« 一年のはかりごとは元旦にあり。(☆☆☆) | トップページ | 日暮れ二日目、東新宿。(☆) »

2014.01.01

大馬子馬の干支守り。(☆☆☆)

2014010101

 毎年、うちの玄関を交代勤務で守って貰っている干支守り。
 今年は親子馬の土鈴です。マストビー開運。

2014010102

 煮豚を作ったり煮物を作ったりいろいろしたんですが、基本的に追いつかなかったので、近所のスーパーでおせちのセットを仕入れてきました。
 なにしろこういうものを頼んだことがなかったので、どういう恰好で来るのかよくわからなかったのですが。四角い箱でやってまいりました(ふたつあるのは人数の都合です)。

2014010103

 外箱を開けると、なんかこんなかんじの包みが出現。
 これをさらに開けると、中身は厚紙で出来た結構立派な重箱が。中身は普通にそのままお重でした。
 外箱の中に保冷剤と緩衝材が入ってたので、これでクール宅急便箱状態、ってことなんでしょうね。とりあえず廊下が充分以上に寒いので、そこに置いておきました。
 お重の中身の写真がないのは、朝夕いろいろの準備でわーってなって写真撮る暇が無かったからで、中身は普通に豪華でありましたよ。少なくともがっかりお重とかではなかったです。

 さて、そんな感じでお屠蘇を済ませたあと。目を離した隙に寝付いた兄貴を踏ん付けて起こして、毎年恒例、東伏見稲荷に初詣に行ってきました。 

2014010104

 東伏見稲荷。目の前の道路やトンネルなどの整備工事が終わった後で、ずいぶん綺麗になっております。
 出て来る時間が遅かったので、かなりの人出でありましたが。列の進みがスムーズだったおかげで、結構早いペースで進んでおりました。
 それにしても、いろんな犬を連れている人が多いのが面白かった。犬の伊勢参りを読んだ後だと、いろいろ趣き深いものがありますな。

 そんなわけでお参りを済ませまして。こちら東伏見稲荷にもあります小さな千本鳥井、まあスケール的には百本鳥井くらいかな、と言う感じなんですけども、そちらを覗いてきたり。
 これは京都の伏見神社から勧進してきた際に、職人さんが少しずつ御利益を持って帰っていったせいで小さくなってしまったんですが。その分の御利益は、関八州にそれぞれ小さく散ったんですよ。と言う話を、母にプレゼンしておりました。最初に嘘だって宣言してから、嘘の理由を縁起として説明する、と言うパターン。

 さて毎年ここでお神籤を引いているのですが。ここのお神籤では毎年。なんていうかレアものと言うか、こういうのお神籤で出るのとか、そんなのばっかり引いてしまっていて。
 今年は良くなくてもいいので、普通なのが出てきて欲しいなあ…… と思いつつ。伏せて引いて、兄貴達の前でばっと開いたら。開いたら。

2014010105

 吉凶相交。きっきょうあいまじわる。え。なにこれ。なにこれねえ。
 ……解説を読むと、えー。とりあえず人に疑いを受けるので、真心を尽くして疑いを晴らさないとひどい目に遭うよ。てな、そんな運勢みたいです。……またレアなものを引いてしまった。というか、お神籤にこういうのあるんですな。平とか凶後平とかでもうネタ出尽くしたと思ってましたよ……。

 ともあれ、身を慎むのが第一、とあるので、これは自戒、自訓としまして。持って帰って財布に入れておく事にしました。悪運が降りかかる、と思って身を戒めて。心に備えを持つ事が大事であるなあ。と思う次第でありました。できれば二段三段とね。

 そんなこんなで暮れてきて帰ってきて。うどんを食べたりのんびりして過ごす、そんな正月一日の風景であります。

 あとひとつ。

2014010106

 なぜか東伏見稲荷の前のガードレールに、ジーパンが引っかかっていました。なぜ。だからなぜ。
 …………元旦から、妙なものを目撃してしまうあたり。今年もこういう運勢のようですな……。

|

« 一年のはかりごとは元旦にあり。(☆☆☆) | トップページ | 日暮れ二日目、東新宿。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/58865187

この記事へのトラックバック一覧です: 大馬子馬の干支守り。(☆☆☆):

« 一年のはかりごとは元旦にあり。(☆☆☆) | トップページ | 日暮れ二日目、東新宿。(☆) »