« 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 6th観戦記【ダンス~一発芸】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 6th観戦記【サバイバルマラソン】 »

2013.07.21

【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 6th観戦記【フライ級/バンタム級・三位決定線~決勝】

 さてさて。休憩のあとは、バトルの続き。
 フライ級・バンタム級の三位決定戦・決勝戦と、ロボットマラソンが行われます。

 リングアナのコールにより、まずは三位決定戦から選手入場です。

バレンシア vs Jager

 三位決定戦はジャガーvsバレンシアの対決から。
 開始、まずはジャガーが詰めていく、中央を占めた。ちょっと角度をつけつつ、バレンシアが待ち構える。距離を置いての睨み合いから、小突き合いに変化する、大きく屈みこむバレンシア。ジャガーが細かい突きを繰り返し、突っ込みつつ攻めていく、やや離れた、相手の突きに対して、大きく沈み込む回避を見せるバレンシア。腕をぶつけた、ちょっとよろけるジャガー。小競り合い、だんだんとジャガーをコーナーへと追い詰めていく。
 バレンシアがジャガーを引っかけ、スリップ。あっと、どうした。タイムの申請だ。ジャガーがタイムを申請。ケーブルが抜けてしまい、電源が落ちてしまったようです。
 ケーブルを続して回復、さあ両者復帰して、試合再開です。睨み合い、やや遠い距離、ジャガーが詰めた、一気に接近。大きくしゃがむバレンシア、立ち上がりを狙うジャガー。再び離れた、打ち上げる、遠い。一回転したバレンシア。どうした。離れた距離になった、お互い有効打をまだ出せていない感じだが、打撃を打ち込んだ、これはダウンだ。打ち合いから打ち負けた格好、バレンシアがダウンを失う。リングアウトしつつ復帰、1-1に変化した。
 残り時間は1分、回り込みながら誘いを繰り出すジャガー、遠い、やや遠い。背中に回り込んだ、立ち上がりに巻き込もうとするが回避される、横に取った、ジャガーが下がる、一機に突っ込む、バレンシアが凌いでいく、打ち合い、両者弾かれた、リング脇ぎりぎり、追い込みに行ったジャガーがスリップしてしまう、かなりリングの脇だ。
 ここで時間切れ、やめ、の合図の直後にジャガーが落下、これは有効とはならないため、この試合は延長戦となります。

 さあ、2分の調整をぎりぎりまで使って、延長戦です。横向きになった両者、ジャガーが攻めていった、中央、ぶつかるか、ぶつかった、横付きの打ち合い、離れた。打ち上げるバレンシア、凌ぐ、崩れかけたが、脚裏から落ちて復帰するジャガー。狙うバレンシア、ジャガーが危ない、リング脇だ。沈み込む、密着距離、離れた。真横に変わる。後ろに回り込む、がちりと打ち上げがかする音が聞こえてくる。正面突き、凌いだ。戻しに巻き込まれる、バレンシアがスリップ。打ち上げた、空振り、肘落とし、これは。回り込んで後ろへくるりと回ったバレンシアが、ジャガーの腰に打ち込みを入れて前へと崩す、滑るジャガー、これで決着。延長戦を制し、バレンシアの勝利となりました。 

 さあさあ、続いては決勝戦です。

Earth Worm vs TERRA

 さあ、フライ級決勝戦。アースワームとテラの対決です。よく似た機体構成の機体と戦っているテラ、この決勝戦ではどうなるでしょうか。ちょっと腰がふらついているみたいなのが気がかりではあります。
 さあ開始、激しく旋回するテラ、中央に陣取ったアースワーム、一撃、打ち合い。アースワームが鋭い横突き、一撃を繰り出して離れる。背中、カウンターでぶつけた、攻撃を凌ぐ、これは再度貰った。テラがダウンを失う。
 1-0、再開。にじり寄っていく、ダウン、これは絡んだ格好。諸共に横に崩れますが、ダブルスリップ。かなり大きく分けて再開。さあ、アースワームが寄っていった。追いすがるテラに仕掛けますが、倒れる、これはスリップ。
 あっと、大丈夫か、どうした。テラの脚がおかしい、いや復帰した。再開、両腕をそろえて打ち上げる攻撃を出すテラ、しかし攻撃の戻りに鋭く突きを貰い、2ダウン、回り込んだアースワーム、繰り出した腕を持ち上げられ崩れますが、これはスリップ。
 さあリング脇ぎりぎり、危ない。コーナーに追い込まれるアースワーム、しかしテラが近い距離に立っていた。
 反抗の突きを胸板に貰ってテラが崩れ、これでアースワームが三連打、3-0でアースワームの勝利となりました。

 さてさて、続いてはバンタム級に移行の三位決定戦です。

Double H vs アンスリウム

 バンタム級最初の対決は、ダブルH対アンスリウム。背丈とリーチではアンスリウムが有利か。
 開始、中央に持って行く両者、睨み合いになる、角度を変えて真横、横付きの打ち合い、大きなモーションで突っ込むアンスリウムに対し、コンパクトな横突きを繰り出すダブル。これは、アンスリウムの腕がダブルの脇の下に入り、そのままダブルを持ち上げた! 完全に空中に浮いた後、落とした、これがダウンとなり、1-0。
 分けて、再開。起き上がれるかアンスリウム、ちょっともたついた、起き上がった。一寸股が心配でしたが、置きあがれ…… あれ、どうした。くにゃりと横に傾いてしまった、なにかに寄りかかるような格好になったアンスリウム。ここでタイムを申請。1-1に変わりました。
 さて再開。真横を向いて接近していくダブル、アンスリウム、脱力してしまった。ぐにゃりと崩れ、その場で横倒しになってしまう。テンカウント、カウント終了まで復帰を果たせず。そのまま時間切れとなり、ダブルHの勝利となりました。

 ちょっと不調でマシンを再起動。少し頭を打ちのがしました……。

ブラオリーゼ vs Poly

 最終戦は静かな立ち上がり、速攻で攻め込んでいくブラオリーゼも、やや慎重な攻め込み。中央での交錯、若干の小競り合いから中盤に。、リング脇、一瞬の隙をついての横突きで、ブラオリーゼが先制でダウンを奪う。再開、かなり近い距離での腕をぶつける突き合い、ポリーが押し込んだ、今度はブラオリーゼが崩され、1-1。
 再開、ポリーの殺到から近距離の突き合いに変化、ポリーの突きは凌いだブラオリーゼだが、反動を殺しきれず後方に崩れ、スリップ、そのままリングアウト。しかし再開直後に反抗、一気に攻め込みダウンを奪う、これで2-2。再開、たたみかけるブラリオーゼ。速攻、腕先をからめて引き倒しを見せるが、これはスリップ。
 そして再開、これはなんと。開始直後、ポリーが動き出す前に、真横から突っ込んだブラオリーゼ、流れるような動きで立ったままのポリーの腕先を切り上げる突き、立ち姿勢から一気に吹っ飛んだポリー、これが3ダウン。
 接戦の打撃戦となった決勝戦、ブラリオーゼが制圧し勝利となりました!

 このあとは求刑のあと、ロボットマラソンです。

|

« 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 6th観戦記【ダンス~一発芸】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 6th観戦記【サバイバルマラソン】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/57839869

この記事へのトラックバック一覧です: 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 6th観戦記【フライ級/バンタム級・三位決定線~決勝】:

« 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 6th観戦記【ダンス~一発芸】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 6th観戦記【サバイバルマラソン】 »