« ひとつにならない選択肢が、きっと必要な日も来るから。(☆) | トップページ | 会社鞄をリニューアル。(☆) »

2014.06.16

賞与は銀輪に化ける見込みです。(☆)

 でるといいなああ! ってところなので、取っていない狸のソレなんですけどね。
 夏の賞与で自転車を買うぞ。うんといいやつをだ。という意欲が沸いてきていて、そっちの本をあれこれ集めて、知識を求めたりイメージを鍛えたりしている、そんな昨今です。
 新潟レンタサイクル紀行とか、鎌倉(結果的にトレッキングになりましたが)とかが楽しかった(楽しそうだった含む)ので、体力のこともありますし、こっちの方面も追求してみたいなあ。と。

 ただまだ何もしておらず、していることと言えば本を読んでいるだけなのですが。
 スポーツサイクルというか実用車というか、ともかく「いい自転車」は、今まで日常生活の中で思っていた「自転車」、いわゆるママチャリとは、あまりにも違う、と言うか、はっきり別の乗り物なのだなあ、と。そんな事を今頃になってじわじわと理解しつつある次第です。
 中学高校、ついでに大学も半分くらいは自転車で通学していた身ではありますが。当時乗っていて、今でもイメージに持っているものが自転車だとしたら。今から買おうとしている、乗ろうとしているものは、言うなれば軽車両なんだ、道交法で言うところの軽車両なのだ、と、そこのところを覚悟しておかないといけない。

 はっきり言うと、免許を取って…… あれ、もうそうか。もう一年とちょっとになりますが、ここ一年くらいは全く乗ってはおらず。ペーパードライバーもいいところ。
 乗る必要がない、と言ってしまえばそれまでなんですが、乗りたい、と言う気も、正直に言って、あまり起こらないのですよね……。もともと車恐怖症の気はあって、免許を取りに行くのがだいぶん遅れたのは、それが原因でもあるのですが。教習所に通っているうちに、すっかり道路恐怖症になりました。
 道路は恐ろしい。道路に行きたくない。教習所を卒業したとき、思わず「これでもう車運転しなくていい」とか、実に頓馬な事を口走りましたけれども。いまにして思えば、本当にほっとしたのは、もう道路に出なくてもいい、ということだったんだろうと思っています。

 ともあれ、教習所では繰り返し繰り返し、自転車に注意しろ、特に左折のとき、と教え込まれました。「彼らは時速30kgくらいで平然と突っ込んでくる」と教官の先生に言われた時。ママチャリのイメージしかなかった自分は、真剣に話を聞いていたつもりで。多分どっかで、まさかそんなハハハ、みたいなイメージを持っていたのかも知れません。
 それにしたって、教習中、もっとも恐ろしいのは自転車でした。どこにでもいて、どこからでも出て来る「普通の」自転車は実に恐ろしく、ことのほか神経を使ったものです。
 しかし、実際に車に乗らないにしても。今度は色々な自転車の本を読んでいるうちに、それは全く不思議でもなんでもなく、普通に起こりえる事だ、と、なんとなく概略が掴めてきて。
 そして今度は、自分がその、平然と時速30kgくらいで突っ込んでくる方になろうとしている。そして突っ込まれる相手は、あのときの自分のように、自転車を神経質なくらい恐れているわけでは、たぶんない。

 自転車に乗る事で、車道恐怖症がよくなるのか、全く良くならないのか。事故でも起こして最悪化するのか。それはもう、乗ってみなければわからないことではありますが。
 自転車には乗りたい、けど車道には出たくない。そんな微妙に上下するテンションで、本をあれこれ読みあさる昨今です。
 

|

« ひとつにならない選択肢が、きっと必要な日も来るから。(☆) | トップページ | 会社鞄をリニューアル。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そんな散在さんにおすすめなのを2種。

ポイントは長距離走れるスペックがあるけれど、復路で「もうダメ」となった時に公共交通と併用できるという、輪行前提のチョイスです。

限りなくネタでもある本命。
何と畳めるロードバイク。
http://www.doppelganger.jp/product/825/

ひたすらコンパクトに畳める折りたたみ自転車
http://5links.jp/

ご参考までに。

投稿: 木下@id61 | 2014.06.17 00:02

 折り畳みいいですよね折り畳みいいですよね折り畳(※繰り返し)。

 電車乗って出掛けて、そこから先をもう一歩自転車で足を伸ばす、みたいなことも将来ぜひみたいので、大変興味があります。
 家の中の置き場所にも悩むので、いいなあ…… と思っているのですが。お値段が本格派なのが悩みどころでありますね。高い、と言うのもありますが、分に不相応じゃないか、と言うのがなんとも。

 まあ資金が出来てからの話なので、当面は予算枠を勝手に切って、悩んでいきたいと思います。ありがとうございますー。

投稿: sn@散財 | 2014.06.17 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/59827749

この記事へのトラックバック一覧です: 賞与は銀輪に化ける見込みです。(☆):

« ひとつにならない選択肢が、きっと必要な日も来るから。(☆) | トップページ | 会社鞄をリニューアル。(☆) »