« ご黒うさん。(☆) | トップページ | 【イベントレポート】アメコミNIGHT!大忘年会・第二部(コミック編) »

2012.12.30

【イベントレポート】アメコミNIGHT!大忘年会・第一部(映画編)

 ちょうがんばって仕事を抜け出して、行ってきたのは年末の歌舞伎町。
 2012年12月27日、木曜日。新宿ロフトプラスワンにて、アメコミファンの集うトークイベント。アメコミnight大忘年会が行われました。
 というわけで、これはそのイベントのレポートとなります。

 時間10分ほど前に滑り込んだ会場は、すでに席を見つけるのにも困難を来すほどの混みっぷり。それでもあとからまだまだお客さんがやってくる、大盛況の光景です。
 イベント前のロフトのイベント紹介も、あいかわらず絶好調。右に左に真面目にダメに、ドリフトする無茶苦茶さは大混乱の光景です。

 ……最前線の席に、デップーちゃんが二人(正確には片方はレディデッドプール)が全面マスクで座ってるんですけども、この光景は一体なんなんでしょう。まああれだ。忘年会ですしね。頭にフィギュア乗せたお嬢さんもいらっしゃいました。
 ちなみに今日も、キャラクターにちなんだオリジナルカクテルが来ていますよ。片方はシャンディガフで、大きなジョッキで出るよ、との由。どうも二種類あるみたいです。

 まだ若干息を切らしている感じですけども自分が。というわけで、いよいよイベント開始。
 まずは司会のリタジェイさんが登壇。やっぱりまさかのデッドプールかぶりに触れられています。今回は初めて来た方が多いみたいで。リタジェイさんも、そのことについて。「初めて来たって人に聞かれて大丈夫だって答えたら、俺より詳しかった」みたいな。

 そしてトーク陣の杉山すぴ豊さんと柳さんが登壇。すぴさんのアイアンマンとスーパーマン(ネクタイ)とアイアンマンのマスクと言う格好に触れられた後、柳さんの「I KILL GIANTS」の話題に。
 かと思うと、「みんな歌舞伎町の客引き抜けてきてすごいよね」「ロボットレストランには負けてないぞ」みたな話に。急に話があちこち飛ぶ、トーク陣の自由さは今日も健在です。
 曰く、アメコミnightは結構影響力があるらしく。みんなアゴはずれてびっくりした、マーヴルゾンビーズのまさかの邦訳もここが爆心地(の一つ)みたいです。「この調子でデッドプールも出るといいですよね」「大変ですけどね。翻訳するの」「マスク取るといきなりマイケル(・ジャクソン)の顔になったりしますからね」とか。ええとその、一体それはどういう。
 さらにゲストの堺三保さん、中島かずきさんが登壇。みなさんでぎっしりになり、かなり狭そうなステージ上です。中島さん、実はものすごく年期の入ったアメコミファンとの由。
 キャリアが高校時代から、と聞いて、「私が生まれる前からアメコミファン」「そこで若いアピールを」と柳さん。結論はウルヴァリンに比べるとみんな若い、みたいな落としどころに。
 まずは乾杯タイム、という事で、皆でカクテルを頼むトーク陣の皆さん。しかし堺先生はウーロン茶に。「通風なんで」「通風は強いですね」「ヒーローでも勝てませんね」「ウルヴァリンなら勝てますよね」みたいな話に飛びます。
 話を戻して、中島さんは高校生からのファン。ちょうどショーグンウォーリアーズがやってた頃とのこと。日本版スターログで知ったのだそう。それはすご…… スターログってなんですか……。
「ショーグンウォーリアーズ分からない方いますか」って会場に一応確認が。どうにもわからない人がごく少数派という異次元ですが、さすがにフォロー解説が。
 ショーグンウォリアーズの解説(互いの版権キャラを相互利用する契約で、東映の版権キャラをマーヴルに提供したらこうなった、的な)と、当時のマーヴルと東映のクロスオーバー、バットマンの第一次アメコミブームのことに。

 で、東映はスパイダーマンと、バトルフィーバーJにミスアメリカを出す、と言うことになり、アメリカではショーグンウォリアーズと、マテルでジャンボマジンダーを出したのだそう。結構売れたのだそうです。
「当時はいろんなもの引っ張ってて、ゴジラはシールドと戦ってるし」「だからアルティメットスパイダーマンにレオパルドンが出れば」と言うところで、ようやく乾杯。
 そして早速、最前列のマスクに食いつく皆さん。レディデッドプールのマスク、既存品(デップー)の改造だそうです。既存品があるっていう時点でわりとショックですけども。

 さて、ここからトーク本番。多分。第一部は、すぴ豊さんの仕切でアメコミ映画の話となります。
 しょっぱなはいきなり、世界一有名なネズミがパルパティーになっている画像。ディズニーによるルーカスの買収が去年一番大きなニュース、という話なんですが、「この手の画像では必ず悪者なんですよね」と。

 引き続き。さて、2015年は大変、と言う話に。ファンタスティックフォーのリブートに、アベンジャーズ2が公開されます。
 まずはファンタスティックフォーの話。これは完全なリブートになるそうで、今度はギャラクタスがちゃんと出てくるといいなあ、と言う流れにやっぱり。前シリーズのギャラクタスについて、「あれじゃバキューモンですよ」と。
 続いてアベンジャーズ2の話。メインヴィランとなるだろうサノス役の人の素顔から、ソー2の撮影風景の画像から、「このナタリー・ポートマンの持ってる緑色のがソウルジェムじゃないか、つまりインフィニティガントレットになるんじゃないか」との推測が出ているそう。
 一方のジャスティスリーグ、こちらはヴィランとしてダークサイドが出るのではないか、とのこと。「ダークサイドとアポカリプスは似てるなあ」「おもちゃ売場で子供が間違えて買うんじゃないか」「買わないよ」と。
 こちらは珍しくベースストーリーが公開されていて、JLAの#183ー#185が話のベースなんだそうです。ダークサイドと戦う話。
 次の映画はアクアマンあたりで、と言うと、アクアマーン! と観客席からの黄色い声援に、戸惑うトーク陣の皆さん。
「アクアマンは映画としてどうですかね」「地味でしょう」「地味なのに特撮が大変と言う」 ひどい。水ものは特撮が大変なんだそうです。

 話題はすみやかにバットマンの話題にシフトします。
 さて、画面には昔のバットマンが写っています。アダム・ウェストでしたっけ。権利関係がクリアになったらしく、テレビシリーズのバットマンのフィギアや擬音のTシャツが出るのだそう。DVDとかもいま出ていないんですが、DVDやブルーレイも出るかもしれないそう。「ゴッホ今泉さんが大喜びしますね」とすぴ豊さんです。

 さて。2015年を基点に、時間を遡って紹介していきます。
 2014年は…… と言うことで、エレクトロが画面にどーんと。
 次のスパイダーマン、サブタイトルは「ロンドン・コーリング」だそうです。グエンがロンドンに行っている間に、ピーターがMJに誘惑される話じゃないか、と言うトーク陣の推測に、「最低ー!」と言う黄色い罵声が飛びます。
 映画版、コスチュームは赤&黒のスパイダーマンになる、との事。700号でスパイダーマンはいったん終了だそうで、仕切り直しの新シリーズでスパイダーマンが着るコスチュームが、この赤と黒のスタイルなんだそう。
 で、これがまたこの700号の内容、いろいろ問題になっているみたいですが、これはのちのち、という事に。
 今度はガーディアンオブギャラクシーの画像に。おおー。ロケットラクーン! と盛り上がっていたら、背景のビジュアルから推測して、舞台はノバの母星になるんじゃないか、って話題が。
 アイアンマンが今コミックでガーディアンに加わっている事から、映画のガーディアンにもアイアンマンが出るんじゃいないか、という推測と、そのほか(アイアンマン3に登場する)マーク45までの間に作った、いっぱいのアイアンマンスーツの中に、宇宙用アーマーがあるんじゃないか、と言う話も。
 そしてさらにはとんでもない話が持ち上がっているようで。フィギュア大手のホットトイズで、アイアンマンの40以上のバージョンを全部、月産で出すらしい、と言う情報が。総額で100万以上になるかもしれないそうです。いっそ無茶だ。
 同じ2014年4月にはウィンターソルジャーが。シャロン・カーターやファルコンも出てくるとか、クロスボーンも出るのでは、とか。

 さらに遡って来年2013年。いきなりのパシフィックリムから。怪獣vsロボットのたいへんいかす映画です。
 続いて画面には結構きつい感じのゾンビかなにかが。これは「死霊のはらわた」のリメイク。南米のプロデューサーが作ったフィルムが見込まれて渡米したのだそう。
 そして話は「キャリー」のリメイクに。クロエ・モレッツが主演するのだそう。あの子こういう役ばっかりになっちゃうんじゃ、と言う心配の声が。
 キャビン、と言う不思議な映画も紹介。クトゥルフ神話も関わっている映画なのだそう。チラシが挟まってましたけど、これなんかちょっと面白そうです。

 そして「問題の!」「エクスペンダブルズと見分けがつかない」「ブルースウィリス何人いるんですか」と、いろいろ言われているGIジョー2。「最初に出来たのがつまんないので作りなおしてるらしい。それで公開が延びてるらしい」って。マジですか。

 さらにスタートレックの新作、イントゥダークネス。ベネティクト・カンバーバッチが出るのだそう。
 役はなんだかわからないんですけど、カーンじゃないか、とか、カーン絡みのキャラじゃないか、とか、そういう風に推測されておりました。なんでもハンニバル・レクター博士とジョーカーを混ぜたみたいなキャラらしいです。なにそれ気になる。

 次の紹介は「ゴーストライダー2」。見所の紹介が、「ニコラス・ケイジが薄い髪の毛を隠していない!」って、いきなりそこですか。
 しかもこれ、今年のバレンタイン映画。新宿ピカデリーの。よりによってと言うか、なんというか。「世の中チョコもらえる男よりチョコもらえない男が多いんですよ」とか言ってたら、その一週間後にはジャッジ・ドレッドです。「今回は最後までマスクをとりません!」と、非常に限定的な意味で重大なネタバレが。

「来年は年明けると、ゴーストライダーとジャッジドレッドが見られるんですよ」「映画秘宝ナイトみたいになってきましたよね」と。
 そしてアイアンマン3。「さらばアイアンマン、って入ってるのは日本語版だけなので」と、軽くフォローのあと。予告編のアイアンパトリオットの画像が出て、さらにはマンダリンの謎のタトゥー(キャップのシールドっぽい模様が首に描かれている?)の話に。
 こちらの映画に出るのは、原作のアイアンパトリオットとは違って、2に出ていた銀色のアイアンマン、ウォーマシンのリペイント(らしい)。
 そしてアイアンマンがソファの上で足組んでる画像。体がソファに沈んでいない? と言うところに疑問が集まっているとか。ペッパーにもアーマー着せるかも、とか、これペッパーが着てるんじゃないか、みたいな話にも。
 再びアイアンパトリオットの画像。「腕のところは空軍認識票ですよね」って。米軍機にはみんなつけているんだそうです。へー!
 ちなみに悪役レディオアクティブマン(の正体)が、アイアンマン3には出るのだそう。そしてアベンジャーズ2には、そのレディオアクティブマンが加わっている悪のチーム、マスター・オブ・イーヴルが出てくるのだそうで…… 気になる気になる。複線投げますねー。

 続いてはDC、マン・オブ・スティールの話題。
 画面にはポスター、手錠をかけられたスーパーマンの姿が。「ぱんつはいてないですから」 いやいやそうだけどそうじゃなくて(新コスチュームはタイツの上から赤いパンツをはいていないんだそうです)。
 この映画、海外での期待が大きいのは、リターンズがこけているからなのだそう。結構好きだったんだけどなあ……。
 いろいろな流出ネタで、ゾット将軍が出るとか、スーパーマンが追加装備でアーマーをつけるかも。とか、そういう話題で盛り上がっているのだそう。バトル重視のビジュアルになりそうで、「レックス・ルーサーが敵だと地味ですよね」と。そうですよね。
 監督のザック・スナイダー、以前は今度のスーパーマンはJLAと関係ない、って発言してたんですが、最近その発言がトーンダウンしているので。映画にも、誰かJLAのメンバーが出てくるかも、とのこととか。
 DCはまずJLAをやってひととおり出して、みんなそこからリブートさせる計画なのだそうです。バットマンはノーランシリーズとは違うものになりそうですし、ライアン・レイノルズのグリーンランタンは無かったことになったそう。

 「おかしいよねー」と、アメコミと映画の盛り上がりっぷりに戸惑いのレベルのコメント。「そのわりには増刷かかんないんですよね」と。いやでも、ワンモアデイは三刷がかかっているのだそうで。
 六本木のイベントで、「ギャルっぽい女の子がハルク強すぎって言ってた」とか「アベンジャーズとポケモンのおもちゃを持った子供が、どっちかにしなさいって言われてた」って、衝撃を受けたとすぴ豊さん。

 話は映画に戻り、秋にはウルヴァリンが公開。今年のアメコミ映画で長期デートプランを立てよう、みたいな話に。いやでもそれスタートラインがゴーストライダー2なんですよね。
 アイアンマンを一緒に見に行って、ウルヴァリンを一人で見にゆく、みたいな話から、ここでまさかの失敗談、「デートで人狼を見に行った」って言う話に。
 話題は「映画でしくじる」ですっかり盛り上がり、シリーズを見ていると、「前はこうだったよね」と言う話をしたときの相手が違うかもしれない、みたいな話になっていきます。奥さんとタイタニックをテレビで見たら、その後の思い出話には気をつけろ、みたいな。

 話はすっかり戻って、ウルヴァリンのポスター。ジャックマンが日本ロケしているとか言う話で、増上寺でロケしていたとか、シルバーサムライが出るらしいとか。さらにはジーン・グレイ・スクール(原作コミックでウルヴァリンが設立した学校)のロゴが入った小物が映画に出ていたとか言う話に。
 X-MENの映画は現在、X-MENから始まるラインと、ファーストクラスから始まるラインの二つの系統が動いているんですけども(サイク世代とプロフェッサー世代、と言うべきか)。ウルヴァリン:サムライは、ファイナルディシジョンの話の後なので、誰かがカメオで出るかもしれない、一方、ファーストクラスの続編のデイズ・オブ・フューチャー・パストは、原作ではタイムトラベルものなので。これはいろいろ出てこられるのでは、と。
 もちろんセンチネルは出るよね、とか、みんな気になるデッドプールが映画になるかどうかは、この映画次第になんじゃないか、とのこと。

 こうなるとX-MENとアベンジャーズの競演にも期待してしまいますが、とはいえ、ルーカス、つまりスターウォーズがマーヴル、と言うかディズニーに行ってしまうので、フォックスはX-MENを離さないのでは、との事でした。
 ブライアン・シンガー監督だと、前作品を引きずるので心配かも、とも。
 これ何の映画の話だったか忘れてしまいましたが、「2日で編集したのだそうで」「そんな仮面ライダーみたいな」 ええー。

 監督自身は乗り気なので、いつかアベンジャーズ3くらいだと、スパイダーマンとアベンジャーズも競演できるのでは。と言うことから、「いやほら、ベン・ライリーの権利は持っていないはずなので」って。……その手があったか!

 さてさて、話はちょっとそれて。マヴカプ2、iOS版特価販売中だそうです。
 そして雑誌の話からエイトレンジャーの話に。「男だけのエイトレンジャー試写会」を秋葉原でやるのだそうです。
 「僕の見た感じ、ミステリーメンに近い。ミステリーメンとキックアスをやりたかったんだな、って」と、すぴ豊さんのコメント。そう聞くと面白そうに思えちゃうんだな。

 さてここで。段取りを間違えてたので、と言いつつ、プレゼントのシステムと、プレゼントそのものの紹介になります。基本的には抽選ですが、注文するたびに抽選券がもらえるので、飲めば飲むほど当たる確率があがる、と言う酔っぱらい廃人推奨のシステムです。
 今日のプレゼントの中に、なんと犬溶接マン登場のHITMANが! 柳さんのふところからは、アメリカ版と日本版のチョコエッグとかいろいろ出てきます。「近所のスーパーで投げ売りしてたのでまとめて買ってきました」って。
「これが未開封のデアデビル(のDVD)!」「いや未開封ってどういうことですか」とか言いつつ(一緒に出てきたヘルボーイは開封済み、とはいえ「2のほうが面白かったよね」って)。
 さらには中島先生関連のいろいろな、髑髏城の七人にフォーゼの関連が。

 最後に再び、ちょっとゲームの話。おおお、インジャスティスが日本でも発売されるのだそう。
 要するにDCvsモータルコンバット、みたいな感じの格闘ゲーム、って言うものみたいですけども、「DCがこれから押しのキャラクターが出てくる」との事。マヴカプにロケットラクーンが出てきたみたいなものですね。とはいえ、なぜかソロモングランディが出るとのことですが。
 PS3では出そうですけど、XBOXでは出るかどうかわかんないのだそうですよ。

 ここで10分休憩。続いて第二部はコミックメインの話となります。
 海法さんにもあがってもらって、みたいな話になっておりますよ。

|

« ご黒うさん。(☆) | トップページ | 【イベントレポート】アメコミNIGHT!大忘年会・第二部(コミック編) »

イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/56430047

この記事へのトラックバック一覧です: 【イベントレポート】アメコミNIGHT!大忘年会・第一部(映画編):

« ご黒うさん。(☆) | トップページ | 【イベントレポート】アメコミNIGHT!大忘年会・第二部(コミック編) »