« 人を映す鏡。(☆) | トップページ | 密室無限大:ゼロ・グラビティ(☆☆☆☆) »

2013.12.21

一日の土曜日には過ぎたる禍福。(★☆)

 TRPGでは、なにか事件が起こるかサイコロを振って決める事がありますが。
 その例になぞらえるのであれば、僕の土曜日はかなり出目が偏った一日でありました。

 昼間に外出した際、用事があって数十年ぶりに母校に行ったら、同期の友達がいてものすごくびっくり。十数年ぶりです。
 いや卒業して母校の職員になったのは知ってましたけどもさ。窓口に行って、いきなり居ないでしょ普通。お互い変わってないにも程があったので、やあやあ、とあれこれ話し込んでしまいました。相手は仕事中だったのに。

 帰り道、地元の駅に帰ってきたら、人身事故が発生していました。
 いました。と言うか、駅で電車降りて振り返ったら、窓越しに隣のホームで、駅員さんがかなりの人数出て、倒れているお客さんに心臓マッサージを繰り返していました。えッ、と硬直。
 心臓マッサージ、教習所の講習ではやったけれども実際に人間が受けているのを見るのは初めてだ。とはいえ駅員さんがすでに対処している以上、近寄ってもそれは野次馬でしかなく。その場を離れて改札を出ると、ロータリーに救急車が滑り込んでくるところでした。どなたか存じませんが、無事だといいのですが……。

 家に帰ってきて、掃除の最中。知らないところから電話がかかってきたところ。聞いて見ると、家族が配送をお願いした、お歳暮のお店でした。
 それを聞いて、驚く、と言うより絶句。親戚筋のおじさんのところに送ってもらったところ、そのおじさんが亡くなっており、同居している人もいないところから、送ることができないでいる、との知らせ。
 なにしろ住んでいるのが島なので、普段行き来がないこともあり。独り暮らしなのは知っていましたが、まさか亡くなっていたとは。それを全く今まで知らなかったとは。
 しゃべり出すと止まらないし勢力的な人で、知っている人の中では一二を争うくらい死ななそうな人だったのですが。
 小さい頃から、と言うより、祖母の代から色々とお世話になっていたこともあり。一度島に行ってお墓参りさせていただかないと、と、家族と相談してきた次第でした。

 以上、三件。この土曜日に起きた出来事でありました。
 なんていうか、偶然、と言うしかないことばかりなのですが。心があちこちにぶれた、大変な一日でありました……。

|

« 人を映す鏡。(☆) | トップページ | 密室無限大:ゼロ・グラビティ(☆☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/58805637

この記事へのトラックバック一覧です: 一日の土曜日には過ぎたる禍福。(★☆):

« 人を映す鏡。(☆) | トップページ | 密室無限大:ゼロ・グラビティ(☆☆☆☆) »