« 真実は突如明かされて:ジョニー・ライデンの帰還6巻 | トップページ | アリスと蔵六:神様幼女とラスボス爺い(☆☆☆) »

2013.04.13

春になって、ロボ好き達が焼肉に出るに及んで。(☆☆☆)

2013041301

 このお酒はいったい。

2013041302

 そしてこのお酒も。

 というわけで。一昨年は大地震の後。昨年は暴風。
 毎年毎年、大変な事態に見舞われつつも開催されている、水元公園、ロボット好きの皆さんバーベキュー大会。第三回となる今年、恒例自分も行って参りました-。
 ちなみに一昨年の様子はこんなかんじ。去年はこうでした

 さいわいなるかな、風はちょっと冷たいものの日差しは暖かく。これぞ春なり、と言うような、暖かな陽気の一日。こんなに無難な天気でいいんでしょうか。
 行く道すがらで合流したTOBBYさんと、先週だったらもろ爆弾低気圧直撃でしたねー、でも今日も関西のほうで地震ありましたよね…… と、この日にはなにか起きずには済ませられないのだろうか、と。これからなにか起こるかも、と縁起でもないことに戦々恐々としつつ、これも通い慣れた感じの、かなりの距離をバーベキュー場へ。いしかわさんはまだ着いていませんでしたが、皆さんすでにおおかたおそろい。いしかわさんもほどなくやってこられて、時間を若干オーバーしての準備がはじまりました。

2013041304

 アウトドアに詳しい皆さんの指導を受けつつ、昨年の暴風内での展開の経験も思い起こし、妙な手際の良さでタープを展開。テーブルとイスを並べて、まずは陣地を設営。

2013041305

 回りにはバーベキュー客がいっぱい。朝一なんですが、すでにスライムとかメタルスライムとかかぶりもの系の人も。横倒しになった木は、親子が座るのにちょうどいい大きさで、ちっちゃい子とお母さんがよく座っていました。

 さて炉も二箇所に設置、炭を並べて火を起こすその前に、持ち込んだお酒を並べて、まずは記念撮影です。
 というわけで、そこで撮ったのが冒頭の写真であります。せっかくなので再掲。

2013041301

 まずこちら、すっきりした味わいの日本酒、装甲騎兵・最低野郎。
 パッケージの写真でもお分かりの通り、こちらは神戸で開催中の、超大河原邦男展の会場で販売されている、会場限定の日本酒。もちろん氏のデザインされたスコープドッグにちなんでの命名です。なにしろ灘を控えた神戸のお酒、おいしくないわけがありません。「最低じゃないところが難点」と言われるくらい。おいしゅうございました。
 ちなみに、会場で買うと、これにオリジナルデザインの升がついてくる(長方形のパッケージの上にぴったり乗る)のだそうです。いやそれも欲しい……。ちなみに、その横でそっと存在を主張しているのは、かつて作られたROBO-ONEカップ(酒)の、最後の一本。長年キープしていたのを持って来て頂いたものです。

 ついでに言うと、うっかり写真を取り漏れてしまったんですが。会場限定のお酒にはもう一本、梅酒の「赤肩」と言うのもありまして…… こちらも果実の香りも高く。梅酒はそれほど得意じゃないんですが、おいしくいただきまいた。
 会場に行かれる方は、こちらぜひぜひ。

 そしてこれまた異常な存在感を放っていた、こちらのお酒。
 円谷プロ五十周年記念に、そして被災地支援の一環として販売されたと言う人気一地球侵略です。
 見るからにえらいことになっている、パッケージ横の写真なんですが。リンク先を見て頂ければ判る通り、片側は普通に職人さん達の酒作りの光景がパッケージになっていて、そして反対側が名だたる宇宙人の皆さんが、同じポーズをしていると言うですね。たぶんあのお米に見えるのも特撮に違いないと思ったりする自分なのですが。メトロン星人さん、メフィラス星人さん、そしていかなる戦いにも負けた事のない無敵のガッツ星人さんが、酒造りに励んでいると言う、非常に、わからないけど満足感の漂う一品です。
 困った事に、ふつうに、と言うか、普通以上においしいんですよねこれがまた。こういうタイアップやフューチャー系に使われるお酒って言うのは、半端なものは繰り出してこないんじゃなかろうか、と言う、そんな推察を持つに至りました。

2013041306

 せっかくなのでアップで。あおりでかっこいい。

2013041307

2013041308

 全体的にちょっとしか写っていない、おくゆかしいガッツ星人さん。

 皆さんが準備をしている最中、向こうからなにやら車列が登場。
 どうも車の様子が、というか形が。あれ? と思って、原っぱをカメラつかんで駆けてゆくってえと。

2013041309

 クラシックカーのパレードでした! かっこいい!
 ほぼ同車種で20台前後、主に渋いおじさまの操縦で颯爽と、地面すれすれの車高の低さでパレードです。車列の前後と横にはパトカーや自転車の警察官がつきそい、安全を確保。後でわかったんですが、これはれっきとした警察のイベントで、交通安全週間のパレードだったのだそうです。でもぜったい、こういう趣味の人がおまわりさんの中にいるんだろうなあ。

2013041310

 そんなことをして遊んでいる間にも、準備は着々と。バーナーで炭を炙り、あっと言う間に炎を起こすタカノさん。

2013041311

 食材は会場に用意されている、てぶらでバーベキューのプランなのですが、もちろん持ち込みもOK。
 自家製パンなどなど、こちらもおいしいものが。勝手につまみ出す男性陣。

 火興しの段階で、バーナーにつづいて新兵器が登場。
 イガアさんが手作り作成してきたそれは……

2013041312

 自動あおぎマシーン!
 親指があたるところにスイッチがあり、一定スピードで、かつかなりのパワーで団扇を仰ぎ、風を送り込んでくれる自作ツールです。フレーム部とか手作り。サーボはそのままロボットに転用できるだけのハイパワーで、それなのに団扇はなぜかコミPo。
 ハイパワーと脱力の織り混ざった一品。皆さん「これこそ技術の無駄使い」と大受けでありました。あとでちょっと持たせて貰ったんですけど、かなりパワーがあるので、反動が大きいんですよこれ。振り回されないように保持するのは、両腕できちんとホールドしないといけないわけで、なんか大型拳銃構えてる人ってこんな感じなんだろうなあ、と思いつつ、ジョーカーがこういうの持ってるなきっと、みたいな気分になっておりました。
 せっかくなので、動いている光景も。ぎゅいん、ぎゅいん、と動きます。

 そんなこんなしているうちに、ビールも回りはじめ、お肉も焼け始めていきます。

2013041303

 ケースいっぱいのビール。

2013041313

 お肉いっぱい。大繁盛の光景です。
 途中野菜づくしのフェーズがあって、いしかわさん野菜食べなきゃって言う話になったり。ソーセージにお肉とおいしくいただいたり。前回は焼きそばが余って大変だったから調整しなくては、と言う話がたびたび出たり。そしていよいよ最後の焼きそばになり、ガーリックソルトの味付けが見事にイタリアンなペペロンチーノ焼きそばになったり。僕は僕でthinkpad tabletを持ち出して、つれづれにいじりまわして写真撮ってみたり。

 ともかく、つねにもなく温暖な気候に、あれ? あれ? と言いつつ、最後まで恵まれまして。
 最後は、ヤマトを見に行く皆さんの時間に合わせて、非常に素早い撤収作業。さきほどまで肉と焼きそばがあった光景がウソのよう、頭上に烏(ごはん待ち)の舞う中、手際の良さで撤収作業を行いまして。皆さんで、水元公園を後にした次第。帰りはなんやかやで、金町まで散歩をして帰った次第でありました。

2013041315

 開始以来の念願の好天に恵まれ、珍しいお酒やおいしいお酒と、肉をこれでもかと頂いた、春の水元公園焼き肉大会。
 来年も、贅沢はいいません、ここまでの好天でなくてもいいので、せめて雨だけは降らずに済んでくださいますように、と。そんな祈念を込めつつの。今年のバーベキュー大会でありました。

 おまけ。

2013041314

 どーもくんのバッグを、試しにイスの背もたれに入れてみました的光景であります。
 ちょっと一体化しているっぽい感じ。

|

« 真実は突如明かされて:ジョニー・ライデンの帰還6巻 | トップページ | アリスと蔵六:神様幼女とラスボス爺い(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/57188428

この記事へのトラックバック一覧です: 春になって、ロボ好き達が焼肉に出るに及んで。(☆☆☆):

« 真実は突如明かされて:ジョニー・ライデンの帰還6巻 | トップページ | アリスと蔵六:神様幼女とラスボス爺い(☆☆☆) »