« たまには過ぎる風景へ。(☆) | トップページ | 辣腕記者達、濁世を歩む:黄石斎真報 »

2013.12.01

今日は楽しいビアまつり、ファイナルスーパーオクトーバー(☆☆☆☆)

2013120101

 暦の上ではディセンバー! ところが俺たちオクトーバー!
 三ヶ月前から温めていたネタをようやく口に出せて、僕は大変嬉しく思っております。それはともかく、もはや一年中どっかしらでやってるんじゃないかと世間で話題のオクトーバーフェスト。その締めくくりとなるスーパーオクトーバーフェスト、最終日に参上して参りました。

 このスーパーオクトーバーフェスト、スーパーとつくくらいあって色々なんかこう、おかしいと言うかスケール感がすごいです。なにしろ会場が東京ドームという時点で、すでに一回聞き返される空気です。そう、東京ドームです。普段野球やってるフィールドを全域シートで多い、そこにベンチを大量に並べて、超がつくほど広大なビール空間を作り出してしまっているのです。去年も思いましたけど、大概ですよなほんとに……。

2013120102

 もちろんそのような広大な会場なので、入場の行列も半端な長さでは………… あれ?
 ……えー、どうも自分、集合時間を一時間早く間違えて会場に来てしまったようで。開場一時間半前ともなると、さすがに行列も10人もいない感じであります。豆知識だよ! 覚えておこう!(捨て鉢)。

 一緒に行く烏羽さんや紅崎さんには飲む気がありあまりすぎてる、といじられながら、本を読み読み待機一時間半(そんなに待った感じはしませんでした。本読んでると時間たつの早い)、警備の方とスタッフの方の誘導に伴って前進。手荷物検査とチケットチェック、回転ドアを経てドームへ入場。ぞろぞろとスタジアムを回って、座席の階段を降りて、眼下の広大な開場へと向かいます。スタッフの皆さんお姉さん達がみんなしてお客さんに手を振っている様は、一種不思議な高揚感があります。さあ飲むぞ的な。

 さすがにこれだけ広いと、座席の確保もスムーズです。ついでにビールチケットも確保。
 今回のスーパーオクトーバーはシステムが以前とちょっと変わっており、ジョッキのデポジット制がなく、飲んだら集中返却コーナーに持っていって返却するスタイル。そしてビールも現金払いではなく、集中購入コーナーでチケットを買って、そのチケットでビールを貰う、と言うかたちになってました。人が多いので、現金のやりとりをまとめることでトラブルを予防してるんでしょうね。
 ちなみに、料理やボトルビールは現金払いなので、ベルギービールウィークエンドみたいなシステムともちょっと違う感じです。折衷的なかんじですね。

2013120103

 座席に陣取り烏羽さんとも合流し、きのうあれこれ仕込んでおいたオクトーバーフェスト用グッズを展開。
 ランチョンマットにコースター、誰に向けてのメッセージなのかよくわからないサインボード。面白そうだな、でもちょっと高いな、と、きのうさんざん迷って買ってきたのですが、考えてみればビール一杯分以下の値段であった、と、いろいろな意味で真顔に。

2013120104

 そんなわけで、こんなかんじです。じゃーん。

2013120105

 パンフレットは今回ももやしもん押し。もはやパンフレット本来の中身よりも、掲載されているもやしもんの方(オクトーバーフェストの話が乗っている)のほうが分厚くなっております。
 会場にはオリゼーのアドバルーンもありますし、去年四時間待ちとまで言われた超IPAもサンクトガーレンのブースで健在。今回は(横浜でも飲みましたが)しっかりありついてまいりました。にがいうまい。

2013120106

2013120107

 ぐるりと見渡す。いろいろとおかしくなりそうなスケール感。
 最終日だからなのか、それとも真っ昼間だからなのか、去年ほどものすごい人出と言う感じではありませんでした。むしろこれくらいのほうがありがたい、ちょうどいい混雑具合です。
 中央のオーロラビジョンには、メインステージの様子が映し出されており、ふと見上げると電撃ネットワークがおおあばれしたりしておりました。

2013120108

 サインボードの使い道は、なんとなく現在のステータス表示ということに。
 左右にそれぞれ飲んだビールを書いていく様は、なんだかこう、将棋の対局かなんかみたいな感じに。先手二杯目、オプティメーター。
 最終的にはなんだかなんだで、烏羽さんとひとり五杯かそこいらは飲んでいたような。遅れて合流した紅崎さんはそこまではと言う感じ。そして僕は早起きがたたって、若干うつらうつらしていました。

2013120109

 会場内を練り歩いていて、思わずカメラを向けてしまった、ゆるキャラ(違う)のオクトさん。ドックオックではありません。
 ちなみに肌色に見える部分もフルパッケージ(比喩)です。スーツアクターと歌舞伎の関係について論じ始める酔っぱらい達。

2013120110

 最終的な星取り表。
 誰も彼も酔っぱらいだということはよくわかります。そうはいいつつもさらに新宿に出て、ベルクに寄り道して、さらにちょっとだけ延長戦をしてきた次第。

 そんなかんじで行って参りました、今年最後のオクトーバーフェスト。いろいろ小道具も持ち出したりして、今年もがっつり楽しませて頂きました。
 来年も健康に気を付けて、またしっかり酒飲んでいきたいなあ、と思いつつ。さようなら十月、また飲もうぜ十月! と、感謝も新たにする師走の一日でありました。

|

« たまには過ぎる風景へ。(☆) | トップページ | 辣腕記者達、濁世を歩む:黄石斎真報 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/58681051

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は楽しいビアまつり、ファイナルスーパーオクトーバー(☆☆☆☆):

« たまには過ぎる風景へ。(☆) | トップページ | 辣腕記者達、濁世を歩む:黄石斎真報 »