« 五年の備えが今を助けた。(☆☆☆) | トップページ | 土日が出勤。(★) »

2013.06.05

ビックシム。(☆)

リンク: LTE+公衆無線LAN対応で月額945円のSIMカードが近日発売.

 最近とみに流行りだした感のある低価格SIMカードですが、ここにきてショップブランドでの参入、と言うことになったみたいです。ビックカメラのビックシム、とのこと。ほほう。

 低価格SIMと言うのは、ドコモなどの通信業者と契約した各社が再販している、通信サービスの一種。
 こちらの記事に詳しく紹介されていますが、SIMカード、携帯の中に組み込むアレだけが提供されて、端末は自分で用意して差す、と言うタイプです。こうすることで例えば、機種変更して余っちゃった端末に、もう一度通信機能を復帰させたりとか。なんらかの手段で端末を手に入れて、このSIMカードと組み合わせれば、端末がもうひとつ手に入る、と言うわけです。

 フルサービスの携帯電話とは違い、たとえば音声通話ができなかったり、通信スピードや通信データ量に制限があったり、と制限はいろいろありますが、そのかわりに維持費は月に千円前後と非常に格安。使いたいサービスを割り切って考えれば、非常に安上がりに常時通信環境が手に入る、と言うわけです。
 制限がかかっているとはいえ、バックボーンは通信会社各社とまったく同じもの。なので、エリアやつながりやすさは親玉の折り紙つき。たとえばこれまで、モバイルルータなどを維持するにはかなりの維持費が必要となっていましたが、こういったサービスをうまく活用すればいい、というわけですね。

 というか、モバイルルータほしいんですよモバイルルータ。F-05Dでテザリングすると一瞬で電力死を迎えちゃうので。
 本当はThinkpad tablet2にSIMがささると非常に便利なのですが(というか、windows8はそれが完成系だと思えるのですが)、残念ながら国内版は、SIMスロットはあるものの、基盤が撤去されていて、刺しても使えないんだそうです。ちぇっ。

 こちらのビックシムのサービス、元々のサービスが高評価のIIJであることに加え、公衆無線LANであるwi300、ワイヤ・アンド・ワイヤレスのアカウントも貰える、と言うのが差別化のポイント。
 wi300は(他の公衆無線LANのサービスもそうですが)自前の端末に加えて、他者との相乗りと言うかローミングも進んでおり、かなりアクセス可能な場所が多いのが嬉しいところ。都市部や移動していない時には、wi300経由で無線LANにつなげて、電車など移動している時にはビックシムで、と言う使い分けで、通信量を押さえつつ、利便性を高められる、と言うわけですね。

 ビックカメラにはすでにビックワイマックスと言うサービスがあり、こちらはもちろんWiMaxの端末がビックカメラブランドで借りられる、と言うサービス。ただしこちらもwi300のアカウントがついてくる、というおまけがあるので、このビックシム、ビックワイマックスのバージョン違いサービスとなりそうです。
 実は現状、緊急事態用のサービスとしてビックワイマックスを契約しているんですけども。このビックシム。モバイルルータ(のガワのところ)がうまいこと手に入れば、乗り換えてもいいのでは、と思ったりもしております。そこまでがっしり使うわけでもないとすれば、携帯電話の繋がりやすさは大きな魅力ですからねー……。

 そんなこんなで、通信環境改善に再び心が動いた話でありました。

|

« 五年の備えが今を助けた。(☆☆☆) | トップページ | 土日が出勤。(★) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/57538339

この記事へのトラックバック一覧です: ビックシム。(☆):

« 五年の備えが今を助けた。(☆☆☆) | トップページ | 土日が出勤。(★) »