« 酔っぱらって帰って玄関を見た翌朝。 | トップページ | 天空と雪花。(☆) »

2014.10.18

青梅を上り青梅を下る。(☆☆)

2014101801

 田無タワー。

 自転車を入手してから、いろいろ立てた目標目的のうち。ひとつ大きなのが、「山手線圏内に自転車で行くこと」でした。うちからはまあだいたい、直線距離で30km弱くらい。往復で60kmも見ておけば、だいたいいところ。
 ここのところは旅行に行ったり天気が悪かったり(それも台風だ)、そもそも仕事で休めなかったりと。なかなか自転車に乗れない状況が続いていたのですが。ようやくのお休みでようやくの好天で、久々にリハビリがてら、と、出掛けてまいりました。
 

 自転車で安定して速度を出すには、サイクリングロードが一番いいのかなとは思いますが、幹線道路に乗れればうまいことスピードが出ます。走りやすいかどうかはまた別にして。
 そんなわけで、西武新宿線から一番近い新青梅街道に。よろよろと寄り道して、意外な一時休業のお知らせにショックを受けたり、自転車の乗り方についていろいろと勘が抜けていてまごまごしたりもしつつ。ともかくも新青梅に乗り、流れに乗って走り出します。

 幹線道路は速度は出ますが、まあともかくもおっかなくて疲れますな。回りの車がものすごく飛ばしてて、引っかかりでもしたら大事だなこれ、と言うのと、自転車が走るあたりは舗装がでこぼこしてたりして(そして速度を自分でコントロールできないので)、がっくんがっくんして非常に疲れると。そもそも路側帯とかもなく、歩道に避難するのが一番無難、みたいな状況もあり。
 有名な北原交差点を過ぎたあたりで、車線も減り車の速度も目に見えて落ち、ちょっと一安心。池袋線のほうに寄り道してみようかな、と一瞬思うものの、そのまま前進します。このルートは途中まで行った事があるので、ああこの新しい道路は東伏見らへん、おお環八超えたから井荻通過、などと、だいたいどの駅のあたりを通過したかで到達距離のあたりをつけつつ。基本的にはまっすぐ進んでいるだけなのですが、練馬、杉並、中野と、めまぐるしく区をまたぎながら前進していきます。それにしても杉並区に入った途端に急に道が綺麗になった気がするんですが、これがあれでしょうか。格差ってやつなんでしょうか。
 さてそんなこんなで二時間弱ほど直進しているうちに、ようようと駅が見えてきました。

2014101802

 目白駅です! アレ?
 ……いや、途中どこかで道を切り替えて、ちょっと南の高田馬場に出るつもりで走っていたんですが。調子良く走りすぎて、新青梅から抜けるタイミングがすっぽ抜けていたようです。
 目当ての駅とはちょっと違いますが、ともかく山手線の駅到達! 喜んで写真を撮って、さてどうしよう、と首を傾げます。山手線圏内に来ること自体が目的だったので、このあとどうするか、は考えてなかったのであります。なんという勢い任せ。
 ともかく、ここまで来たからには新宿には行っとかないと、と思い、競技会で盛り上がっている学習院大の横を通過。坂道をしゃーっと駆け下りてガードをくぐり、高田馬場へ向かいます。あーこれ電車からいつも見てる工事の現場だ! と思いつつ、いやこういうのが楽しいんですよ、高田馬場駅へ。

2014101803

 駅前はいつもと変わらぬ混雑と雑踏で、つまりはいつもの高田馬場駅なわけで。
 そこに自分のステータスだけが自転車状態で乗り込んでいる。なんとも不思議な感覚ではあります。それにしても自転車で移動していると、思ったより寄り道がしにくい、と言う事実にも気付きました。徒歩感覚と比べるのがそもそも無理な話なのですが、普段電車でしか寄りつかないところに行くと、そういう感覚は覚えますね-。

 駅前の坂道をひいこら上り、大久保のコリアンタウンを突っ切れば、ネイキッドロフトのあるあたり。新宿の北側です。
 新宿駅近くの靖国通りは、ふだん歩いていても自転車に乗ってる人が多い気がしますが、今日は自分がその一員です。今日もいっぱいいる見知らぬ自転車の人達と一緒に、バスを回避したり車にびくびくしたりしつつ、新宿五丁目東の交差点に。

2014101804

 ワイズロード新宿店さんを冷やかしつつ、新宿三丁目駅の直上で、ちょっと休憩。どうもこのへんは、自転車乗りの人の喫煙ポイントらしく、回りに自転車に乗ってる人が始終だれかしらいるので、馴染みのない場所としてはちょっと心強いのです。おにぎりにありついている間も、自転車に乗った人達が入れ替わり立ち替わりやってきて、固定場所を探しておりました。

 この新宿五丁目のすぐ近く、丸井のあたりが新宿追分。甲州街道と青梅街道の分岐点です。
 そもそも昔からの新宿の中心地は、いまの新宿三丁目のあたりだったのですが、新宿駅建設の際に、煤煙を避けるために(もちろん蒸気機関車の時代です)、新宿の中心から外れたあたりに駅が造られることになりました。その後、新宿駅の周囲が反映して新宿の中心地となるようになり、やや外れとなってしまった新宿三丁目でしたが、副都心線の開業によりふたたび交通の結節点として活気づいている、と言うのは、深東京コネクションの受け売りとして。
 
 かつては新宿追分、現在は新宿大ガード西交差点が、青梅街道、新じゃないほうの青梅街道の起点です。
 というわけで、帰り道は青梅街道を下って、寄り道をしながら帰ることに。

 そも、多摩のほうから山手線圏内に入るときには、行きはおおむね下りで、帰りはおおむね上り、と言うのを前に教えてもらったんですが、なるほど理にかなった話で。ひいこら言いつつギアを落としつつ坂を上り、丸の内線の真上を走って行きます。
 途中で頃合いを見計らって、北に曲がって高円寺駅方面へ。時間が若干遅くなっちゃいましたが、本日のもう一つの目的地・ACBDさんを訪れるため。ACBDさんを自転車で訪れるのはこれで二度目で、一回目は開店時間前に辿り着いて帰ってくると言う下見重視行動だったので。ようやく普通に訪れる事ができた案配です。

 グルートー! ロケット-! とアメコミ成分にありつきつつも。暗くなる前に帰る必要もあり、小一時間ほど足を休ませて頂いてから、いそいそと退出。
 さて、ちょっと考えどころなのはこのへんで。ACBDさんに自転車で通うにあたり、高円寺から三鷹のあたりまでで、気楽に走れるルートを確立しておきたいなあ、と思いつつ。川沿いを行ってみたり、大通りに出てみたりと、しばらくうろうろ。川に沿って行ってみた善福寺池は、なるほど綺麗な風景でありました。

2014101805

 ふらふらが過ぎて、すっかり薄暗くなってきてしまったので、いそぎとにかく西の方へ。
 ちょっと落ち着いて現在位置を検索したら、想定してた帰りルートに近いところまで来ていたので。ライトをけて、そこからは急いで帰った次第でした。

 そんなこんなでありまして。思いのほか早く念願がかなった次第でありました。距離は想定よりちょっと短く、55km弱ほど。天気がいいって素晴らしい。
 天気が良くて星が綺麗そうだったので。余裕があったらダムのほうにも行こうと思ったんですが、そこまでの元気はありませんでした。ということで。
 久々に自転車に乗られて楽しかった、肌寒い秋の日でありました。
 
 

|

« 酔っぱらって帰って玄関を見た翌朝。 | トップページ | 天空と雪花。(☆) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/60507975

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅を上り青梅を下る。(☆☆):

« 酔っぱらって帰って玄関を見た翌朝。 | トップページ | 天空と雪花。(☆) »