« 妻は、くノ一:早すぎた終わりの続きに焦がれて(☆☆☆) | トップページ | 嫁姑の拳:最高で最悪の相棒(☆☆☆) »

2013.05.13

幼年期の終わり(☆☆☆☆)

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

 kindle版にて。
 SF名品古典中の古典、ようやく読了いたしました! 遅い!

 ある時、世界中の都市の上に飛来した円盤群。姿なき声だけの宇宙人との奇妙な交流のもと、人類は急速に進歩していく。
 不可解な隣人に見守られながら、理想の新世界を構築していく人類、しかし檻の中の繁栄に異を唱える若者も、また絶える事はなく……。

 なるほど。このテーマを始まらせて、そして終わらせちゃったんだな、と納得してしまう。力強さに溢れた、筆致の太い名品。
 今まで読まなかったことが恥ずかしいと思う作品がまた一冊増えてしまった次第です。とほほ。

|

« 妻は、くノ一:早すぎた終わりの続きに焦がれて(☆☆☆) | トップページ | 嫁姑の拳:最高で最悪の相棒(☆☆☆) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/57384142

この記事へのトラックバック一覧です: 幼年期の終わり(☆☆☆☆):

« 妻は、くノ一:早すぎた終わりの続きに焦がれて(☆☆☆) | トップページ | 嫁姑の拳:最高で最悪の相棒(☆☆☆) »