« 【イベントレポート】第29回KONDO CUP オープンクラス観戦記 | トップページ | お祭り土産は真夏の桜。(☆) »

2013.07.30

お祭り土産は緑の工具。(☆☆)

 主にロボットだけを見に行きました、いつもながらの通常営業のアキバだいすき夏祭り。
 とはいえ、道すがら色々なものを見たり、お昼がてら見物にも行ったりはするわけで(万カツサンドも食べましたよ)、いろいろなものが放り込まれたテンションに高さにすっかり当てられておりました。
 そんな中、初日に見てすっかり気に入り、二日目にいそいそと買いにいったのがこちら。工具ネジザウルスです。

2013073001

 こちらは見ての通りの工具で…… 工具の分類にはあまり詳しくないんですが、こちらの記事によればプライアと言う事でよさそう。ともあれ、先端でなにかを掴んで、曲げたり回したりするのが主任務の道具です。
 仕事柄、職場でパソコンをばらしたり組み立てたりすることが割りとよくあるんですが。錆びていたり枠が曲がっていたりして、なかなかネジが外れない事があるのはちょっとした悩みの種でした。で、同僚があるときに「便利なのあるんで買ってきます」って言って、ひとっぱしり買ってきたのが、このネジザウルスだったのであります。

 この工具の独特なところは、一番先端の刃(と言う表現であってるか解りませんが)が合わさる先に、ネジの頭を掴むための「口」が空いているところ。ただのペンチとかニッパーとか、あるいはピンセットとかでネジの頭を掴もうとすると、先端の掴むところの構造が、細かったり平べったかったりして、ネジの頭を掴むのには、あまり適していません。四苦八苦して掴んだところで、力がうまく伝わらず、つるりと抜けてしまうのがオチとなります。
 そこのところが工夫なところで。先端にネジを掴むための口と、滑り止めとなる、波動砲みたいな縦向きの溝が掘ってある事で。ネジの頭をがっちりホールドして、力を伝えて回す事ができる、というわけなんですね。
 もちろん、ドライバーが使えるのならドライバーを使うほうがいいのですが、世の中には普通のドライバーではそもそも解体できない構造になっている(つまり溝が掘っていない)ネジとか、先に述べた通り、錆びたり曲がったりして、外そうにも外せないネジもあるわけで。併用するととても便利だよ、と言う訳ですね。

 夏祭りの会場には、このネジザウルス(のマスコットの)着ぐるみが、あの炎天下の中、元気に闊歩していて。熱心にお客さんに愛想を振りまいて、人気を集めていました。でまあ、最初は「あの着ぐるみ、なんだろ?」って言うつもりで見に行ったら、同僚が買ってきてた工具の会社さんだ。というかそのものだ、と解って、買ってきた、と言う次第なわけなのです。一日目は持ち合わせが乏しかったので、実弾を調達して、二日目に念願かなって購入。わーい。

 ちなみにちなみに。お祭り当日は、購入するとその場で、刃にレーザーで文字を焼き入れてくれる、と言うサービスをやっておりました。じゃあハンドルネームにするかな。でも会社でも使うしな。と、いろいろ考えた結果、入れて貰っちゃったのがこちら。

2013073002

 これの写真撮るのが結構難しくて。
 もとい、ねじあさいさんのキャッチフレーズを勝手に使わせて頂いたりしておりました。ぴったりはまると思ったもので……。

 そんなこんなで、新しい工具を。お祭りテンションで手に入れた案配でありました。
 お買い物の話は、もうひとつ。

|

« 【イベントレポート】第29回KONDO CUP オープンクラス観戦記 | トップページ | お祭り土産は真夏の桜。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/57917763

この記事へのトラックバック一覧です: お祭り土産は緑の工具。(☆☆):

« 【イベントレポート】第29回KONDO CUP オープンクラス観戦記 | トップページ | お祭り土産は真夏の桜。(☆) »