« 記録が記録を覆すとき:殷 - 中国史最古の王朝(☆☆☆) | トップページ | 【ロボットイベントレポート】ロボットサッカー・フロンターレカップ観戦記 »

2015.05.05

ゲームマーケットを覗いてきたり。(☆)

リンク: 『ゲームマーケット』公式サイト | 国内最大規模のアナログゲーム・ テーブルゲーム イベント.

2015050501

 買っちゃったり。

2015050502

 飲んじゃったり。

 5日は有明ビッグサイトでなんだかもういろんなイベントが同時多発したらしくて、午後一に辿り着いたはずなのに「帰る人の列」がすごいことになっていたわけですが。
 それはともかく。天気もいいし足も痛くないし、ということで。前々から興味のあったアナログゲームイベント、ゲームマーケットを覗いてきました。

 ついでにコミティアも覗いてこようと当初思っていたんですが、ゲームマーケットをうろうろして、これやばいやつだ、と思い、そっちは見合わせる事に。つまり楽しかった上に、うっかりいろいろ買っちゃいそうだったのですよ。ていうか買っちゃったのですよ。予算オーバーどころじゃない。どうすんだみたいな。

 そんなわけでゲームマーケット。ビッグサイトの西ホールのはんぶんくらいを使っての即売会イベントで、机が並んで頒布物があって、と言う見慣れた光景なんですが、ひとつ違っているのは、(ボードゲーム系やアナログゲーム系の)かなりのサークルに、ブースとは別に、試遊台としてテーブルがあること。そこに出展者の人が張り付いて、売り物やテスト出品しているゲームをテストプレイさせてくれるわけですね。なにそれ楽しそう。
 当初一人で行っていたもので、なんだかこう気後れしてしまい結局テストプレイにはなにひとつ参加していなかったのですが。後になってこう。度胸降りだして、あれこれやっておけばよかったなあ、ぐぬう、と後悔しきり。次に行ったときにはがっつり楽しみたいものです。

 アナログゲームは時々行う程度(そして超弱い)ので、そこまで愛好家かと言われると、てへへすいません、な感じなのですが。皆さんが出展しているゲームは満ち満ちたセンスでいっぱいで、どれもこれも面白そうなものばかり。まず題材の選び方がすごい。シュレッダーは社内に一つだけとか、タイトルを見た瞬間におおおうとかなります。
 さらに頒布物そのものの出来がすごい綺麗。そもそも絵が綺麗だったり、デザインの削ぎ落としたセンスがものすごい格好良かったり。印刷とか仕上げもきりっとしていて、どこまでが企業の作ったもので、個人とかサークルが作ったものなのか、ちょっと見には判別がつきかねるくらい。

 そういう光景を見ていると、あとからあとから欲しくなるわけですが、一つ一つはやっぱり出来が良いだけのお値段がするわけでして。うっかり欲しくなってしまうと、いやもう悩む悩む。
 そんなわけで、最初は何も買わないで帰ろうと思っていたんですが、気がついたら二丁ほど買ってしまっていまいた。

 最初に上げたのがそのうちの一つ、ブラックストーリーズ ファニーデス。知らないで買ったんですが、グループSNEだったんですねこれ。
 入っているのは50枚のカード。表に書かれているのは、その事件の結果やあらまし。そして裏に書いてあるのは、いったいどうしてそんなことになったのか、と言う事件の真相。プレイヤーのうち一人が親となり、他のプレイヤーが親に質問をすることで、事件の「真相」を獲得していく、と言う、そういうゲーム。ウミガメのスープ方式というか、スローンとマクヘールというか、そういう感じですね。
 ファニーデスはそのうち最新作で、題材になっている事件がすべて「実際に起こった事件」という、実話系なアオリにひかれてうっかり購入。これはぜひ試してみたいところ。

 もうひとつ、うっかり買っちゃったのがこれ。

2015050503

 男前動物園
 こちらのサークルさん大きなノボリが立ってたんですけど、なんかその、キン肉バスターをですね。かけられてたんですよ。エビが。というか、エビっぽいなにかが。え。なにこれ。と思いつつ表に回ったら、カードが見られる状態で展示されていたんですが、見た瞬間になんかもうだめでしたこれ。買わないで済ます理由をいろいろ脳内でこねくり回したんですが、これ買わないで帰ったら絶対後悔する、あとからamazonで探しちゃうやつだ、と思い立ち、がつっと譲っていただきました。
 ブースで説明を伺った限りの知識ですが、ゲームの形式としてはすごろくというかミルボーンみたいな感じで、動物園に取り残された子供達を助けるために、プレイヤーそれぞれが手札の距離カードを使って進んでいく、それを妨害するのが超人レスラーもとい男前動物カードで、同じ男前動物カードは障害を排除するのにも使える。そんなわけで、男前どうぶつvs男前どうぶつの熱い戦いを繰り広げつつ、動物園はいま野生のバトルロイヤルと化したりする、そんなゲームのようです。大丈夫なのかな。解ってるのかな僕。
 とにかくカードのイラストとキャプションで、がっつりなにもかも持って行かれた感があるので。ぜひこれはやらないにしても見せびらかしたいです。いい感じに酔っぱらった時にやってみたい。

 boketeがなんかカードゲームになってる!? とか、いろいろ引っかかりながら会場を一周。
 コミティアを見に来ていた烏羽さんと合流し、もう一周。お手伝い中のtottokoさんのところにご挨拶したり、なぜか台湾の神様についてあれこれブースのお伺いしたりしながら、あれこれ遊山。

 あんまり長居すると買い物してしまう、と言う危機感を抱いて、早めに会場から撤収。せっかくだし暑いし、ということで。お台場のオクトーバーフェストでビールにありついて(そしてそのあともちろん飲みに行って)という。
 行楽日和道楽日和な、こどもの日の出来事でありました。

 おまけ。

2015050504

 ポスターの重ね張りが起こした奇跡。
 大規模災害時はオクトーバーフェストです。

|

« 記録が記録を覆すとき:殷 - 中国史最古の王朝(☆☆☆) | トップページ | 【ロボットイベントレポート】ロボットサッカー・フロンターレカップ観戦記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/61546297

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームマーケットを覗いてきたり。(☆):

« 記録が記録を覆すとき:殷 - 中国史最古の王朝(☆☆☆) | トップページ | 【ロボットイベントレポート】ロボットサッカー・フロンターレカップ観戦記 »