« 3/28、アメコミ×アナログゲームイベント in ACBD(☆) | トップページ | 【ロボットイベントレポート】第10回ROBO-ONE Light観戦記【結果速報】 »

2015.03.07

右も左もじてんしゃまつり、埼玉サイクルエキスポ2015。(☆☆☆)

2015030901

リンク: SAITAMA CYCLE EXPO 2015(埼玉サイクルエキスポ2015).

 晴れたら自転車で行くつもりだったんですが、土曜は生憎の雨模様。
 そんなわけで、ひさびさに大宮を回って行ってきたのはさいたまスーパーアリーナ。考えてみると中入るの初めてのような気がしますが、土日はここで、埼玉サイクルエキスポが行われていたのでした。

 あまり詳しく前情報を調べたわけではなく、自転車漫画の作者さんのコメントで見かけて、おおそんなものがあるのか、と言う気になって出掛けてきた、こちらのイベント。いろいろ予想以上のすごいイベントでありました。
 基本的なしくみは、他のいろんなこういう展示会と同じよな感じで。さいたまスーパーアリーナの中の一部を使ってブースが出展しており、あるいは自転車メーカー、あるいはサイクルショップ、または交通ルールを指導する埼玉県警に、サイクリングコースの宣伝を行っている、近くは地元埼玉県から、遠くは新幹線の開通も間近い能登半島まで。さまざまなブースが商品やサービスの発表、即売を行っている、と言う案配。
 もちろん大小さまざまなステージがあり、そこでは入れ替わりに、交通ルールや健康に関するトークショー、あるいはミニライブなどが行われている、と言う案配。そんなわけで、中を行く来場者の姿が、ウェアだったりヘルメットしてたりしても、決しておかしくはないのです。

 そこまではおかしくはないのですが、自転車を押して会場の中を行き来している人がいっぱいおります。え? と思いましたが、これは試乗。このサイクルエキスポでもっとも印象的だったのは、この「試乗」と言うシステム。メーカー販売店問わず、どのブースにも必ず「試乗可」と書かれた自転車が置いてあり、来場者は(受付で身分を証明して、パスを貰ったりすれば)どの自転車でも自由に試乗することができる、と言うわけです。会場の中には試乗コースがあり、果ては時間を決めて集合し、さいたま市周辺を10kmくらい走ってくるミニサイクリングイベントがあったりと、機動力抜群。
 その自転車と言うのが、またバリエーション豊かで。TREKみたいなメーカーの最新モデルがあったと思えば、チタンネジを使ったと言う特注品があったりする。フルカーボン超高級車が! とか思っていると、ドロンボーを地で行く三人乗りとか、ホイールに足を乗せる台だけがついてる、なんていうかもう自転車じゃないものまで、もうよりどりみどり。
 ブロンプトンはちょっと乗ってみたかったんですが、思い切れなかったので試乗はしませんでした。後悔。

2015030902

 で、会場に入る前にいきなり見つけた、かっこいい折り畳み自転車。nanooって言うらしいです。
 折り畳み自転車は他にもいくつもありましたが、どれも可変機構にこだわりがあって、見ていて面白いですね……。中にはどこがどう変形すれば自転車形態になるのか、どれだけ首をひねっても解らなかったものもありましたが。可変MSを作るのは大変なんだな、とよくわかります(そうじゃない)。

2015030903

 会場の外ではこんなことも。自転車人気投票です。いいね!の数やゲストのチョイスで賞が決まるみたいです。どの自転車もデザインのきれいなことと言ったらなく、会場に入る機会を失いそうなので適当なところで切り上げてこう。

2015030904

 真ん中辺りで、グッドスマイルカンパニーのブースを発見。
 自転車コミック「ろんぐらいだぁす!」のロードバイク…… モチーフなのか作中に登場する自転車なのかは解りませんでしたが……。
 隣には初音ミクモデルのロードバイクもありました。そして初音ミクマスクの人もお見かけしました。あとで知ったんですが、斯界では有名な超人(出色のパフォーマンスと出色の脚力の持ち主)らしいです。世界は広い。そんな人がふつうにぽくぽくしてる会場なわけです。

2015030905

 これだけいろいろなものがあると、相応に変わったものもあります。
 これは竹で出来たバンブーフレーム。……軽い、の…… かな?

2015030906

 これは写真だと解りにくいんですが、夜間にホイールが光る、と言う仕組み。
 ちょうどブレーキみたいな感じで、前輪と後輪を挟み込むように発光部を設置し、さらにホイールに蓄光素材のテープを貼る事で、ホイールのテープに絶えず光が当てられ続け、結果、夜間に自転車が光って見える、と言うもの。
 「ふたつ車輪がある」と言う事で、自転車だ、と言う事が遠くからでも解りやすくなるほか、信号待ちなどで止まっている間でも、ある程度なら光量を維持してくれる、と言う、これは魅力的なアイテム。
 まだ開発中なんだそうですけど、商品化が楽しみです。予価も聞いて見たんですが、充分手が出るお値段。これちょっと発売されたら手を出してみたいですね。

 会場でびっくりしたのは、呉工業のブースがあったこと。呉5-56(のCM)で有名な、あの呉工業です。
 えっ、これってあの呉工業かな、みたいな顔をしていたら、ブースの方にまんまとつかまって、色々とお話を伺ってきました。呉工業ではわりと最近、自転車メンテナンス用のオイルやクリーナーの販売を始めた、と言うお話。業界では後発になるので、そのぶん品質には磨きをかけている、とのこと。オイルやパーツクリーナーはそろそろあったほうがいいかも、と思っていたところで、耳よりなお話でありました。取り扱い店がまだそんなに多くないのが苦しいところ、と言っていましたが、ワイズロードさんの新宿まで行けば手に入る様子。こんどはこれを試してみなくては。

 まあ全体がそんな感じで。あっちに目移りし、こっちによそ見して。素人目ながら、存分に楽しんできたサイクルエキスポでありました。
 次回は自転車で行くぞ、むしろ試乗をきちんとするぞ、と、心に誓いつつ。
 

|

« 3/28、アメコミ×アナログゲームイベント in ACBD(☆) | トップページ | 【ロボットイベントレポート】第10回ROBO-ONE Light観戦記【結果速報】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/61257182

この記事へのトラックバック一覧です: 右も左もじてんしゃまつり、埼玉サイクルエキスポ2015。(☆☆☆):

« 3/28、アメコミ×アナログゲームイベント in ACBD(☆) | トップページ | 【ロボットイベントレポート】第10回ROBO-ONE Light観戦記【結果速報】 »