« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013.04.30

飲んだり食べたり歩いたり。(☆)

2013043001

 近所に新しく出来たラーメン屋にて。
 前にあったカレー屋ははらはらするほどお客が入っていなかったので、こちらは繁盛してくれるといいな、と思ったり。味はおいしかったです。量はちょっと多かったかな。

続きを読む "飲んだり食べたり歩いたり。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.29

酒と肴と池袋。(☆)

2013042901
 メニューの書き文字がいい感じ。

 あんまり書かなくてもいいかなーと言う感じに思っていたのですが、やっぱり面白過ぎたので。
 連休初日の土曜日、スマホの調子が悪いのに辟易しつつ。十数年ぶりに池袋まで飲みに行ってきました。TOBBYさん達と一緒であります。

続きを読む "酒と肴と池袋。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.28

心の足下、そこにあるもの:大神社展(☆☆☆)

 とりあえず物販コーナーにあった神社エールはどうなんだと思いました。
 ちなみに別に展覧会合わせで生産したものではなく、以前から販売されている商品みたいです。あまりにもジャストフィットすぎて、絶対これ今作りましたよね感がすごいんですけども。

 それは休題。上野で行われている、大神社展に行ってきました。

2013042802

 今年は二十年に一度の、お伊勢様がビフォーアフターする(※ニュアンスです)遷宮の年。伊勢神宮を建て替え、神様が引っ越す儀式が行われる年に当たります。
 そういうわけで、これを記念して。全国の有名神社の所蔵する重要文化財や国宝クラスの名品を集め、一般に公開しよう、と言うのが、この大神社展なのであります。

続きを読む "心の足下、そこにあるもの:大神社展(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイその後。(☆)

2013042801

 おとなしく充電中。
 修理して、というかリセットして貰ったF-05Dのその後。ちょっと一回また不調になって(それも映画見に行った直後に)、家に帰って初期化+再設定する羽目になりましたが、そのあとはなんとかかんとか、無事に動いてくれているようです。
 設定のときに、短気かつ一気にアプリをインストール+アンインストールしたので、なにかそれがいけなかったのやも知らん、と思いつつ。

続きを読む "ケータイその後。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.27

トニー・スターク、黄金のアベンジャー!:アイアンマン3(☆☆☆☆)

リンク: アイアンマン3|Ironman3|映画.

 あのニューヨークの大決戦、アベンジャーズ集結から一年。
 異星人が再び訪れる事はなかったが、トニー・スタークの脳裏から、懸念が去る事はなかった。激闘の後遺症に苦しむトニーは、スターク・インダストリーのCEOの座を恋人ペッパー・ポッツに譲り、来るべきさらなる敵へと、さらなる戦いへと備えようとしていた。次々と作り上げられていくアーマーは、すでにマーク42にも達しようとしていた。

 取り憑かれたかのように、眠ることさえ恐れてアーマーの開発に没頭し、ペッパーや親友ハッピーとの関係もぎくしゃくさせてしまうトニー。しかしそんな彼を横目に、世界の情勢は大きく動いてゆく。
 無差別テロと強力な電波ジャックで、アメリカを恐怖に陥れるテロリスト集団・テンリングス、その正体不明の首領マンダリン。彼らと戦うために、愛国ヒーロー・アイアンパトリオットとして祭り上げられてしまう、ウォーマシンことローズ大佐。不意にトニーのもとを訪れる旧知の植物学者マヤ、そしてスターク・インダストリーを訪れる、頭脳集団AIMを率いる若き科学者キリアン。一見ばらばらに起きたいくつもの事件がひとつにまとまり、巨大な衝撃となりトニーを襲う。

 味方はなく、鎧さえなく。トニー・スタークは、しかしただひとり。恐るべき敵に、恐るべき謎に。恐るべき陰謀に立ち向かう。シニカルな笑みと皮肉とともに、勇気と頭脳を振り絞り。
 剥き出しのアイアンマン、剥き出しのトニー・スタークは、それでもなお戦い続ける。

続きを読む "トニー・スターク、黄金のアベンジャー!:アイアンマン3(☆☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.26

昭旺同舟。(☆)

リンク: 昭文社×旺文社どっちがどっち!?キャンペーン - 明日、どこ行く?|地図とガイドブックの昭文社.

 昭文社と旺文社、常日頃まちがえられすぎて、とうとうコラボキャンペーン。
 いったいなんでこんなことになったのか、と言う経緯は、ねとらぼさんのこちらの記事に詳しいです。

リンク: いやだから別の会社です!――昭文社×旺文社が涙の「どっちがどっち」キャンペーン - ねとらぼ.

続きを読む "昭旺同舟。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.25

遠隔トラックポイント。(☆)

リンク: Synergy - 窓の杜ライブラリ.

 随分かなり前にお勧めされて、結局、使っていなかったこちらの有名ソフト。
 複数のPCでキーボードとマウスを共用できる、というものですが、まるでマルチディスプレイのように制御できる、と言うのが売り文句。カーソルを画面の端まで持っていくと、となりのPCの操作に切り替わる、と言うものです。
 ずっと忘れていたんですが、仕事中に調べ物をしていてこの手のものが必要になり、ふ、と思い出した次第であります。なんでこれ使わなかったんだろう。試して見なきゃ。

続きを読む "遠隔トラックポイント。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.24

突如壊れたスマートフォンを超スピードで直して貰えた話。(☆☆)

 ことのおこりは、日付変わって水曜日となった火曜日の深夜。
 あれメールだ。と思って、F-05Dを操作したら、……突然、電源が入らなくなりました。

続きを読む "突如壊れたスマートフォンを超スピードで直して貰えた話。(☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.23

thinkpad tablet2を譜面台に乗せてみる。(☆☆☆)

2013042301

 突然ですが、譜面台を買ってきました。
 みたいなものじゃなくて、本気で譜面台です。ヤマハのMS-250ALSであります。

続きを読む "thinkpad tablet2を譜面台に乗せてみる。(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.22

新宿フリゴ。(☆)

2013042201

 もう土曜日のことですけど、アメコミnightがはけたあと、雨の新宿をしばらくぶらぶらして。
 前から気になっていた新宿フリゴさんに寄り道してきました。

続きを読む "新宿フリゴ。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.21

変態と言う名の孤独、ヒーローと言う名の拘束:『HK 変態仮面』

リンク: 映画『HK 変態仮面』オフィシャルサイト.

 色丞狂介は、悩み多き高校生。
 たとえば、女手一つで育ててくれた母が、現役のSM嬢で誇り高き変態であること。喧嘩がからっきし弱いくせに、顔も体もごっつくて、持て余すほどの正義感を持っていること。
 そして、隣の席になった転校生の女の子に、一目惚れしてしまったこと。

 しかしとんでもない偶然で、彼女は命の危機に見舞われる。空回りする正義感がろくでもない偶然と噛み合ったとき、彼は-- 彼はパンティーを被っていた。顔に。
 そして犯罪者は、街のすべては。やがて彼と戦う宿敵は。その姿を見て知る事になる。筋肉の鎧に網タイツを履き、心に燃えたぎる正義をたたえた、心正しき変態の姿を。
 しかし誰が知ろう、彼の心の苦しみを。誰かが危機に陥るとき、しかし狂介はパンティーをかぶり疾走する。正気と狂気の狭間を、承認と拒絶の綱渡りを繰り返しながら……。

続きを読む "変態と言う名の孤独、ヒーローと言う名の拘束:『HK 変態仮面』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【イベントレポート】アメコミnightアーマーウォーズ:第三部(質問・プレゼント編)

 さあさあ、アンオフィシャル感と手作り感にみちみちた、アメコミナイトも第三部。
 最終段階の第三部は、アンケートの紹介から始まります。

続きを読む "【イベントレポート】アメコミnightアーマーウォーズ:第三部(質問・プレゼント編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【イベントレポート】アメコミnightアーマーウォーズ:第二部(アーマーウォーズ編)

 「コスプレの方の撮影会もひと段落したところで」 そんなことしてたんですか。
 というわけで、第二部開幕です。

続きを読む "【イベントレポート】アメコミnightアーマーウォーズ:第二部(アーマーウォーズ編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.20

【イベントレポート】アメコミnightアーマーウォーズ:第一部(映画編)

2013042001

 せっかくのThinkpad tabletを置き台にして、その上でポメラを打つとか、なんかすごい贅沢なことやってますけども今。
 やってきましたは北新宿、歌舞伎町ロボットレストランほど近く。ここロフトプラスワンの会場で、毎度おなじみ、お昼なのにアメコミnightが本日行われます。

続きを読む "【イベントレポート】アメコミnightアーマーウォーズ:第一部(映画編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.19

よろい神社。(☆)

2013041901

 よろい保育園って言う、言葉の破壊力もなかなかです。
 先週の日曜日にもうなるんですけど、新宿回りを散歩してきて。案内板を見たらそそる名前の神社があったので、寄り道して見学してきました。

続きを読む "よろい神社。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.18

栞の終わりは余りに逸り。(☆)

リンク: 人気ブックマーク - Yahoo!ブックマーク.

 なんていうか残念なお知らせ。かなり昔からずっとお世話になっているサービス、Yahooブックマークがサービスを終了するとのこと。
 googleリーダーもそうですけど、やっぱり便利なサービスとはいえ、頼り切っていると急に終わったりするわけで。過適応はいかんなあ、と思ってしまう、今日この頃です。

続きを読む "栞の終わりは余りに逸り。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.17

嘘から出た誠実。(☆)

リンク: 結婚のご報告。30年彼女がいなかった僕が、秒速で結婚できた理由。 | 株式会社LIG.

 TLに流れていた記事を斜め読みして、すばらしいギアの噛み合い具合にものすごくテンションが上がってしまった記事。すっごおおおい……。

続きを読む "嘘から出た誠実。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.20新宿、アメコミNIGHTアーマーウォーズ!

リンク: utomaru's illustration works, 2013/4/20 アイアンマン3公開記念イベント「アメコミNIGHTアーマーウォーズ in....

 わあすてき。下のほうにはバージョン違い、アイアンパトリオット版も。

続きを読む "4.20新宿、アメコミNIGHTアーマーウォーズ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.16

煬帝マストダイ。(☆☆☆)

リンク: 隋の煬帝の墓 中国の江蘇省で発見か NHKニュース.

 こないだイギリスでリチャード三世の遺骨が(駐車場から)見つかったばかりですが、今度は中国から隋の煬帝の墓が見つかったんじゃないか、と言うニュースが。おおー、と、ちょっと興奮であります。

続きを読む "煬帝マストダイ。(☆☆☆)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.04.15

アリスと蔵六:神様幼女とラスボス爺い(☆☆☆)

アリスと蔵六 1 (リュウコミックス)

 奇跡系幼女とラスボス爺の大コンフリクト劇、ここに開幕。
 追っ手を振り切り研究所から逃げ出した超能力少女・紗名。現実をねじ曲げる強大無比な力を持つ彼女が出会ったのは、超石頭の頑固爺さんの蔵六だった。
 生々しさ漂う日常と、超能力の飛び交う非日常のはざま、爺さんのド常識と少女のド非常識がぶつかりあう!

続きを読む "アリスと蔵六:神様幼女とラスボス爺い(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.13

春になって、ロボ好き達が焼肉に出るに及んで。(☆☆☆)

2013041301

 このお酒はいったい。

2013041302

 そしてこのお酒も。

 というわけで。一昨年は大地震の後。昨年は暴風。
 毎年毎年、大変な事態に見舞われつつも開催されている、水元公園、ロボット好きの皆さんバーベキュー大会。第三回となる今年、恒例自分も行って参りました-。
 ちなみに一昨年の様子はこんなかんじ。去年はこうでした

 さいわいなるかな、風はちょっと冷たいものの日差しは暖かく。これぞ春なり、と言うような、暖かな陽気の一日。こんなに無難な天気でいいんでしょうか。
 行く道すがらで合流したTOBBYさんと、先週だったらもろ爆弾低気圧直撃でしたねー、でも今日も関西のほうで地震ありましたよね…… と、この日にはなにか起きずには済ませられないのだろうか、と。これからなにか起こるかも、と縁起でもないことに戦々恐々としつつ、これも通い慣れた感じの、かなりの距離をバーベキュー場へ。いしかわさんはまだ着いていませんでしたが、皆さんすでにおおかたおそろい。いしかわさんもほどなくやってこられて、時間を若干オーバーしての準備がはじまりました。

続きを読む "春になって、ロボ好き達が焼肉に出るに及んで。(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.12

真実は突如明かされて:ジョニー・ライデンの帰還6巻

機動戦士ガンダムMSV‐R ジョニー・ライデンの帰還 -6 (カドカワコミックス・エース)

 真実は不意に明かされた。
 遠洋の孤島で繰り広げられた四つ巴の死闘、これを切り抜けた終えたレッド達に、突然告げられたのは、闇に消えた謎の部隊・マイラ大隊の真実、そしてさらなる秘密。

続きを読む "真実は突如明かされて:ジョニー・ライデンの帰還6巻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.11

thinkpad tablet 2。(☆☆☆)

2013041101

 ちょーん。lenovoさんの超タブレット、thinkpad tablet 2であります。買っていました。買ってしまっていました。
 実はかなり前に…… おおよそもう一ヶ月も前に…… 到着していたのですが、家族の入院とか、沼垂の記事を先に書こうと思っていたとかいろいろあって、すっかり遅くなっておりました。
 ちょっとまだいじりいじりですけど、なかなかこちら、面白いですが癖もあるマシン、と言う感じ。細かいレポートはまだこれから、ぼちぼちと書いていきたいと思います。

続きを読む "thinkpad tablet 2。(☆☆☆)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.04.10

横浜にて、ベルギービールの週末を。(☆☆☆)

リンク: ベルギービールウィークエンド横浜2013 | ベルギービールウィークエンド横浜2013.

 去年は六本木でやっていた、ベルギービールがおそとで楽しめるイベント・ベルギービールウィークエンド。
 今年は会場を拡大して五箇所で開催するんですけども。本会場の六本木は、実りの秋の9月であります。

 で。会場は主に大阪とか名古屋とかの大都市圏なんですけども。東京近郊では横浜で行われます。
 期間は来月の中旬、5月の15日~19日。ちなみにこの時期はちょうど十月にあたり、日比谷でオクトーバーフェストが行われています。

続きを読む "横浜にて、ベルギービールの週末を。(☆☆☆)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.04.09

気力を蓄えてアニメを見ていきたい。(☆)

 コンテンツを消費する、なんていうと、のんべんだらりと楽なこと、みたいに思えるかも知れませんが。なかなかどうして、見るって言う行為は集中力を消費するものです。というか、集中して見るようにしないと、結局何も見ていない、内容が頭に入ってきていない、と言う事になりがちです。僕の場合。他の人はそんなことないのかも知れませんが。……テレビ見ながらなんかやるとか無理なんですよほんと。テレビに意識が食われるか、作業に集中して結局テレビ消そうってなるか、どっちかで。
 そんな話はともかくとして。どうも今季はロボットの出るアニメが多くやるみたいので、出来る限り見て置きたいと。ふだんは録画すると安心してほっとらかしがちなんですが、がんばって今まで撮ったぶんは見てみた、と言う塩梅です。

続きを読む "気力を蓄えてアニメを見ていきたい。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.08

終わりの始まりが繰り返される:黄昏乙女×アムネジア8巻(☆☆☆)

黄昏乙女×アムネジア(8) (ガンガンコミックスJOKER)

 急転直下の前巻ラスト、それを受けての第8巻。
 しかし夕子さんと新谷君の二人とも、なぜかインターミッション的なゆるぎみのムード。あれ? これってどういうこと…… と思っていると、明かされた事情に膝を打つ事に。
 そしていよいよ物語りは終章へ、夕子さんの死を巡る、真相の過去へと踏み込んでいく事に。

続きを読む "終わりの始まりが繰り返される:黄昏乙女×アムネジア8巻(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.07

ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記

2013040701
 萬代橋(三代目)

2013040702
 旧新潟税関庁舎

【はじめに~王朝時代】
【戦国時代~上杉景勝と新発田重家】
【江戸時代・1~長岡藩と新発田藩】
【江戸時代・2~沼垂の受難、天領の新潟】
【北越戊辰戦争~「新発田に嫁をやるな」】
【明治時代・1~沼垂駅爆破事件】
【明治時代・2~萬代橋、そして沼垂町合併】
【むすびにかえて】

【参考資料】

続きを読む "ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【参考資料】

参考:

新潟市歴史博物館みなとぴあ

歴史地名ジャーナル 沼垂町【ぬったりまち】
新潟文化物語 北前船が運んだもの
新潟市ホームページ 市報にいがた 萬代橋との新たな出発
tadのブログ 桜井の収監はなぜ?
~てくてくの足あと~ 新潟沼垂(ぬったり)のまちを歩く~(沼垂定住三百年記念の碑)~(5)

続きを読む "ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【参考資料】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【むすびにかえて】

 かくして、北陸最古の城にその名の由縁を持つ沼垂は、自治体の名前として、その名をいったん収める事となりました。ふたつの町の、古い古い対立の歴史が、いまどれほど残っているものなのか、もはや完全な過去のものなのか。余所者の僕には、わかりそうもありません。

 ただ、沼垂。ぬったり、と言う聞き慣れない地名が、ひょんなことで新潟を訪れた旅行者の耳に届いて。
 興味を持ち、まとめられた歴史に驚いて。旅から、それを持ち帰って、自分なりにいろいろと。調べて、まとめてみたいと思った。そんな魅力のある響きが、この今はない城の地名にはあったと言う事です。

続きを読む "ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【むすびにかえて】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【明治時代・2~萬代橋、そして沼垂町合併】

 しかし、新潟と沼垂、二つの町の歴史には、大きな変化が起きていました。長い長い対立の歴史に、ゆっくりと、しかし確実な和解をもたらしていったのは、文字通りの意味で、ふたつの町に掛かった架け橋でした。
 物理的な橋です。

続きを読む "ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【明治時代・2~萬代橋、そして沼垂町合併】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【明治時代・1~沼垂駅爆破事件】

 時代は変わり、このあたり一帯は新潟県に、そしてその中心地である新潟周辺は、新潟市となりました(名前が落ち着くまでにいろいろ変遷があったみたいですが)。
 北海道の開拓、さらに漁場が開けるにつけ、新潟は貿易港としてよりも、北洋漁業の根拠地として大きな繁栄を遂げ、ともかく海の町、港町であり続けました。そして沼垂は、変わることなく、移転を重ねた末の土地に、信濃川の対岸に位置し続けていました。
 一衣帯水とは言うものの、維新以来の信濃川を挟んでの、沼垂と新潟の対立は長く続きました。それが大事件へと発展したのが、明治30年、1897年11月11日の北越鉄道爆破事件でした。

続きを読む "ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【明治時代・1~沼垂駅爆破事件】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【北越戊辰戦争~「新発田に嫁をやるな」】

 かくして天領となった新潟ですが、言うまでもなく時代は幕末です。ほどなく日米修好通称条約が結ばれると、開国五港の一つに選ばれ、税関が築かれるなど、開港の準備が進むこととなりました。
 しかし、新潟港はもともと水深が浅く、外洋航海を行うような大型船が入港するには不自由な状態。そのおかげで、開港は明治初年までずれ込みました。
 開港が遅れたのには、もうひとつ理由がありました。それは言うまでもなく、ほどなくして日本で勃発した内戦、戊辰戦争の開戦でした。

続きを読む "ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【北越戊辰戦争~「新発田に嫁をやるな」】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【江戸時代・2~沼垂の受難、天領の新潟】

 この沼垂の受難は、その演出方法も含めて、みなとぴあで我々が大変興奮した一幕であり、そしてそもそも、沼垂の歴史に興味を本格的に抱いたのも、あのみなとぴあで見た、短い(でも5分くらいある)ワイドショー的演出の解説ビデオが原因だったのでした。
 新潟に行く機会がある方は、ぜひみなとぴあのこのビデオは見ておくべきだと思います。

続きを読む "ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【江戸時代・2~沼垂の受難、天領の新潟】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【江戸時代・1~長岡藩と新発田藩】

 さて。上杉が去ったのちの、江戸時代の新潟市周辺。
 このあたりは、大雑把に言って、おおむね長岡藩と新発田藩、二つの藩の支配下となったようです。

続きを読む "ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【江戸時代・1~長岡藩と新発田藩】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【戦国時代~上杉景勝と新発田重家】

 さて、不勉強な時代は一気に飛ばして、戦国時代です。
 戦国時代にこのあたりを支配していた大名と言えば、誰もが知っている越後の虎。毘沙門天の化身こと上杉謙信です。謙信は新潟と沼垂のあたりに代官を置き、物流拠点として支配していたようです。越後は上杉謙信のカリスマのもと、信長も恐れる強国として大いにその威を震いました。

続きを読む "ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【戦国時代~上杉景勝と新発田重家】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【はじめに~王朝時代】

 沼垂。読めますか沼垂。
 この言葉が地名であり「ぬったり」と読む事、現在の新潟市の一部であると言う事を知ったのは、三月に酒の陣で新潟に遊びに行った時のこと。「ぬったり、って妖怪の名前みたいな響きですよね」と言っていた烏羽さんは知っていた、と思うのですが。

 どんなものかも全く知らなかった、この沼垂と言う地名。そこにどんなものが込められていて、いま新潟県と呼ばれている土地にどんな来歴があったのか。
 観光の一環で訪れたみなとぴあ、新潟市歴史博物館で見たもの聞いたものに、あまりにびっくりして感銘を覚えたので。帰ってきてから調べた事と合わせて、新潟観光記に代えて、簡便にまとめておこうと思った次第です。
 そもそも、そろそろきちんとまとめとかないと、またお蔵入りシリーズが増えちまいますからな! もういいかげんにしないと怒られますからね僕の脳内上司に。
 まあそんなことはともかく。ふたつの新潟、とまずは大仰に題しまして、軽くまとめてみたいと思います。

続きを読む "ふたつの新潟・私録沼垂新潟興亡記【はじめに~王朝時代】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.06

自負と毒と:『靴ずれ戦線』を読んだのち思ったこと。(☆)

 「靴ずれ戦線」2巻を読み終わって、感想を書いていてふと思った事があったんですが。作品の感想とはちょっと離れてしまうし、とりあえず切り離して別のエントリにしておきたいと思います。

続きを読む "自負と毒と:『靴ずれ戦線』を読んだのち思ったこと。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.05

御言葉頂戴:英国王のスピーチ(☆☆☆)

リンク: 映画『英国王のスピーチ』(原題:King's speech)公式サイト 全国大ヒット上映中!.

 ちょっと前にやっていて録画していた映画、英国王のスピーチ。
 ほんとは劇場で見たかったんですが、予定が合わずに見逃してしまい、惜しい事をした、とずっと思っていた作品です。やっとじっくり見られて嬉しかったので、ちょっとだけ紹介と感想をば。

続きを読む "御言葉頂戴:英国王のスピーチ(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.04

ぶじ終了。(☆)

 再び入院していた家族ですけども。手術の方、無事終了いたしました。
 会社を休んで付添要請が(医者からではなく本人から)あったので、なんとも心配を強いられましたが。お医者さんから説明を聞いたところでは、問題は今のところなさそうで。まずは一安心というところです。

続きを読む "ぶじ終了。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.03

第一部・完! ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上4(☆☆☆)

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上4

 深手を負い仲間を奪われ、苦難に耐えるニンジャスレイヤーに、突然タイムリミットが突きつけられる。残された道はただひとつ、悪の巣窟トコロザワピラーへの正面突撃。
 かつての強敵達が、シックスゲイツとソウカイヤの軍勢が、最強無双のラオモト・カンが、さらには内なる最大の敵までが、孤立無援のニンジャスレイヤーを待ち受ける。
 復讐の道に退路無し、過ぎ去った後には亡骸も無し、ニンジャスレイヤーはすべてを殺す、最後の決着へと突き進む!

続きを読む "第一部・完! ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上4(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.02

3月の読書録(☆)

 あれ? なんかおかしいな。
 一部の本(kindleで購入したぶん)が金額0円になってるんですけど、これなんでなんでしょうね。amazonのデータが元々そうなのかな。
 ともあれ、あんまりはかどってなかった三月の読書録です。ニンジャスレイヤーはぎりぎり間に合わず。

続きを読む "3月の読書録(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これ昨日書けば良かったのかな:俺の山月記がラノベすぎてつらい(☆)

 花見のときに、日本酒しこたま飲んでるときに思いついて、酔っぱらいテンションでゲラゲラ笑ってた話なんですが。
 そもそもなんで山月記の話になったんだっけか。確か「女か、虎か」の話をしていたはずだと思うんですが。

続きを読む "これ昨日書けば良かったのかな:俺の山月記がラノベすぎてつらい(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.01

だめだまにあわない。

 どじょうの語源はドイツ語。

続きを読む "だめだまにあわない。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »