« LANと電気とタブレがあれば。(☆) | トップページ | 【イベントレポート】ロボットプロレスできんのか!13観戦記【公開リハーサル】 »

2013.07.26

暖かい目と怜悧な頭脳:シャーロッキアン!4巻(☆☆☆)

シャーロッキアン!(4) (アクションコミックス)

 前巻の終わりのあまりの大団円っぷりに、うっかりいい最終回だった、と思ってしまったものの。喜ばしいことに、別にそんなことはありませんでした! 続刊、第四巻です。
 車教授と原田愛理。ホームズマニアの師弟コンビが、聖典上の諸説や、周囲の人々の小さな悩みに光を当てていくこのシリーズ。不安定に揺れていた主人公二人の関係も万全の安定感を見せ、再び新たなフォーマットで、お隣の名探偵の活躍が始まります。

 身近な人々の悩みに、シャーロック・ホームズ原典中の描写や物語がどこか絡んでくる物語構成は今巻でも健在です。
 幸せの絶頂のはずの新婚夫婦に、なぜだかカレーが影を兆す「カレーの問題」。幻の希少本を巡り、ホームズマニアの少年団がしゃかりきな活躍を見せる、「ビートンのクリスマス年鑑」。同時代、そして別世界の人物とのクロスオーバーに思いを馳せる「騎士と漱石」。
 物語の卓日を飾るのは、車教授の過去に関わりのある物語。決してありえない-- しかしありえたかも知れない-- 出来事の可能性を、細部の描写からあざやかに構成してみせる「アガサ・クリスティの失踪」。

 そのどれもが、推理ものでありホームズものでありながら、かつまた読後感の暖かい人情ものでもあるのが、このシリーズの魅力的なところ。
 前に読んだ「ホームズとワトソン」と言う本の中で、探偵ものの中でも、とりわけホームズとその時代のものの魅力について、「(依頼人達に)隣人に対する健全な関心がある」と言う表現をしていましたが。
 愛理と車教授、そして登場人物達が持ち合わせている、周囲に向ける暖かい視線、小さな謎や苦悩を見過ごしてはおけない、そんな心の持ちようこそ。ホームズの原典から引き継いだ、このシリーズの見えにくい魅力なのではないか、と思うのです。

 がつがつと読むよりも。ゆっくりめのペースでいいので、じっくりと続いてほしい、そんなふうに思える楽しみな一作であります。

|

« LANと電気とタブレがあれば。(☆) | トップページ | 【イベントレポート】ロボットプロレスできんのか!13観戦記【公開リハーサル】 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/57871635

この記事へのトラックバック一覧です: 暖かい目と怜悧な頭脳:シャーロッキアン!4巻(☆☆☆):

« LANと電気とタブレがあれば。(☆) | トップページ | 【イベントレポート】ロボットプロレスできんのか!13観戦記【公開リハーサル】 »