« kindle版のノブナガンが今だけだと思うけど99円なのですよ。(☆☆☆☆) | トップページ | これこそがつい先日落成を迎えたネオカブキザであった。(☆☆☆) »

2013.06.02

かつてシネマのあった場所。(☆)

2013060201

 土曜日は全体的にぶらぶらしてきました。
 よくあることなんですが、天気もいいし、ちょっとぶらぶらしてこよう、と思ったら、足が痛くなって気持ちが折れるまで歩き続けてしまい、なんでこんな事しているんだもういいじゃないか、と思って帰ってくる、ってのも、まあよくあることなんですが。それはさておいて。
 日本橋の交差点から、ひさびさに銀座大通りの中を通って南下。そのあたりで目当てに思いついて、角を曲がって晴海通りへ。
 途中、銀座シネパトスの前を通りかかりました。ちょうど二ヶ月と1日前の3月末に閉館した映画館です。

2013060202

 張り紙が曲がっているのも心細い。

2013060203

 正面入り口側に回り込む。晴海通りを横断する地下道みたいな構造になっています。

 銀座シネパトスに入った事があるのは、過去に一度だけ。マーキュリーマンを見に行った時のことです。
 上映館がこのシネパトスと大阪の天六あたりにある映画館の2館だけ、と言うのを見て、まだ見ぬ天六の映画館に思いを馳せつつ。なんでそんな無理やり上映するんだろうと言う疑問を口にしたら、どなたかが「DVD売る時に劇場上映作品って言う箔をつけるためじゃないか」と教えてくれたのを思い出したり。
 そういえば、すぐ近くに矢場とんの銀座店もありましたっけ。なんかで行ったんですよね。

 目的地に着く前に、ちょっとしんみりした、と言うことで。土曜の話前編と言う感じでありました。

|

« kindle版のノブナガンが今だけだと思うけど99円なのですよ。(☆☆☆☆) | トップページ | これこそがつい先日落成を迎えたネオカブキザであった。(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 まだ工事始まってないんですね。
 最後の興行。行きたかったんですが結局行けなかったのが残念で仕方ありません。
 昨年末から春先にかけて思い出のある都内の小屋が三軒ばかりなくなってしまい些か寂しい想いをしております。

 こちらの建物に関しては自分的に興味を引かれるお話があったのでご紹介をさせて頂きます。
http://kenkai-oldman.txt-nifty.com/the_quiet_days/2011/10/post-4c9d.html
 官能小説の先生のブログですが全年齢なので大丈夫。

投稿: サンドマン | 2013.06.06 00:06

 地下道はくぐらなかったのですが、下のお店がまだ営業しているっぽい雰囲気もあったので、その整もあるんじゃないかな、とも思います>まだ工事していない

 こういう映画館が無くなるのは残念、と口では言うものの、一回しか言った事がなくて普段でかい映画館にばっかり行っている身では、それも口だけの言葉だよなあ…… と、なんとも言えない気分になること、しばし。

 惜しむ資格はなくとも、惜しむ気持ちになることくらいは許されてもいいですよね、と。そんな風に思う昨今です。映画見に行く元気は最低限持っていたいな、とも。

投稿: sn@散財 | 2013.06.11 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/57512811

この記事へのトラックバック一覧です: かつてシネマのあった場所。(☆):

« kindle版のノブナガンが今だけだと思うけど99円なのですよ。(☆☆☆☆) | トップページ | これこそがつい先日落成を迎えたネオカブキザであった。(☆☆☆) »