« クラウチング文学あるいは掴みと言う名の大喜利。(☆☆) | トップページ | 12月16日に寄せて。(★☆) »

2012.12.13

SDガンダム西遊記の可能性にほんのうっかり思いを馳せる。(☆)

 スーパーロボット大戦UX

 なるほど昨日から皆さんが盛り上がっていたのは、やはりこれがことでしたか。と言うわけで、早くも来年3月に発売予定、3DSでは初となるスーパーロボット大戦です。
 第二次OGが発売されたばかりの発表、と言う印象がありますが、やっぱりまあ、OGのスケジュールがあれこれ計算外過ぎたってことだったんでしょうね-。
 ともあれ、最近のDS系スパロボに多かった、多彩、かつまとめるのが厄介そうな、独自世界感入りの作品ばかりがずらりと並んだ感のあるラインナップ。ファミマの人がしれっと混じっててたりとかするこの予想のつかなさ、楽しみであります。それにしてもダンバイン久しぶりだ!

 で、SD三国伝って見た事がなかったんですけども。ざっと調べたら思った以上に三国志っぽい感じ。無茶しながらよくまとめるな…… と思いつつ。脳は余計なことを考えるもので、それならSDガンダム四大奇書はだいたいいけるんじゃないかなとか。
 もちろんこの話のオチはSDガンダム金瓶梅であり、いやいやはっはっはさすがにそれはご冗談をと言いかけたところでふと。人間のイマジネーションの限界に挑戦して久しいこの濁世、ひょっとしなくても斯界の達人達により開拓しつくされた世界やも知れぬ、とふと思い立って。このことについては考えるのをやめてですね。ええと。

 SDガンダム水滸伝とかは普通に面白そう、と言うか、ZからZZにかけての、連邦の支配力が弱まって、コロニー自治が放置されてた時期って、ほんとにこういうこと起きてそうだよなあ。これはこんど真面目に考えてみよう…… と考える傍ら。思った以上にきっちりはまったのが、SDガンダム西遊記で。
 もちろんガンダムは悟空で。ガンキャノンと言うか、カイはどう見ても沙悟浄じゃないかと。それならガンタンク=リュウは猪八戒だ。あれまあ、なんと綺麗にはまることよ。そして三蔵法師はブライト艦長(名前がノアと言うところが、なんだかまた思わせぶりな)で、三蔵が乗っている馬は白馬じゃないですか。ホワイトベースじゃないですか。木馬ですよ少佐。だいたいあってる。

 そんなわけで、はるか西のジャブローを目指して、三機のお供とともに旅を続けるブライト三蔵ノアとホワイトベースの一行。
 途中、悟空がすねたり、悟空がすねたり、あと悟空がすねて家出したりするわけで、ブライト艦長に修正されたりするわけです。ぶったね二度もぶった。二郎真君にもぶたれたことがないのに。うんそりゃあまあ強いですからね。そんな悟空を修正できるブライトは、お釈迦様の掌でガンダムをジャイアント修正するわけです。サイズ感で言えばグレンラガンくらい。悟空いらないじゃん。困ったな。
 まあ途中、Gファイター筋斗運とかでパワーアップしたりしながらジャブローを目指す三蔵一行、しかし道半ばにして初代猪八戒のリュウさんは、牛魔王ランバラルとかそのへんとの戦いで倒されてしまう(以後、二代目のハヤトが猪八戒ガンタンクに)。
 ずっとのちジャブローに到着した一行。戦死したリュウ・ホセイは天蓬元帥に特進する(正確には元の位に戻して貰う)ものの、悟空アムロガンダムは「こんなもののためにリュウさんは」と怒りをあらわにするのでした。

 この話の最大の難点は、ジャブロー編で終わってしまうことでしょうか。
 ともあれ、西遊記ガンダムはわりとありだな。と言う事と、UX楽しみだなあ。出るまでにOG終わるかなあ。と、そういうお話でありました。とさ。

|

« クラウチング文学あるいは掴みと言う名の大喜利。(☆☆) | トップページ | 12月16日に寄せて。(★☆) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

SDガンダム金瓶梅、ですか・・・
実は三国伝の前日譚漫画に「SDガンダムによるそういう描写」はありまして。
(呂布と貂蝉です)

三国伝、アニメのほうは赤壁で終わりましたが
プラモのほうでは南蛮平定、司馬家との戦いという展開が
いかにもSDガンダム(というか武者ガンダム)的な展開で続いておりました。
アニメのほうも孫家陣営(とくに孫策)の展開が熱い作品ですので
機会があればご覧くださいませ。

投稿: りょーいち | 2012.12.13 21:02

まあ界隈では有名ですわなキュベレイプ。
そして呂布トールギスのおかげで僕らは精神コマンド「魂」で何故攻撃力が跳ね上がるのか、その理由を知りました。

投稿: rainplug | 2012.12.13 21:47

 ファンジンの方向性で恐れていましたが、まさかの公式でありましたか…… 世は末法ですね(※褒めています)。

 司馬懿がサザビーと言うあたりが、いろいろこう、わかりやすくていいですね(笑)。
 そして李儒シャッコーで噴出しました。いいんだこれ。

投稿: sn@散財 | 2012.12.13 21:50

アニメ化の範囲では司馬懿はただの歴史書マニア(史記じゃなく「G記」)なんですがね(笑)

投稿: りょーいち | 2012.12.14 22:16

 そう聞くとどうしても、黒歴史のほうを期待したくなる響きではありますね……(笑)。

投稿: sn@散財 | 2012.12.15 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/56312952

この記事へのトラックバック一覧です: SDガンダム西遊記の可能性にほんのうっかり思いを馳せる。(☆):

« クラウチング文学あるいは掴みと言う名の大喜利。(☆☆) | トップページ | 12月16日に寄せて。(★☆) »