« 6月の読書録。(☆) | トップページ | シュレーディンガーの父親殺しのパラドックス。(☆) »

2014.07.04

母のkindle。(☆☆)

 先週、都内に出たものの結局どこでも買えなかったkindle母のぶん。
 在庫がないってことは、ひょっとしてもうすぐバージョンアップなのかも…… と勘ぐりつつも、発注者の気が変わらんうちに、と、amazonさんに注文して届けて貰いました。
 そんなわけで、ぶじに到着。

 以前、自分のkindleを設定した際には、バッファローのルータと相性が悪いのかなんなのか。無線の設定をするのに四苦八苦したのですが。さすがバージョンアップ版、と言うべきか、こんど来たものは、拍子抜けするくらい簡単につながりました。身構えたのにな!
 母にamazonのアカウントを確認してもらいつつ、あっさりと接続に成功。別途買ってきたギフトカードで3000円分のアマゾン円(いま考えた)をつけて、準備はいよいよ完了です。
 カバーは頼んでいなかったのですが、母はなんか別の用途に使っていた自作の袋を持って来て、それに包んで入れておりました。サイズものすごいぎゅうぎゅうなんですが。出し入れ不便じゃないのかなアレ。

 と思いつつ、からっぽの電子書籍端末は、なかなかに空しいもので。いやそれそのものは面白いんですけども、まあ、普通の人からすれば本が入らないと面白くはありません。
 そんなわけで、さて何を買うか、と考え始めた母に。持っているけど読んでない本の電子版とかは面白いかも知らん、と、とりあえず「のぼうの城」の脚本版を進めてみたわけですが。ここで「江戸川乱歩はあるか」と、いきなり渋いチョイス。

 江戸川乱歩と横溝正史は、確かかなりの数が出ているはず。しかしなんで乱歩、と聞いてみたら、「むかし朗読のボランティアで一部だけ読んだ事があり、他の部分が気になっていた」と。ああ、なるほど。そのツテで昔の本なんかをいろいろあさると、口語訳とかのバージョン違いがいくつかあることが解ってりして。ほほうとかふーんとか言いつつ、チョイスの手伝い。
 最終的には電子本を3冊ほどお買い上げとなり、とりあえず終了に。購入ボタンをぽちった途端に、kindleに配信されるのを見て、ほほうとあごを捻っておりました。

 漫画読む人じゃないので、恐らくは容量がいっぱいになって困る事はないでしょうけども。まあ、新しい玩具を気に入ってくれるといいなあと、そう思った案配です。自分はたいへん気に入ってしまい、手持ちのkindleのバージョンアップを目論んでいる有様で。ミイラ取りがアレでソレなお話でもありました。

 ……もう少しで出るのかな、新型。わくわくわく。

|

« 6月の読書録。(☆) | トップページ | シュレーディンガーの父親殺しのパラドックス。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/59930928

この記事へのトラックバック一覧です: 母のkindle。(☆☆):

« 6月の読書録。(☆) | トップページ | シュレーディンガーの父親殺しのパラドックス。(☆) »