« カメラに奴をくくりつけろ。(☆) | トップページ | ちょっとだけ。(☆) »

2014.04.13

レゴと子供と大人のために:レゴムービー(☆☆☆)

 そして映画はといえば、ちかごろ近場で大変好評なレゴムービーを見てきました。

リンク: LEGOR ムービー.

 そして見終わった感想は、こりゃ評判になるわけだ、と納得。レゴ(の中)の世界での物語、って言う仕組みをしっかり組み上げた上で、レゴで商品化された枠内であればなんでも出られる、と、逆方向に世界を広げてみせて。バットマンにダンブルドア校長に、スーパーマンにガンダルフと、スーパーワーナー大戦の様相を呈し始めるゲストキャラクターのお祭りな豪華さ。

 全てがレゴである、と言うところから出て来る、世界を構成しているいろいろなものを分解して、自分の望むものに組み直す(とは言うものの、必要な部品が手に入らなかったりして一悶着したりもする)登場人物達の自由奔放な動き働きと、爆発や破壊、煙なんかのエフェクトすら、すべてがレゴで表現されていることから来る、無類に独特のビジュアル感。

 そして、お祭り感満点なビジュアルと賑やかな雰囲気にもかかわらず、その背景で、まるであけっぴろげにさえ語られている、考えてみれば相当に深刻な世界観と、主人公エメットの…… どこまでも平凡であり、平凡であるがゆえに巻き込まれてしまった…… 姿が、どこか心に突き刺さります。
 開始直後から始まる、規律正しい大合唱(そしてそれをものすごくポジティブに受け止めているエメットの姿といったら)。そして中途に挟まる、あるインタビューのシーンと、それを見ているエメットの感情に、重苦しいものを受け取る人も多いと思うのです。
 しかし。そうしかし、その砂糖をまぶした重さを、鮮やかにひっくり返していく。そしてぎりぎりの大詰め、と言うところからの、その筆運びの楽しさと言ったら。

 いやはや満喫させていただきました。仕事で疲れてめげた頭には、大変しみいるいい話でありました。
 これは接客用にブルーレイを買いたくなりますが、冒頭の歌をエンドレスで聞いたら、別の意味で仕事がつらくならない状態になりそうな。
 ともあれ、今年度最初の映画、非常に楽しませて頂きました。と言う話でありました。

 すぐに影響を受ける人間である自分としては、レゴをなんか買ってきたくなりますね実際……(笑)。
 すぐ近くのビックロに行って、レゴムービーの特設コーナーを見てきたりした自分です。はい。
 

|

« カメラに奴をくくりつけろ。(☆) | トップページ | ちょっとだけ。(☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/59463526

この記事へのトラックバック一覧です: レゴと子供と大人のために:レゴムービー(☆☆☆):

« カメラに奴をくくりつけろ。(☆) | トップページ | ちょっとだけ。(☆) »