« 3月読書目録履歴。(☆) | トップページ | 新目白桜めぐり。(☆) »

2014.04.06

花散らす雨のもとにアサルト花見の日。(☆)

 年度末の繁忙期は抜け出しつつあるものの、なにか気持ちの状態が若干ニュートラルからずれている感じが否めませぬ。エイプリルフールどころじゃなかったです今年はもう。

 そうは言っても少しずつ通常営業に戻していかなくては。と言う事で、またぼちぼち更新していきたいと思います。

 とりあえずは日曜日、横浜まで花見に行っておりました。

2014040601


2014040602

 席取り部隊に先行してもらい、駅で集合して本体が合流する、と言う流れで、つごう10人以上が集まっての大花見。
 悪天候の予報にびくびくしつつも、行ってみたら予想外の汗ばむ陽気で。花も日差しも柔らかく、これはいい花日より、と思っておりました。思っていた時期もありました。

2014040603

 調達していただいた中華のお総菜に、紅崎さん持参のローストビーフ。みゅーさんお手製の手料理と、おいしいお肉がいっぱい。サンドマンさんによる肉料理向けの日本酒のチョイスと相まって、そりゃあもう、おいしいおいしいてなもので。
 しかし好事に魔は多く、一天はにわかにかき曇るもの。予報はあまたず空は鉛色になり、天候は一気に崩れていきます。普通なら、ここで諦めるかなんかするところですが、予めプランと準備をしてきた酔っぱらい集団であった我々は、意外にびくともしませんでした。他の花見客が撤収作業を始める中、料理に蓋を、人に傘を、荷物や靴には予備のシートを被せて。アメッシュで雲の戦況を刻々と監視する烏羽さんの、持ちこたえろ、この雨は長くは続かぬ、と号令に、寄り集まってひたすら耐え忍びます。
 その状態でも、なおも飲み続ける(食べ物を出すのはちょっと難しかった)我々。雨が弱くなるまで飲み続け、とうとう天気を根負けさせた有り様に。

2014040604
(画像はイメージです)

 弱くなった、と言うか、ほとんど雨脚が失速したのを利して、即席のバリケードから這い出します。雨をかぶった荷物や靴、雨粒のたまったブルーシートを乾かし拭きつつ、別の団体が撤収した後の(乾いた地面の)スペースに移動。新たにシートと宴席を構築し、そこでさらに飲み続けます。

 しかし戦況は徐々に不利。要するに雨がまた強くなってきたので。さしもの酔っぱらい集団も延長戦を諦め、カラオケに移行する事となりました。
 天井があるってすげえ! と、ものすごくグレードの低い事に感動しつつ。みんなして歌ったりまた飲んだりしているうちに。気がついたら、お外の雨は止んでいた風情でありました。

 最後は残ったメンバーで、中国東北料理のお店に入り。店内で流れる大陸のテレビ番組とおぼしきもの、中国のニュース番組や中国版の、なんだろうあれ、セーラームーンのようななにかを横目で眺めたりもしながら。麻婆豆腐もそうですけど、ピザ、と言うか、揚げたのがすごい美味しかった。

 花あり雨あり小唄あり、長々丁場の日曜日の花見の席でありました。

2014040605

 おまけ。
 出来合いのおせちの箱に詰めて持っていった、ばかふらいの詰め合わせ。どんどん放り込んでどんどん作るのが、なんだか変に楽しくなって、ちょっと作りすぎてしまいました(そしてまだ材料残ってる)。
 他はともかく、魚肉ソーセージは味見してちょっと真顔になるような出来でしたが、まあその、完食頂いたようでなによりでした。


|

« 3月読書目録履歴。(☆) | トップページ | 新目白桜めぐり。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/59430941

この記事へのトラックバック一覧です: 花散らす雨のもとにアサルト花見の日。(☆):

« 3月読書目録履歴。(☆) | トップページ | 新目白桜めぐり。(☆) »