« さらば申し送り。(☆) | トップページ | 第22回ROBO-ONEまであと一週間、半年前に行った大会運営への提案を再度掲載。(★☆) »

2013.02.14

津軽生まれのカーナッキ。(☆☆☆)

お化け大黒: ゴミソの鐵次 調伏覚書 (光文社時代小説文庫)

 大江戸ゴーストハンター、ゴミソの鐵次再び登場。短編集の第二巻です。

 このシリーズ最大の魅力は、怪談めいた物語の中に持ち込まれたミステリの風味。
 毎回、鐵次の元に持ち込まれるのは、霊や人外、ときには人の引き起こす、理解を超えた不思議な出来事ばかりなのですが、鐵次と仲間達はその出来事の背後に存在する、あるいは存在した、生者あるいは死者の意志を読み解いて、果たされぬ彼らの望みを叶え、成仏させようとするのです。

 全八編の短編からなる今巻は、上記の定石に従いつつも、謎解きあり剣劇あり宿敵との対決あり、とバラエティ豊か。しかしその多くに通じているのは、死してなお留まり続ける、もの悲しくままならない人の性なのではないでしょうか。
 一番のお勧めは、ある商人が念願の別荘を買ったと思ったら、前の住人が幽霊として住みついていた、と言う「飛鳥山寮」。なぜ、を追ううちに意外な方へと話が転がっていく、ミステリ風味が最も濃い作品です。「梅供養」「庚申待」の、濃厚な怪談風味もお気に入りです。

|

« さらば申し送り。(☆) | トップページ | 第22回ROBO-ONEまであと一週間、半年前に行った大会運営への提案を再度掲載。(★☆) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/56767692

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽生まれのカーナッキ。(☆☆☆):

« さらば申し送り。(☆) | トップページ | 第22回ROBO-ONEまであと一週間、半年前に行った大会運営への提案を再度掲載。(★☆) »