« ケータイその後。(☆) | トップページ | 酒と肴と池袋。(☆) »

2013.04.28

心の足下、そこにあるもの:大神社展(☆☆☆)

 とりあえず物販コーナーにあった神社エールはどうなんだと思いました。
 ちなみに別に展覧会合わせで生産したものではなく、以前から販売されている商品みたいです。あまりにもジャストフィットすぎて、絶対これ今作りましたよね感がすごいんですけども。

 それは休題。上野で行われている、大神社展に行ってきました。

2013042802

 今年は二十年に一度の、お伊勢様がビフォーアフターする(※ニュアンスです)遷宮の年。伊勢神宮を建て替え、神様が引っ越す儀式が行われる年に当たります。
 そういうわけで、これを記念して。全国の有名神社の所蔵する重要文化財や国宝クラスの名品を集め、一般に公開しよう、と言うのが、この大神社展なのであります。

 ゴールデンウィークだけあって、なかなか人出で混み具合。まずは古神道時代に伝わる遺物、主に足利将軍家から熊野神社に寄進された、当時の様々な工芸品から。
 神は人間と同じような道具を使われる、と言う発想から、当時の最高の技術を集めて作られたであろうアーティファクトの数々は、まさに普通に想像する通りの「国宝」の面差しです。時代とともに、さすがに古びてはいるものの。当時の技術の粋を集めた、最先端の工芸物として生み出された遺物。それが時代とともに枯れゆき、年月の重みを皺のように刻んだ姿には。老境にさしかかった男前の俳優のような、独特の色気と恰好良さがあると思うのです。

 工芸品のほか、主に神像が特に後半にかけて多く展示されており、そのほかも演技の絵巻や、日本書紀などの言わば巻物、さまざまな絵画や、圧倒的な存在感をたたえた御輿など、展示物は総じて大物が中心。それだけに展示物の間と間の間隔も広く、人がそこそこ多くても、歩き回ったり見て回るにはそれほど混雑しない感じでありました。悪い表現で言ってしまうと、展示品の(質はともかく)量的な密度はいまいち、と言う感じになってしまうのですが……。
 それと一緒に悩ましい感じなのは、国宝レベルの文物が数多く展示されていて、それぞれが貴重なだけに。それぞれの独自性が高く、関係性やつながり的な面の説明が若干薄い感じになっているんじゃないかなあ、と言う事でありました。不勉強の言い訳みたいになってしまいますけども、予備知識をしっかり仕入れて出掛けていったほうが、きっと楽しめると思います。とりあえず日曜美術館を押さえてから、それから行くだけでも結構違うんじゃないかな、と。

 それにしても、奉納の弓矢とか、七支刀の実物とか、鉄製の楯の実物とかは大変心躍るものがあります。やっぱりなんていうか、工芸品が好きなんでしょうなあ。鹿島神社の大太刀もありましたよ。

 うっかりしていて、「メモ帳を持っていって観察する」と言う教えを忘れていて。荷物を全部コインロッカーに突っ込んでしまっていたのですが。それでも印象に残った事がいくつか。
 神輿の英訳が「portable shrine」だったこと。聖堂だとか廟だとかを現すシュラインが神社の訳語として使われてる、ってのはどこかで読んだ事があるんですけども。確かに神輿が神の乗り物、神社から神社へ移動する時に使うものなのであれば。神輿は神のおわしどころで、しかも移動できるので、これは間違いなくポータブルシュラインですよね。
 しかしポータブルですよ。可搬式聖廟。このサイズからするとセミポータブルシュライン、即ち半可搬式聖廟と言ったほうがいいような気がしますけども。聖廟のない地方の人々が、礼拝するのに困らないように、定期的に移動したりするんですよねきっと。
 むしろここまでくるとモービルシュライン、自走式聖堂のようなものの可能性も見えてくる気がしたのですが、みんな真面目に見学していてネタふれる人がいなかったので、大人しくこの話は家まで持って帰ってきました。螺旋人さんのマンガに出てきそう。モービルシュライン(英語)。

 もう一つは、狛犬と獅子の見分け方の豆知識。ツノがあるのが狛犬、ないのが獅子なのだそうです。へえー。
 お寺で言えば仁王様にあたるような、随身立像の展示が印象的。阿吽の二つの像が、次のブースへの入り口を守るように左右に立っているんですが、照明がわりと正面めから当たっていて、次のブースの壁に影が映っているのが見えるんですよね。あれは綺麗なシルエットになっていて、印象的でありました。

2013042804

 行楽日和の好天に恵まれて、上野公園はいい陽気。ほど近くにスカイツリーもばっちりです。
 古品に心引かれる向きは、是非見に行って頂ければと思う、大神社展でありました。

 おまけ。

2013042803

 上野公園でたまたま、パキスタン・ジャパン・フレンドシップバザールをやってました。
 シティークさんの屋台が出てたので、タンドリージャンボ串とラムごはん。おいしいおいしい。

 ステージではなぜか力士の皆さんが出演していて、パキスタン有志によるちゃんこ早食い大会が行われていました。……行われていたみたいです。自分で書いててなにいってんだって感じですけど本当なんですよ。どうも出羽海部屋の皆さんがいらしてたみたいです。
 控え室テントの中にタンドリー串がいっぱいあって、ちょっと面白かったという。

2013042805

 西郷さんとスカイツリー。
 もはや間違い探しレベルでしか写ってませんけども。

|

« ケータイその後。(☆) | トップページ | 酒と肴と池袋。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/57270930

この記事へのトラックバック一覧です: 心の足下、そこにあるもの:大神社展(☆☆☆):

« ケータイその後。(☆) | トップページ | 酒と肴と池袋。(☆) »