« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014.05.31

時を駆ける希望 X-MEN:フューチャー&パスト(☆☆☆☆)

リンク: 映画『X-MEN:フューチャー&パスト』オフィシャルサイト 5.30 (Fri.).

 望んだ未来が、こんなものであるはずがなかった。

 2023年、ミュータントは、そして人類は滅亡の危機に瀕していた。世界を支配するのは、無慈悲な殺戮機械センチネル軍団。かつてミュータントを抹殺するため開発されたこのロボット達は、ミュータントのみならず、人間-- ミュータントを生み出す母集団-- をも支配し、世界を暴力で覆っていた。

 プロフェッサーX、そしてX-MEN達は、宿敵マグニートーと共同戦線を構えて抵抗運動を続けていたが、圧倒的な数を持ち、そして自らの能力を柔軟に変化させるセンチネルとの戦いの前に、わずかな生き残りを残すのみとなっていた。
 追い詰められたX-MENは、起死回生の最後の賭けに打って出る。それは時間を超え、過去を変えること-- センチネル誕生のきっかけとなった事件を阻止し、その存在そのものを歴史から抹消すること。
 過去の自分自身に精神だけを飛ばし、起こるはずだった事件を阻止する。危険な使命に名乗りを上げたのは、不死身の肉体と精神を持つ古強者ウルヴァリン。肉体を仲間達の庇護に委ね、彼の精神が辿り着いたのは、50年前の1973年、ベトナム戦争直後のアメリカだった。

 未来のプロフェッサーX、未来のマグニートー。二人に託された使命を果たすためウルヴァリンが探すのは、50年前の二人-- チャールズとエリック。
 かつて最初のX-MEN達とともに、力を合わせて世界の危機を防ぎ、そして異なる未来を思い描き、敵同士と鳴り袂を分かった、若き日の二人。しかし二人はそれぞれに、苦難と挫折に苦しめられていた。

 未来のいまで望みなき戦いを強いられるX-MEN、過去のいまで孤独な戦いを強いられるウルヴァリン。そしてそれぞれの今を戦うチャールズとエリック。過去と未来に遠く響き、いまや迫りつつあるセンチネルの羽音。
 すでに定められた未来を変えることはできないのか、過ぎ去った過去を取り戻す事はできないのか。X-MEN最大最期の大作戦は、すでに始まっている……。

続きを読む "時を駆ける希望 X-MEN:フューチャー&パスト(☆☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.29

太陽と麦酒の日曜。(☆)

2014052901

 さぼっている間に、もう先々週くらいのことではありますが。
 日比谷のオクトーバーフェストに、陽気にさそわれてふらふらと行ってきました。

 解ってはいましたが、会場は人また人また人。
 五月を超えた日差しに日陰に皆さん逃れつつも、日向の席ももちろん満席の有様でした。

続きを読む "太陽と麦酒の日曜。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.02

やっとこさ。(☆)

 なんとか後半だけは連休できそうです。やれやれ。
 会社帰りにちょっと寄り道。地元の前から気になってたお店で、一杯だけ貰ってきたりしておりました。先取りお休み気分です。

続きを読む "やっとこさ。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.01

4月の読書録(☆)

 あれーこんな少なかったっけ、と、むしろびっくりするくらい少ない。そんな4月の読書録です。
 今更ですけど、いろいろ大変だったんだなあ…… と。感想もまったくと言っていいほど書けていないですし。ぐぷう。

 ちょうどゲームを(スパロボをだ)初めてしまったのもあるので、5月も滞るとは思うのですが。なんとかまあ、いつもの調子に戻していきたいものだと思います。

続きを読む "4月の読書録(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »