« ノブナガン・アニメイテッド!(☆☆☆) | トップページ | 幼年期の終わり(☆☆☆☆) »

2013.05.13

妻は、くノ一:早すぎた終わりの続きに焦がれて(☆☆☆)

妻は、くノ一 (角川文庫)

 kindle版にて読了。
 最近ドラマ化されたりと、前々から気になっていたシリーズだったのですが。kindle版が出ていたのに気付いて購入してみました。

 幕末の風の吹き始めた、幕末の平戸。変わり者の藩士に嫁いた妻は、たった一月で姿を消した。
 幻のように消えた彼女は一体どこに。僅かな手掛かりを追い求め、隠居までして江戸表を訪れた男と、それを影から見守るしかない女。
 終わりの始まる気配に揺れる日本を背景に、すれ違いを強いられる二人の物語、その開幕編であります。

 風変わりな設定に、それぞれが生々しくも愛おしい人物象…… これがまた、なんていうか変なリアリティがあって。特にまた旦那の方が、ピュアと言うか浮世離れしていると言うか、趣味に生きすぎていると言うか。
 そしてロジックで紐解く謎解きの風味に丁々のチャンバラと、サービス精神旺盛な一作。いやもう、登場人物だけでも設定だけでも、うわこれ面白そう、と思えるものを、うまいこと活用してくることといったら。
 どんなものでも盛れそうな器だけに、シリーズ続刊を読むのが楽しみです。

|

« ノブナガン・アニメイテッド!(☆☆☆) | トップページ | 幼年期の終わり(☆☆☆☆) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/57384113

この記事へのトラックバック一覧です: 妻は、くノ一:早すぎた終わりの続きに焦がれて(☆☆☆):

« ノブナガン・アニメイテッド!(☆☆☆) | トップページ | 幼年期の終わり(☆☆☆☆) »