« アベンジャーズカフェ、に入るのをあきらめた話(☆) | トップページ | ボードゲームにワンナイト居酒屋。(☆☆) »

2013.11.17

ビックシム+L-02C導入、あとビックワイマックス解約顛末記。(☆☆☆)

 きのうあれこれ買い込んできて、早速上記のとおりしました。
 そんなわけで、手短に報告。

2013111701

 こちらは接続に使用する、2年ほど前に発売されたUSB接続式の端末L-02C。
 秋葉原で入手した新古品です。3000円くらいでした。
 鮮やかな赤は普通に使うにはちょっと躊躇う色合い。なのですが、Thinkpadと組み合わせて使うと考えれば、それほど抵抗もありません。

2013111702

 なかなか分厚い筐体。こんなふうに折り曲げると、USBの端末部が露出します。
 このままだとちょっと使いにくい、と云う事なのか、固定用のパーツ(webカメラの土台みたいにクリップがついている)と、延長USBケーブルがついています。普段はこれ経由で使う事になるんでしょうね。

 さて、慌てて本体に差す前に、先人の教えに従いdocomoから最新版ドライバをダウンロード。きっちり8.1にも対応してきています。

ホームの中のお客様サポートの中の製品・サービスのご利用・ご活用情報の中のアプリケーションダウンロードの中の「Xi」(クロッシィ)用アプリケーションの中のユーティリティソフトの中のデータ通信製品 ユーティリティソフトの中のL-02C

 さて、ソフトをインストールしたら、改めてL-02Cを本体に接続。
 この手のUSB端末みたいなゼロインストールのデバイスは、最初に刺すとUSBメモリとして、二回目に刺すと通信端末として認識される、と云うスタイルですが。このように最初にUSB以外からドライバをインストールしておけば、最初から通信端末として認識…… 起動メニューが出て若干焦りましたが、マニュアルによればそういう挙動であってるみたいです。ともあれ、起動中。若干の待ちです。

 しかしまあ、これで接続に成功したとしても、まだネットにつなげることはできません。肝心のSIMがまだ刺さっていないので、電話番号もなにも持っていないからですな。
 画面には「ドコモUIMカードが刺さっているか確認してください」の文字が。もちろんですね。


 で、SIMのほうは、こないだから騒いでいたビックシムを使用します。いよいよ購入して参りました。
 この商品、SIMの物理的なサイズに応じてパッケージが二種類(SMS対応まで含めると三種類)あるんですが、今回はL-02Cでの運用と云う事で通常サイズのSIMを購入。microSIMが使いたい場合は、たぶん改めて購入しないといけません。nanoSIMはファミリーシェアじゃないといけないみたいですね。
 ともあれ、初期費用(パッケージ代)は3150円かかります。店頭ではDVDのケースみたいなのが展示されていますけど、実際に店員さんから貰えるのは、ビニールに入った封筒くらいのパッケージ。この中に必要なものが全部入ってる、という案配です。

2013111703

 このビックシムは、インターネットイニシアティブジャパンのIIJmioのサービスを、ビックカメラが取り次ぎして販売している、と云うような、だいたいそんな恰好。ついでに云うと、IIJmioはドコモから回線を借りて使っているような恰好なので。いろいろ複雑ですが、要するにこのSIMはdocomo対応なので、docomoの電波が届けば使える、と云うわけです。ただしそのためには、IIJと契約して、この買ってきたパッケージを使えるようにする必要があります。こちらの費用は、月945円からのご案内。

 パッケージの中身は、SIMカードの固定されている台紙、必要なパスワードなどが書かれたスタートパス、と、カードが二枚。
 それにサインアップの手順書と、ビックシムの特典となる、公衆無線LAN、w2 300の設定手順書が入っています。このSIMカードの情報を使うと、w2 300に会員登録をすることができる、と云うことみたいですね。
 現状、僕はビックカメラのwimaxを使っていて、こっちは解約するつもりなので、パソコンとかに入っているアクセスポイントの情報は書き直さないといけないかも知れません。まあ、そのまんまで使えるかもですが……。

 ともあれ、手順に従って、ぴこぴことIIJmioをセットアップ。
 IIJとは契約したことがないので、お客様情報をぼちぼちと入れていきます。電話番号(SIMカードに書いてある)やプランの選択を入れて、サインアップ終了。

 さてさて、いよいよ接続です。SIMカードを台紙からぱちーんと抜いて(結構痛快に取れる)、さっきからそこに転がしていたL-02Cにセット。
 これをUSBケーブルで以て本体に接続と。……お、SIMのデータを拾ってきました。自動接続しようとしますが、まだこれだけだと失敗します。
 最後に、L-02Cの接続マネージャに、iijmioから貰った接続設定を詰めてやったら…… いきました、接続成功です。よっしよっし。

 ネットでも携帯でも使い放題に慣れすぎてしまった身の上。通信データ量に上限のある(もっとも切れてしまうわけではなく、速度制限がかかる、と云うことですが)のは、ちょっとした不安はあります。
 とはいえ、ただ接続マネージャさえ起動させておけば、接続した時間、通信したデータ量や、電波状況などを画面上でチェックすることができます。ちっちゃい出窓に携帯の画面が出ているような感じで、こういう感覚、なんかちょっと懐かしいですね……。

 差して通信が開通したら、ファームウェアのアップデートが始まっちゃったので、この間にwi2 300の設定のほうをしてみましょう。

 wi2 300のページに移動して、先程のSIMのデータも織り交ぜて登録はちゃっちゃと終了。最後に接続テストを実行してやって、登録完了。
 どうも詳細(wpaの暗号化キーだとか)は前と一緒のようで、ログインする時に必要なIDとパスワードだけ変わるっぽいですね。

 さてさて。こんなかんじで、とりあえず一台分の設定、小一時間ほどで終了。
 高速通信できるのは500MBが限度なので、実際には気を遣い遣いの運用にはなると思いますが(なにしろyahooのトップページを開くだけで1MBくらい余裕で使いますし)。ともあれ注意しつつの運用を心がけたいと思います。

 さて、次はthinkpad tablet2とPSvita(SIMが刺さるほう)だ。

 追記。
 ……と、やっている間に、二重となってしまうのでbic wimaxのほうを解約手続き。
 解約の事務手続きは電話か郵送なので、電話で窓口と。いろいろ確認する事があるので、それなりにお時間かかりました。日曜日なのに窓口の人大変だなあ……。

 待っている間にvitaの設定も完了。気をつけるところと云えば、最初から入っているdocomoのネットワークオペレーターでは設定ができないので、「設定」の「ネットワーク」、「モバイルネットワーク設定」から設定を入れる、ってことくらいですかね。iijmioのデータを登録しなくちゃいけないので、ザッと刺したらスッと動く、てなわけにはいかないのには注意です。

 というわけで、SIM切り替え終了-。と、そんなお話でありました。

|

« アベンジャーズカフェ、に入るのをあきらめた話(☆) | トップページ | ボードゲームにワンナイト居酒屋。(☆☆) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/58590757

この記事へのトラックバック一覧です: ビックシム+L-02C導入、あとビックワイマックス解約顛末記。(☆☆☆):

« アベンジャーズカフェ、に入るのをあきらめた話(☆) | トップページ | ボードゲームにワンナイト居酒屋。(☆☆) »