« 冬のまつりと年末最後の宴。(☆☆☆) | トップページ | 一年のはかりごとは元旦にあり。(☆☆☆) »

2013.12.31

暮れていく今年、忍び足の今年。(☆☆☆)

2013123101

 二日目の有明の夕陽。

 1年365日、どの日もほんとうは同じ日なのかも知れませんが。音に強弱があり、地形に高低があるように。人間は生きる日々に、特別な日とそうでもない日を、自ら作り出します。
 放っておけば、昨日と同じ事が続いていく日々に。サイクルの始まりと終わりを設けて。その小分けにした日々に、限度と区切りを設ける事で。毎日毎日をもっと大事な、意味あるものに出来ていくんじゃないかな、と思います。

 思い起こせば、今年は足踏みの一年だった気がします。這うつもりはなくても、這うよりほかなかったような、そんな感じの日々でありました。仕事もあれこれ忙しかったりしていましたが、なにより家族の入院とかがいろいろとこう。
 とはいえ、結果的に独り暮らしをすることになり。これまで不足していたスキルを若干なりとも補えたんじゃないかなと。
 這わざるを得ないにしても、掴んだ藁は懐なり口なりに入れていきたいな。と、思う所存です。

 いつものように、と言いたいところですが、いつもとは少し違うのが年末の日々です。
 蕎麦を買ってきたり、気合入れて掃除したり。七時に来るはずの兄夫婦がついさっき家出たとか言う連絡を受けたり。

 残すところ4時間ほどですが、皆様の2013年が無事に暮れますように。
 新しい年、新しいサイクルに、またお会いしましょう。

|

« 冬のまつりと年末最後の宴。(☆☆☆) | トップページ | 一年のはかりごとは元旦にあり。(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/58856730

この記事へのトラックバック一覧です: 暮れていく今年、忍び足の今年。(☆☆☆):

« 冬のまつりと年末最後の宴。(☆☆☆) | トップページ | 一年のはかりごとは元旦にあり。(☆☆☆) »