« 【イベントレポート】ロボットプロレスできんのか!13観戦記【公開リハーサル】 | トップページ | 【イベントレポート】ロボットプロレスできんのか!13観戦記【第二回公演】 »

2013.07.27

【イベントレポート】ロボットプロレスできんのか!13観戦記【第一回公演】

 さあ、いよいよお時間。14時から本公演が始まります。
 お時間5分前、できんんかのPVが会場に流れ始めます。席数はさすがに少ないですが、すでにお客さんはかなりの入り。

 さあさあ、できんのか全体のPVが流れた後は、天下ネジ武道会のPVが。いろいろあってトレジャーなネジを紛失してしまったので、天下ネジ武道会を開催する事になりました、と言う事で。松田さんのコール、そしてトークが始まります。
 リングにはさっそくの登場の流血仮面。物販の紹介のあと、試合に出ますので、と言われ、実にいやがる流血仮面。最後は背面から倒れて後頭部を強打、そのまま持ち運ばれていってしまいます。

 解説のTOBBYさんの紹介、そしてお二人のトークで「要するにネジを集めれば願いを叶えてもらえるんです」「どっかで聞いたような話ですね」「……インスパイアですか」と。ともあれ、まずは対戦カードの紹介。
 さあ、全9試合のカードが発表され、天下ネジ武道会とドリームマッチ、対抗戦の紹介が行われたあと、いよいよ試合開始です!

第一試合 天下ネジ武道会
サンダーボルト vs ナガレゴールド

 さあ、いよいよ試合開始。まずは一番手、サンダーボルトが花道から登場。爪を突き上げ、観客にアピール。腰に手を当てて待ち構える中、ナガレゴールドが緞帳の向こうから、花道を渡ってのしのしと登場です。両腕を突き上げて吠え声を上げる。
 激しい睨み合いのなか、開始の合図。まずは両者握手のあと、試合開始。まずは力比べを挑むサンダーに対し、片腕を上げて挑発するゴールド。左右に体を振りつつ、突き上げをはかるゴールド。仰向けに倒れたサンダー、起き上がれるか、立ち上がった。やや距離を置く、横向きに突っ込むサンダー、横っ面を張り倒すナガレゴールド、アッパー、これはぎっりぎり外れた。突っ込んだ、リング脇ぎりぎり、コーナーに追い詰められたサンダーボルト、なんとか中央に戻した。
 ゴールドと背中合わせに向き合いって、打ち合いになる、中央で正面からの向かいに変わった、離れて中央へ駆け寄り、ぶつかりあい。
 サンダーエクスキュージョンの紹介が飛ぶ中、ゴールドが両腕を突き上げ、チョップ、これは浅い。胸板の前、効かない、とサンダーが肩をすくめる、二発目当たった。おっと、これでも倒れない。余裕のサンダーに対し、さあ角度を変えて、もう一撃、溜めて一撃、我慢、だめだ、倒れてしまった。
 勝ち誇るゴールド、起き上がるサンダー、苦しんでいる、大丈夫か、起き上がったが、肩で呼吸をしている、大丈夫か。下がりすぎた、コースをぎりぎりを走り回り、距離を置いた、おっと、また力比べの構え、位置が浮いてきた、ゴールドがスリップ、中央、やや距離を引いて、力比べを挑むが、サンダー倒れる。起き上がれるか、ゴールドが邪魔な位置、倒れたサンダーへパンチ、パンチ、ロープに助けを求めるサンダー、しかし今回はノーロープマッチだ。
 立った、息を整えている。大丈夫か、挑発するナガレゴールド。やや離れた、少し遠い距離で睨み合う、近づいていった、正面、かかってこい、の動きに、大きく角度を調整して兎跳び、これは体当たり、サンダースピアだ。やや横に外れましたが、かするようにナガレゴールドを押し崩す。
 さあ、立ち上がったが苦しむゴールド、後頭部を蹴り倒すサンダー、やや正面、距離を置いて、腕をわきわきと動かし、下がった、距離を遠く持って行った、また腕を突き上げるサンダー、爪をがちがちと動かし、両腕を突き出し、あっと、頭がぱーんと、クラッカーがはじけた! ナガレゴールドが仰向けに倒れるものの、放ったサンダーも仰向けに反動で倒れてしまう、まだナガレゴールドが苦しんでいる中、サンダーエスキュージョンのリボンを裾のように引っ張りつつ、リング脇まで移動していくサンダーボルト、ゴールドが両腕、クロスチョップ! 綺麗に正面から入った、サンダー、たまらずそのまま仰向けに落下。これで決着、ナガレゴールドの勝利となりました。
 サンダーエクスキューションの金色の紙テープを引いて、ゴールド堂々の退場です。 

第二試合 天下ネジ武道会
ワンダー・フォー vs 雪風

 続いての対決は、ワンダーフォーと雪風。
 さあ、まずはワンダー、リングに入場し大きな腕を突き上げる。横歩きで雪風が入ってきた。片腕を上げて挨拶を行う。開始、中央に寄せていく、片腕を上げて挑発するワンダー、それも対し雪風、両腕をリングについて、倒立のパフォーマンス。微妙なバランスを保ちつつ、逆立ちから姿勢を徐々に横倒しに。ワンダーはかかってこいよ、と言う構えで待ち受ける。
 素早い横歩きで位置を選ぶワンダー、雪風が横突きで捕まえていく流れ、起き上がれるか、ちょっと苦しんだが、ワンダーが復帰した。後ろからの突きを貰い、ワンダーがやや苦戦しているか。倒されてしまう。正面を向いた、腕を突き上げたワンダー、直立したままの構え、雪風が中央へ、大丈夫か、ちょっと無線トラブル、あ、機器トラブルだ、ワンダーが調整に入った。バックヤードに人が飛んでいく。
 リングの上では雪風が、パフォーマンスでつないでおります。ワンダーは通信機のメンテナンスが行われております。あ、戻ってきた。戻ってきました。試合再開です。頭を下げて観客に謝るワンダーフォー。「そんなモーションあるんだ」と松田さん。
 さあさあ再開、中央でのぶつかり合い。横突きに対し、突っ込んでいくワンダー、起き上がれるか、ちょっと背中が重い。横向きでの睨み合い、左右に機体を持っていく、腕を突き上げ、なにかを吹き出した。
 霧のようなものを口から突き出したワンダーですが、どうもこのモーションを繰り出すと、動作が止まってしまうようです。毒霧を出すと止まってしまう、と再起動を入れることに。
 雪風のパンチでスピンしながら崩れるワンダー。「毒霧を出すと自分が窒息してしまう」と声が飛ぶ中、リング脇での攻防、一回転した雪風のパンチ、リング脇ぎりぎりでの打ち合い。雪風のパンチ、足首を押した、あっと浴びせ蹴り! リング脇ぎりぎりで縦に一回転、浴びせ蹴りを繰り出し、ワンダーの胸板を一撃。これでリング脇に立っていたワンダーが崩され、転落で決着。雪風の勝利となりました。

第三試合 天下ネジ武道会
ウンコキング vs サアガ

 さて続いての対戦。ウンコキング! ウンコキング? と、名前に突っ込みが入ってしまう空気感の中、全身黒スーツのウンコキングがリングに登場。これまた腰を振っての観客アピールです。
 対しては、荘厳な電子音を背負い、プエルトリコ遠征帰りと言うギミックを背負い、肩からベルトを斜めに担ぎ、ヘビー級王者サアガがリングに登場です。
 片腕を突き上げ、アピールするサアガ。ベルトを回収した後、試合開始。
 素早く寄っていくサアガ、ウンコキングに打撃が届く距離。両腕突き、にじり寄るサアガ、これは外していった。さあ、遠い距離から、素早い横歩きで接近していく、詰めていった、仕掛けた、いきなり抱え込んだ、胴体を完全に抱え込み、綺麗に持ち上げて一回転、頭上からリングへと叩き付けられるウンコキング。
 再開、後ろにいるウンコキングに体し、裏拳で顔を張り倒すサアガ、復帰したところに突っ込んでいって、これは! 担ぎ上げた! 完全に担ぎ開けた格好で、手拍子を要求したサアガ、観客席から拍手が、これで投げ捨てた。起き上がろうとするウンコキング、しかしカウント途中で、カウントが止まる。レフェリーストップ、タンカに積まれつたうんこキング。
「膝の関節に異常があるため」と言う事で、ウンコキングはそのまま、人力で運ばれてリングの外へ。この勝負、サアガの圧勝となりました。

第四試合 天下ネジ武道会
ワルー vs くまたろう

 さあ、一回戦最後の対決です。今大会屈指の巨体を誇るワルーが、まずは先にリングへ登場。勢い余って花道から転落しかかってしまう。
 そして続いて、本日復帰戦。くまたろうがリングに上がってきます。三度目の復帰戦、くまたろうがリングに登場です。片腕を突き上げるポーズに拍手が集まる。
 さあ開始、一礼するくまたろうに対し、拳を突き上げるワルー。開始、ワンツー、密着した距離で大きなフックを突き込んでいくワルー、くまたろうはやや離れた距離で打ち合いになる、ワルーの打撃を微妙に外している、と言うか、やや浅い距離を逃げ続けるくまたろう。背中から、ダンスを踊るくまたろう、なにやら部品が取れている、投げの構えに行ったワルー、空転して横に転がる。その足下に蹴りを入れて行くくまたろう。
 さあ、移動しながらの勝負に変わった、コーナーへ逃げていたくまたろう、中央から追い詰めに行くワルー、右に左に、短い突きを繰り出すくまたろうに対し、ワンツーを繰り出すワルー。側頭部に一撃、殴り倒されるくまたろう。なおも横を通り抜けようとするくまたろうに対し、アッパーを打ち込むワルー。
 正面、睨み合い、これは、くまたろうが一回転浴びせ蹴り、ボディに入ったか、ワルーがしゃがみこみ、崩れる。
 これは、ワルーが弱っているか、倒れた(人力で)ところに、くまたろうがコーナーポスト、コーナーに乗せられた置き台の上に乗っかった。さあ、観客の拍手から、ファイヤーバードスプラッシュ。綺麗に一回転して、胸板から当たっていった。綺麗なモーションbで入って、ワルーに直撃した。
 再開、ワルー、脚からネジのようなものが落ちている。後頭部へのパンチ、紐が引っかかってワルーも引きずられ倒れる。
 さあ、睨み合い。フック、密着からのキック、フックで頭を狙うワルー。これは、腕を広げた瞬間に、後ろからワルーが回り込んだ、大きくくまたろうを捕らえて、そのまま一回転してリングにたたきつけられた。そのまま動かない両者、レフェリーが分ける。ふらふらになっているくまたろうに対し、回り込むワルー、パンチ、側面からのパンチを避ける、くまらろう、あー…… これは、狙いと逆方向に、浴びせ蹴りを繰り出してしまった!
 痛恨のミスで、そのままリングの外へと飛び出てしまうくまたろう。これは自爆となった、ワルーの勝利となりました。

第五試合 天下ネジ武道会
ナガレゴールド vs 雪風

 さあ二回戦、ナガレゴールドがまずはリングに上がって参りました。続いては雪風が、花道で入場中にひっくり返ってしまいましたが、ともあれリングの上に登場です。
 ここからはレフェリーロボがリングに登場。高速で横に移動しての打ち合い、両腕の突き合いになってきた、腕先をぶつけあう、足首への攻撃、雪風の攻撃が自爆でひっくり返る、横突きを打ちながら移動する両者、肩で息をしつつ復帰するナガレゴールド、フック、しゃがんで下からパンチをくりっ出す雪風、姿勢を堕としての殴りあいに変わる。
 連続パンチを繰り出したナガレゴールドを、背中から崩していく雪風。胸を併せての打ち合いに、ダブルチョップ、しかし雪風は屈んだ姿勢で凌ぐ、ダブりチョップだが当たってはいないか、これは、攻撃を掴んだ、掴んだ格好。
 攻撃を繰り出した雪風の、脇の下にゴールドが腕を突っ込んだ格好、ゴールドそのまま押し出して場外まで突き崩して出していく。これで決着、ナガレゴールドの勝利となりました。

第六試合 天下ネジ武道会
サアガ vs ワルー

 さて、再びここで実現するヘビー級のカード。サアガとワルーの対戦です。驚きの豪華カード、準決勝で実現。
 開始、サアガが寄っていく、まずはローパンチで牽制、下へのパンチを打ち込んでいくいくワルー、サアガの反撃で転がった、一気に起き上がる、パンチ、体を捻って躱す、サアガのパンチを体を捻ってかわしていく、これは、詰めていった。股下にサアガが腕を突っ込む、これは分けた。
 サアガが詰め、ワルーが引く、裏拳でのパンチ、腕を広げ、かがんだ、投げの構え、そこからちょっと外したサアガ、再び打撃戦、これは! 片足の股に組み付いたサアガ、ワルーを持ち上げ、リングに叩きつけた、まずはサアガ投げが決まる、これは、横四方に組み付いた、一気に横に崩す、これはタックルから崩したような格好での投げ。
 立ち上がった、アッパーの一撃、にじり寄り、下がっていったワルー、サアガがリング脇にぎりぎり、これはワルーの膝をかかえたサアガ、ワルーが持ち上げられ、完全に浮いてから落ちた、また脚を掴んだ、今度は足下から大木をひっこ抜く様な構え、ワルーがひっくり返った。
 片腕突き、アッパー、しかし外した所に近付いていく行くサアガ、掴んだが離した、背中から近づいていく、ぐるりと回り込んでいった、横から体当たりで入る、回り込んだ、片足を掴んで、崩れた投げの格好。足首から崩していく。
 さあ、リング中央での睨み合いになった、掴みに行くサアガ、、交錯ざまにワルーを体当たりで崩していった、ちょっと脚の調子が良くないか、さあ突っ込んだ、行って掴んだ、足のケーブルまで掴んで持ち上げ、一気に持ち上げて放り出していった!
 斜めに投げ出されたワルーのボディがリングから飛び出て、そのままリングの外へ! 投げ技での決着、始終圧倒したサアガの圧勝となりました。

 さて、決勝の前に、まずはスペシャルマッチです。

第七試合 秋葉原ドリームマッチ
メタリックファイター vs キョンキョン仮面

 スペシャルマッチでの対戦、まず登場するのはワインレッドの胴着に身を包んだメタリックファイター。首からはお守りをぶら下げ、腰にはワッペンをつけ、そして背中にはオレンジ色の大きなロケットが。
 そして続いては猛風のキョンキョン仮面の登場。ひょこひょことリングに入ってきます。まずは正面に風をぶつけて、後頭部をぶつけるキョンキョン仮面。さあメタリックファイター…… あれ、どうしたんでしょう。いきなり早速整備が入っています。キョンキョン仮面の特徴、ダクテッドファンの説明が入っている中。メタリックファイターは腕の整備が入っています。リング脇での必死の調整が続く。さあ、腕の修理が終わり、腕をあげてかちかちと挨拶を行うメタリックファイター。
 さあ試合開始、いきなり風が吹き付ける、スライディングで移動するキョンキョン仮面、構えを取るメタリックファイター、スライディング、貰ったメタリックファイターが凌いでいく、足払いの一撃、体当たりを貰うメタリック。突撃からファンを逆に回し、急制動を駆使するキョンキョン仮面。いきなりの風にびっくりして、観客のお子さんが泣き始めてしまう。大変だ。
 さあキョンキョン仮面、スライディングが、あれ、スライディングの構えに入りますが、攻撃に入れない。メタリックファイター、喜んでいる。両腕を上げて喜んでいる、キョンキョン仮面、何度もスライディングの構えに入るが、風が出てこない。
 足払いを仕掛けるメタリックファイター、キョンキョン仮面がときたま貰って崩れていく、倒れたキョンキョン仮面に対し余裕を見せるメタリックファイター、しかしキョンキョン仮面、旋回しつつの烈風を撒き散らす、復帰。
 頭を抱えるメタリックファイター、背中のパーツの存在を、観客に、そしてセコンドにアピールする。自陣に戻り、ロケットの調整。「空気入れのようなものを」「名状しがたい空気入れのようなものを」「空気入れだった-!」「アナログだったー!」
 発射の前にキョンキョン仮面がひっくり返ってしまい、カウントが止まる。ちょっと段取りが。「準備がございます、いろいろ準備がございます」と。
 さあ何事もなかった、ロケットが空中高く飛び上がり………… キョンキョン仮面にヒットした! まさかの直撃、直下型ヒット、メタリックファイターがリング前へと進み出て勝ち誇る。キョンキョン仮面は立ち上がろうと試みるも、そのまま復帰できず。ここでゴング。
 メタリックファイター、まさか以上の直撃弾。勝利を収めました!

セミファイナル 六人タッグマッチ
流血仮面レッド&流血仮面ブルー&流血仮面メキシコ
vs
黒き虎&青き龍&赤き闘神

 というわけで、大北京プロレスの挑戦のPVが流れた後、レフェリーがリングに上がり、六人タッグマッチの開幕。通常のタッグマッチとは異なり、3vs3の対抗戦。そのうち一人でもダウンを失えば、チーム全体の敗北となります。
 まずは流血48のリングイン。いきなり入場から転落するメキシコ、そしてなぜかレフェリーに因縁をつけるレッド。ブルーはゴング前から腰を振る構え。
 そして大北京プロレスチーム、黒い虎、ナガレブラックタイガー。そして青い龍ゼルファー。最後に登場するのが、赤き闘神アキバカイザーが登場です。いやその、まあ、どこを切ってもダイドコロンなんですが。
 最初はブルーとアキバカイザーの戦い、カイザーのウィップラッシュパンチで横倒しになるブルー、腰を振ってアピールするが、カイザーの腕先が、鞭のようにしなり、ブルーを殴り付ける。さあ、カイザーの胸板が開いて、ミサイルが飛んでブルーを襲う。
 ブルーが下がって、いったん味方陣に。押し付け合い。メキシコに絡み、レッドに絡んで、三機で内輪もめの構え、じゃあ、とメキシコの手が上がる、レッドの手が上がる、さらにはレフェリー、相手チームから観客まで手が上がったところで、「どうぞどうぞ」と手が下がる。
 さあ試合再開、カイザーが転がってしまっているところに、ブルーが仕掛けていく、仰向けに倒れてしまうカイザー。かさにかかるブルー、ナガレブラックとカイザーが交代し、中央での小競り合い、レッドとメキシコは人ごとのように応援に下がる。
 自分も下がったブル-。ここで交代、メキシコが嫌がったのでレッドが登場。両腕パンチをブラックに叩き込む。横向きで睨み合い、回り込んだ流血レッドに対し、脇からパンチをたたきこむタイガー。「色は変わりましたがたいした違いはありません」と言われてしまうレッド。タイガーに対してがりがりと攻めていく、ここでカイザーが復帰、激しく振動していたゼルファーが、タッチでリングに入ってきた。
 今度は流血チームもメキシコと交代、しかしなんやかやで嫌がっている。さあ、かかってこいの構え。正面からの睨み合い、やや離れた距離、メキシコが回り込みを計る、自陣に戻ってきた。
 ブルーと交代、挑発するゼルファー。中央での小突き合い、両腕突きでブルーを倒すゼルファー。タイガーとカイザーが自陣で応援している中、ブルーとゼルファーの小競り合いが続く、両腕突きでゼルファーを倒す、仰向けに倒れたゼルファー、ここで選手交代か、流血エルボー不発、無線の調子がよくなくなってきたか。アンテナを伸ばして、ゼルファーをなんとか動かしていく。
 流血レッドが試合に介入していく、なぜか勢いで混戦状態に。流血レッドと流血メキシコが取り囲み、一体で包囲攻撃を仕掛ける流血、タイガーがカットに入ったかと思えば、メキシコがカメラの前に行って腰振りアピール。
 これは流血仮面が並んだ、一列に並んだ、三機が直列腰振りダンス、しかしアキバカイザー、相手が一列に並んだところに…… アキバミサイル!
 一列にわざわざ並んでいた流血仮面、巻き込まれてまとめて倒れてしまう、痙攣している、起き上がれるか、セブン、でいったん復帰するものの、粘りきれるか、カウント9、あー、どたーんと全員がまとめて再度倒れた。これでつまるところはまとめて3ダウン。大北京チームの勝利となりました。

 もめている流血ブルーとレッド、それとは全く関係なく観客席に愛想を売る流血メキシコ。
 そんなこんなに物販コーナーのアピールを絡めつつ、これで対抗戦は終了となりました。

メインイベント 天下ネジ武道会決勝戦
ナガレゴールド vs サアガ

 さあ、いよいよメインイベント。天下ネジ武道会の決勝戦です。PVのあと、落とし物のお知らせが(※すぐに持ち主が発見されました)。
 それはともかく、いよいよ天下ネジ武道会決勝戦。これに勝利すればネジロン様を召喚する事ができます、と言う大会的コンテキストを改めて紹介のあと、いよいよ選手のコールです。
 まずはナガレゴールド、力強い歩行でリングに入って参りました。続いての登場は、Bブロックを勝ちぬいたサアガの登場。さあ、ベルトを肩にからげて、ためらいのないスピードで一気にリングの陣中に。さあ、いよいよ両選手のコール。まずはナガレゴールド、そしてサアガが、ポーズのあとアピールします。そしてファントムのボディチェック。
 開始、まずは挑発するゴールド、サアガが腕を突き上げ返礼、まずは打ち合い、中央での叩き合い。腰のあたりに打撃を入って、ナガレゴールドが真横に崩れる、後ろをとったサアガ、ゴールドの動作にストレートを入れてひっくり返していく。裏拳、隙を見て狙っていくサアガ、アッパー、胸板を弾いた、ワンツー、ゴールドの顔面にぶつけて下げていく、掴んだ、足首を掴み切れなかった、サアガがワンツーを繰り出す、腕先のぶつけ合いになる、分けた。
 両腕が絡んだ状態から分けた、再開した途端、サアガが一気に突っ込んでいった、足首を掴んでのタックル、さあサアガの投げが始まった。再開と同時に、再び後ろから腰を抱えて持ち上げた、持ち上げて、一気に投げ飛ばす、再開、サアガすさまじい投げが続く、腰をかかえて投げ、今度は背中から掴んで半回転、頭からマットに叩きつける。
 「なにが壊れても大丈夫です、なにしろここは秋葉原です」(会場の赤ちゃんの泣き声)「子供も泣いちゃいます」。子供が泣くほどのサアガの応酬、そうこうしている合間も、またも抱えて頭からたたきつけるサアガ。容赦ありませんノーマーシー、しゃがんで息をついているゴールドを、そのまま屈んだ状態のまま、そっくり抱え上げて頭から叩きつける。
 安全地帯無し、腕の打ち合いにあった、花道近くでの叩き合い、ローへのパンチで押し戻すゴールド、横向きの応酬に変わった、切り上げる攻撃は、ぎりぎりで躱される。
 さあ、突っ込んだ、リング際での投げの構え、これは絡んだが、外れた状態になった、両者ともリングに留まった。サアガ抱える、一気にリングの外に投げ捨てる構えだが、すっぽ抜けた、ゴールドが持ちこたえたが、 あっと、試合続行! 狙っていた、そのままリング脇に、ゴールドの胴体を一気に抱え上げ、リングのフチを通り越して、一気に投げ捨てていった!
 サアガの投げ無双伝説はまったくもって健在、これで決着となり、サアガの勝利、サアガの優勝となりました!

 さて、最後はネジロン様の出番です。サアガの召喚に応じ、ねじなめんなよTシャツ姿のネジロン様に、九州チームのハウザーとの対戦を希望するサアガ。次々回できんのか!15、関東ロボットヘビー級タイトルマッチ。ハウザーとサアガとの対戦が宣言されました!

 さてさて。ロボット達のフォトセッションが続く中。これにて、できんのか!13、第一回公演が終了となりました。
 第二回公演は、17時20分からの開催となります。

|

« 【イベントレポート】ロボットプロレスできんのか!13観戦記【公開リハーサル】 | トップページ | 【イベントレポート】ロボットプロレスできんのか!13観戦記【第二回公演】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/57897332

この記事へのトラックバック一覧です: 【イベントレポート】ロボットプロレスできんのか!13観戦記【第一回公演】:

« 【イベントレポート】ロボットプロレスできんのか!13観戦記【公開リハーサル】 | トップページ | 【イベントレポート】ロボットプロレスできんのか!13観戦記【第二回公演】 »