« ジャック・イン・ザ・ケーキボックス(☆) | トップページ | 年末年始アップデータープラン8(☆) »

2012.12.25

謎を貫き矛盾を払い:レイトン教授VS逆転裁判(☆☆☆)

レイトン教授VS逆転裁判

 不可能を可能にする魔女の魔法! すべてが実現する造物主の物語! それがこの街の真実、それがこの街の掟。
 だが魔法はそのものが災い、魔女はただ生きる事さえも罪。魔女の正体を暴き焼き殺す《魔女裁判》、それははじめから有罪の決まった、単なる儀式のはずだった。
 しかし、パン屋に下宿する健気な少女・マホーネを裁く魔女裁判が始まったとき、鮮やかに儀式はその様相を変える。少女の弁護に立ち上がる弁護士・成歩堂龍一、そして陰に陽に彼らを手助けするエルシャール・レイトン教授。
 それぞれにマホーネと言う少女と縁を結び、本来出会うはずのない彼ら。いつしか迷い込んだ、どことも知れぬ異郷の街。法廷の中と外で、二人のヒーローと仲間達が、真実を覆う謎と矛盾とに立ち向かう!
 

 てなわけで、ようやくクリアいたしましたレイトン教授vs逆転裁判。
 それぞれにシリーズを重ねた、もはや定番といってもいい人気シリーズ同士の合作。お祭りムードに気軽な作品かな、と思っていたら、とんでもなかった。ナンバリングタイトルにも劣らず、フルタイム本気でやってきやがったヘビー級の作品でありました。
 先に断っておきますと、僕このシリーズじつにだいすきで。レイトン教授シリーズも逆転裁判も全部クリアしております(逆転検事は未プレイ。いま思い出した)。しかも映画版も両方見に行った上にレイトン教授の映画はブルーレイまで持ってますけども、このへん全部アリって言ってる時点で僕のスタンスは大体解って頂きたいんですけども問わず語りに。そういう偏った視線から言っても。全く問題点がないとは言いませんが、こちらおおいにアリの作品でありました。

 レイトン教授と逆転裁判、ずいぶん無茶な組み合わせに思えますけど、考えてみればどちらもアドベンチャーゲームの系譜に並ぶ作品と言えるでしょう。二つを織り交ぜてみると、折り合いの良さにびっくりします。
 全体的に、話は章立てになっていて。レイトン教授的な探索パートと、逆転裁判的な裁判パートが互い違いにやってくる構成となっています。

 探索パートはもちろん街を移動したり謎解きをしたり、ひらめきコインを捜したりするんですけども、ここのところのノリが、関係ないところを調べた時の会話まで含めて。捜査官や交換音からして、完全にレイトン教授のフォーマットに乗っ取っているのに、実に逆転裁判シリーズの探偵パート的でもあります。大体が探偵→裁判、を繰り返す構成そのものが、逆転裁判的でもありますし。いくつかの事件が起こり、謎解きパートでその手掛かりを捜し(たいていはもっとすごい事件に巻き込まれ)、裁判パートで張りに張られた伏線を解決していく、と言う恰好。
 もちろんレイトン教授ならではの謎解きはそのまま。今回はどちらかと言うと、ひねりやロジックよりも、組み合わせや迷路などの、パズル的なものが多い印象。がちゃがちゃやって解く、と言うタイプが若干多いかな、と言う感じ(ここは「全く問題点がないとは~」のあたりで)。見つからなかった謎や解き漏れた謎が、あとからトライできる構成もシリーズの通り。
 親切なのは、場所に移動するシーンで、未発見のひらめきコインや隠された謎の残数を教えてくれるところ。謎解き以前に、どこに謎があるのか判らず苦労した従来シリーズに比べると、たいへん有り難いです。

 一方、裁判パートの面白さは、舞台背景となる「魔女裁判」と言う設定に、これ尽きます。
 この世界においては、裁判、とは事実上名ばかりであり、実際には被告のつるし上げにしか過ぎません。ライバルとなるジーケン検事やジョドーラ検事長、裁判長はもとより、証言する証人達、そして事件を傍聴する街の人達、そのすべてが「魔女の敵」なのです。
 彼らにとって、被告は魔女であり、魔女は魔法を操り、彼らの生活を脅かす恐るべき敵でしかありません。ゆえに彼らが証言するのは、魔女を有罪にするために他なりません。事件の真実も、被告の権利も、省みるべき問題ではないのです。魔女を有罪にするためなら、証言が翻りさえするのです。しかも証人は、それぞれに供述するのではありません。幾人もの目撃者が、同時に証言台に立ち、くちぐちに、それぞれの見た真実を-- 魔女を罰するがための真実を-- 語るのです。

 さらに-- この世界では、頼るべき物証さえも限られています。指紋はなく、写真さえなく、法廷に提示されるのは絵師による絵図面だけ。そして、言うまでもなく。被告である魔女は、魔法が使える-- どんなことでも出来るのだ、と見なされているのです。

 検事も証人も証拠さえも、被告人以外のすべてが敵、と言う、途方もないアウェイ。しかし、証拠はあくまでも証拠です。魔法でさえも、それは変わりません。魔法を使用するために定められたルール、それを記載した大著「魔法大全」。魔法は、そこに記されている通りに「しか」発動しない。それもまた、機能するひとつの証拠。
 そして、複数の証人が同時に証言する、と言う事態もまた、逆手に取るべき事実でしかありません。先入観と思い込み、魔女を罰する、と言う妄念に囚われた証人達の発言は、同じ事実を同じタイミングで見た、彼ら同士の間でも、僅かな食い違いを見せ始めます。小さな齟齬を見つけ出し、証拠と照らし合わせて矛盾を見いだし、そこに第三の回答を見いだして。揺るぎない事実の積み重ねで、重い妄念の石を少しずつ覆していく。
 これまでの逆転裁判も、とんでもない逆境からのスタートではありますが、法廷のルールさえ違う、今回独自の世界感に基づいたシステムは緊張感漂うもの。そして、被告の無実を勝ち得ても、その先に見る事になる事実はこれもまた重苦しいもので……。

 とまあともあれ、裁判パートは、やや焦点が甘いところもあるような印象。証拠をつきつけて展開しても、これでこうなるのか。うーん。と言う、ちょっともやっとしたところが一二あるような、そんな感じは受けました。
 もっとも、面白い、と言うか有り難いのは、ひらめきコインが裁判パートでも使えるところ。証拠品をつきつける解きなどに使うと、候補から絞り込んで提示してくれます。ちなみに逆方向もありまして、裁判パートで弁護力(おてつき回数)を残してクリアすると、そのぶんがピカラットとして計上されるかたちになっています。相変わらずピカラットをためておくと、クリアしてからいいことがありますよ。

 というわけで、コラボレーションと言う言葉から感じる若干軽いイメージを、軽くブチ抜きで超えた感じのある、本気重量級のこの作品。言い忘れてましたがストーリー展開、レイトン教授シリーズ伝統の無茶苦、もとい豪腕うなるストーリー仕立てが全開です。そして逆転裁判ってこんなノリだったっけ。って考えてみましたが、思えば逆転裁判も相当に無茶でした。つまり無茶に無茶を掛け合わせていった正当にむちゃな感じです。

 ともあれ、とても楽しませて頂きました。で、かつ。それぞれのシリーズの設定が、いい感じに削ぎ落とされて整理されているので。逆にここから雰囲気を掴んで、それぞれのシリーズに入っていく、ってのも結構いけるかな、と思った次第です。

 ともあれ。ダウンロードコンテンツもあるようですし。まだまだもうちょっと、楽しませて頂きたいと思います-。

|

« ジャック・イン・ザ・ケーキボックス(☆) | トップページ | 年末年始アップデータープラン8(☆) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

こ、こんなの出てたんですね...知らなかった orz

投稿: Aruyo | 2012.12.26 21:58

 実在します!
 いや最初は冗談かなんかかと思いましたけども(笑)。

 シリーズが好きな人だと賛否両論と言う気はしますが、それは企画ものの宿命と言う気はしますし。僕はいいものだと思うので、ご興味がありましたらぜひ(笑)。

投稿: sn@散財 | 2012.12.26 23:29

最近はスマホゲームばかりでしたので、かなり惹かれますねー !!
散財さんの推薦とあらば、さっそくかってきまーす。

投稿: Aruyo | 2012.12.27 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/56394383

この記事へのトラックバック一覧です: 謎を貫き矛盾を払い:レイトン教授VS逆転裁判(☆☆☆):

« ジャック・イン・ザ・ケーキボックス(☆) | トップページ | 年末年始アップデータープラン8(☆) »