り返ると、変わったものと変わらないものに驚かされます。

「レイトン教授VS逆転裁判」
レベルファイブ レベルファイブ 5980 円
読了(2012-12-25) ☆☆☆☆★
その街を支配するのは物語と魔法。あらゆる常識が通用しない異郷の王国を向こうに回し、レイトン教授と成歩堂龍一、頭脳と度胸が唸りを上げる。人気シリーズ同士の合作は、コラボレーションと言う言葉の響きを踏み外すほどの本気と本気の合作でした。レイトンパートと逆裁パートを交互に行き来するシステムに、なにもそこまでと言う豪快破天荒なストーリーはそれぞれのシリーズそのまま。むしろそれぞれのシリーズの入門作としてもいけると思います。

「ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!) (ShoPro Books)」
ジェフ・ジョーンズ 小学館集英社プロダクション 2100 円
読了(2012-12-29) ☆☆☆
スーパーマン! バットマン! ワンダーウーマン! あとアクアマンとかも! 時空を揺るがす大事件ののち、リセットされた新たな世界。宇宙から迫る脅威に、世界有数のヒーロー達が激突しつつも団結していく、新たな開幕の物語。ジム・リーのシャープなアートは健在、これからのシリーズ展開に期待のかかる一冊です。

「Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)」
マイクロソフト 6090 円
読了(2012-12-29) 評価なし

「ブラッド・クルセイド4 ヴァンパイア・ハンター (Role & Roll Books)」
齋藤 高吉,冒険企画局 新紀元社 1470 円
読了(2012-12-30) ☆☆☆☆
敵は五十億人、味方は四人! 互いの概念を奪い食う、論理空軍と因果艦隊の決着や如何。狂気と妄想が現実を上書きしていく、ブラッドクルセイド・リプレイの完結編。破綻寸前と言うかタイヤ半分はみ出てる並の凄まじい状況を綺麗に纏める腕前たるや相当なもの、と思うものの、迂闊に真似をして大惨事を招かないよう自戒したいリプレイのテンションは最後まで健在。ただもうちょっと大人しめというか、ベーシックなものも期待したいです……。

「忍術バトルRPG シノビガミ 基本ルールブック (Role&Roll RPGシリーズ)」
河嶋 陶一朗,冒険企画局 新紀元社 3990 円
読了(2012-12-30) ☆☆☆☆
みんな喜べ、索引があるぞ! 念願のシノビガミ総集編登場!「基本ルールブック」と銘打ってはいるものの、実態は既刊七冊のルール・データパートをまとめて再編成したまさしくルールパート総集編。「詰み」や使命の変更、任務失敗表など、見慣れないルールもあるようなので、じっくり再読するといいかもです。

「モンスター娘のいる日常 1 (リュウコミックス)」
オカヤド 徳間書店 650 円
読了(2012-12-31) ☆☆☆☆
色々なしわ寄せの結果、実は存在した異種族の女の子達のホームステイ先になってしまったそんな青年。彼を取り巻くあれこれを描くコメディ作品。ラミアにハーピーにケンタウロスと、題材への愛情がはみ出ちゃってる作品。周囲のボケに一人で突っ込み続ける、二重の意味でボケハーレム的作風。「セントールの悩み」と似たような題材なのに、カラーがものすごく違いますな。

「大砲とスタンプ(2) (モーニング KC)」
速水 螺旋人 講談社 600 円
読了(2012-12-31) ☆☆☆☆★
ここは前線アゲゾコ要塞。軍隊に物資全般を回すべく、果てしなく続く兵站軍のやりくり算段。新たな部下が着任したり、出張先で孤立する羽目になったり、中尉に昇進したマルチナは今日も事件に追っかけられる。眼鏡のちえものマルチナ中尉の運命やいかに! さっきまで会話していた人物が突然肉片になったりもする、ドライな殺伐さと可愛らしいユーモアが何の隔たりもなく同居する螺旋人節は絶好調。見え隠れする暗躍者の存在と、今後も楽しみな展開です。それはそれとしてカバーの裏……。

「俺物語!! 2 (マーガレットコミックス)」
アルコ 集英社 420 円
読了(2012-12-31) ☆☆☆☆
可愛らしい女子高生と、男濃度過積載なナイスガイのラブストーリー第二巻。分厚く揺るがない猛男のかっこよさは作中の同性からの人気がよくよく判る快男児っぷり。まるで「普通は主人公の友達ポジの人達が幸せになる」とでも表現すべきでしょうか。気持ち良く読める良作です。


sn@散財 のライブラリー: http://mixi.jp/run_appli.pl?id=4016&owner_id=wa9ic9c94swpr
(「ソーシャルライブラリー」 http://mixi.jp/view_appli.pl?id=4016 )

|

« 【イベントレポート】アメコミNIGHT!大忘年会・第三部(プレゼント編他) | トップページ | 最後の挨拶2012。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/56434078

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年12月ファイナル読書録。(☆):

« 【イベントレポート】アメコミNIGHT!大忘年会・第三部(プレゼント編他) | トップページ | 最後の挨拶2012。(☆) »