« JコミにZ MANが!(☆☆☆☆) | トップページ | 家族が入院。(★☆) »

2013.01.10

「最後の時間旅行」の時もそう言っていた気がしますが(☆☆☆)

 ことは商売事、野暮は申しますまいて。
 ということで、早くも来月末に発売予定の、レイトン教授シリーズの最新作です。早い早いよ。

 さてこれにてシリーズ完結、4から続く第二の三部作も終了、と言う事なのですが。気になるのはやはり、今作でどのようにシリーズの筋運びを収束させるのか、でしょうか。
 シリーズを御存知の人であれば知っての通り、レイトン教授シリーズは1~3で一段落したあと、4は時間を遡り、そこから新たな三部作が始まっています。ちょうどスターウォーズと同じ構成で、4,5,6,1,2,3、と言う順で話がつながってるんですね。ちなみに、レイトン教授vs逆転裁判で登場したレイトン教授は、おそらく時期的には1から3のほうのシリーズではないかと思います。まあ一緒に出てるのがチェルミー警部だからそう思う、って言う程度なんですが。

 そして1の冒頭では、ある大発見をしたことからレイトン教授が名声を博した、と言う事が語られています。時間軸的にはこの大発見と言うのは、6でこれから起きる事件に相当しているのではないかと思います。まあ4でも5でも、教授は結構な大発見をしているわけなんですけども。

 4からちらほらと話が出ていた、超文明の話がメインになってくる、と言うのは押さえるとして。もう一つ気になるのは、4から登場しているサブキャラクター達、助手のレミや、僕らのデスコールさんが一体どういう結末を迎えるのか、と言うところ。
 何気にレイトン教授をファーストネームで呼んでいたデスコールさんの正体も気になりますが、正体と言うかなりゆきと言う点では、レミがどのように物語から退場するのかはかなり気になるところです。なにしろ(先に発表されたので当然のことながら)時間的に後となるはずの1から3では、レミの存在について、何の言及もないわけなんですから。

 そんなわけで、シリーズの、まあ一応の締めくくりとして非常に気になるこちら。ずっと付き合ってきたわけで、最後も楽しんでいきたいと思います。

|

« JコミにZ MANが!(☆☆☆☆) | トップページ | 家族が入院。(★☆) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/56513517

この記事へのトラックバック一覧です: 「最後の時間旅行」の時もそう言っていた気がしますが(☆☆☆):

« JコミにZ MANが!(☆☆☆☆) | トップページ | 家族が入院。(★☆) »