« 【ロボットイベントレポート】Robot Japan 10th観戦記【入場編】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】Robot Japan 10th観戦記【バンタム級一回戦~準決勝】 »

2015.09.08

【ロボットイベントレポート】Robot Japan 10th観戦記【フライ級一回戦~準決勝】

 さあ、まずはフライ級から。
 選手の呼び込みが行われてますけど…… これはどうでしょう。いきなり来ていない感じでしょうか。いや大丈夫そうだ。さあ、大会開始です。

一回戦第1試合
スクルージ vs FUGAKU

 さて第一試合、緒戦は黒いフレームのオリジナル機スクルージと、ファイティングポーズの構えも凛々しいロボゼロ改造機・フガクの対決からスタートです。
 フガクが構えのまま回り込んでいく、スクルージの横にまわりこみつつ、脇につけた、体当たりになった恰好、スクルージが転倒する。両腕を弾きながら近付くスクルージ、しかし腕を振り上げた瞬間にフガクがカウンター、1-0に。
 さあ再開。スクルージ、横歩きで徐々に詰めていく。フガクが両腕突き、これはちょっとずれたか。続いていった、入った、腰に両腕突きを突き込み、2ダウンを奪う、2-0。
 さあ立ちあがったスクルージ、フガクが微妙に腰を落とした恰好で近付いていく、大きく踏み込む突き、弾き返した、スクルージがダウンを奪い返す、2-1になった。
 再開、フガクの突き、ちょっと浅かった、突き上げるスクルージに対し踏み込んでいくフガク。スリップした、スクルージが自分の距離を狙う。
 お、入った、真横から、スクルージの打ち上げを躱して打ち込む、3-1。これでフガクの勝利となりました!

一回戦第2試合
ヒスイ vs Mr.フリーズ

 続いての登場は、うずまきスピードスターヒスイと、頭にカバーを被ったKHR、ミスターフリーズの対決です。思わぬところでバットマンネタですね。
 さあ開始、徐々に下がるフリーズ。ヒスイが走りながら、距離をつかず離れずに持っていく。横から駆け寄るヒスイ、一撃して すぐに離れる。ヒットアンドアウェイのヒスイ、真横についた、突きを打ち込むが、うまく崩せなかった。ヒスイがスリップ。
 スリップしたフリーズ、片腕をつきながらも立ちあがる。ヒスイ、思ったほど走っていないか。やや遠い距離、これは入った、ヒスイのひねり気味に打ち上げた攻撃が、フリーズの腕を持ち上げて崩す、1-0に。
 さあ、慎重な攻めの両者ですが、おお、これは大きい、ヒスイが大きく足を開いてかかと落とし。フリーズの繰り出すモーションのオリジナルさに解説が飛ぶ。
 起き上がる両者、リング脇ぎりぎりでの打ち合い、絡まって転んだような恰好。両者倒れるが、スリップに。
 残り30秒になった、ヒスイ有利のカウントのまま。踏み込んで打ち込むヒスイ、しかしちょっと浅いか。2、3発繰り出したところで時間切れ。
 1-0、ヒスイの勝利となりました。

一回戦第3試合
流血仮面 vs 優磨ロボ

 さて、やってきました。皆様お待ちかね、流血仮面の登場です。
 なぜか逆コーナーから、ゆっくり、ゆっくりとと歩を運び、余裕たっぷりの登場のミステル・タマオ相当、なぜかリング脇を睥睨しています。いろいろありつつ流血仮面、リングに登場、あれ、いきなりコントローラを離した。腕を広げて人機そろってレインメーカーポーズ。そのあとようやく試合開始です。
 リング中央にやってきた流血仮面、キック合戦だ、スリップ、しかし流血仮面はガッツポーズで喜んでいる。何を。喜ぶ流血仮面に背後から蹴りを打ち込む優磨ロボ、効いていないぜのアピールのあと、水平チョップ、しかし自分が倒れてしまう流血仮面。
 蹴りのぶつけ合い、優磨ロボ、スリップするが素早く起き上がる。流血仮面が、あれこれレフェリーに攻撃の構え、これは、ぶつかりあい、優磨ロボが蹴り合いでダウン。
 復帰して、腰を振る流血仮面に横突きを打ち込む優磨ロボ。そのまま崩れた流血仮面、1-1になった。
 あ、倒れた流血仮面、起き上がるのを嫌がっている、拍手を会場に求めて、テンカウントぎりぎりまで粘って、さあそのあと起き上がる、あれ、しかし仲間割れ。流血仮面がミステルタマオに抗議している間に、優磨ロボが背後から崩した、2-1に。
 苦しそうに震えつつ、ぶるぶる震えつつ、起き上がれるか、踏ん張る流血仮面、四つん這いから、起き上がれなかった。これでテンカウント、試合終了となりました。

 マイクを渡されたタマオ総統、粘ったあと「特にありません」と一言。最後は握手を求めておいて自ら払いのけ、今回はしっぽまで悪役アピールで終了となりました。

一回戦第4試合
イレイザー vs RE2

 さて気を取り直して、ふたたび普通の試合です。イレイザーとRE2の対決。長い腕を持つ軽快機イレイザーと、半分市販機半分オリジナルと言う珍しい構成のRE2の対決。
 構造に言及が入るうち、競り合いに、ちょっと不安定ながらも起き上がったRE2の腕が弾かれる、イレイザーがダウンを奪い、1-0。
 中央での打ち合い、弾かれてゆっくりと倒れたRE2、これで2-0。
 徐々に近付くイレイザー、一撃してすぐに下がる構え。これは、RE2がうまくカウンターを入れに入ったが、素早くイレイザーが下がって躱した、左右に距離を計りつつの打ち合い、これはイレイザーが読み勝った、
 3-0。イレイザーが攻めきり、勝利となりました。

 さてこのあとは、一回戦後半。勝者とシード選手の対決です。

一回戦第5試合
ゼムネス vs FUGAKU

 これは珍しいロボゼロ対ロボゼロ、ロボゼロ同士の対決。ゼムネスはお子さんが操縦です。
 中央に立つゼムネス、向きを整えるフガクの両腕突きに対し、かかと落としを繰り出すゼムネス。下がっていくゼムネス、フガクが倒れ込みつつ、突き込んだ。これで崩した、1-0になる。
 再開、フガクが距離を計りつつファイティングポーズ、ゼムネスがかかと多しで牽制する。突き、躱した、ぎりぎりのところに打ち返す、これは浅かった、睨み合い、パンチで牽制しあう両者、ゼムネスが下がった、フガクの両腕突き、まだちょっと遠いか、両者スリップ。
 復帰、やや遠い、徐々に詰めていく、ゼムネスが一気に詰めた。両腕を広げて投げの構え、これは躱された、フガクが掴ませない、踵落としがぐうっと伸びる。スリップしつつも軽快に起き上がるフガク、突き、これは、ゼムネスが組み付いて崩したが、これは有効にならない。スリップ、レフェリーが試合を止めて分ける。
 さあ再開、おお、いきなり掴みに言ったゼムネス、これはさすがに掴みきれなかった、フガクが腰に突き込む、打ち合いになった、フガクのストレート、いなされた恰好で崩れるが、これはスリップ。
 後ろを取ったゼムネス、フガクが屈んで躱している。あれ、そのままリング脇まで行ってしまったフガク、しかしここで時間切れになった。
 最後は一回絡んだ所を分け、勢い余ってゼムネスの目が取れたところで時間切れ。
 1-0、フガクの勝利となりました。

一回戦第6試合
ヒスイ vs バンボー・カスタム

 さあこれはいいカード、スピードスター・ヒスイと、Lightのバトル職人バンボー・カスタムがリングに登場です。ヒスイは先程の試合ではいまいち動きがよくなかった感じですが、今度はどうでしょう。
 さあ開始、パンチを繰り出しつつ牽制するバンボー、ヒスイが旋回しつつ寄っていく、後ろに回り込もうとする、バンボーも迎撃、これは押されて下がった恰好。ヒスイの逆襲ですが、スリップしていた。
 パンチの打ち合い、両腕パンチを正面に繰り出すバンボーに対しヒスイが打ち込む、これは両者スリップ。ヒスイが回り込みにかかる、両者スリップ。ほぼ足下まで腕先を下げるような構えを取ってから、一気にアッパーで打ち上げるバンボー、これでダウンを奪う、1-0。
 しかし打ち合い、コーナーぎりぎりに追い詰めて、攻撃が崩され、これで1-1になる。
 ヒスイが駆け寄りつつ詰めていく、バンボーは待ちかまえて迎撃に入る構えだが、徐々にリング脇まで追い詰められていく、コーナーぎりぎりに追われたバンボー、これは、裏に回り込みかけたヒスイが崩された、これで2-1。
 弾いていくが、ちょっと浅いか、ヒスイが大きく走って回り込む。つかず離れずの恰好のヒスイ、これはうまく挟み込んで、腕を突き込んで崩した、2-2に。
 再開、これは決まった、最後はヒスイが追い込みにかかったところをコーナーからのカウンター、うまく弾いて3ダウンに。
 3-2、接戦を制してバンボーの勝利となりました!

一回戦第7試合
ボルテック vs 優磨ロボ

 続いては、SRDCチームのボルテックが登場。優磨チームがロボを取りに走ります。これはKHR対決ですね。試合開始。
 まずはボルテックが中央に、優磨ロボがのしのしと詰めていく。追い詰めていった、旋回しつつ機会を伺う優磨ロボ、横突き、やや距離を開いた。睨み合いになる両者、優磨ロボが機体を左右に振りつつ、回り込んだ、後ろ、両腕パンチ、遅れて倒れるボルテック、これはまだダウンにならない。
 背後を取った優磨ロボ、ボルテックが離れようとするところに突き込み、これで1ダウン。1-0。
 さあ再開、横歩きで大きく回り込む優磨ロボ、止まった、あれ、両腕パンチ、これは、ボルテックの両腕パンチを打ち返した優磨ロボ、これは両者スリップに。大きく回り込む優磨ロボ、突っ込んだボルテック、両腕パンチ、離れた両者も再び大きく牽制していく、近い、ボルテックが打つ、離れた。優磨ロボに一気に駆け寄る、両者同時に攻撃、これはスリップに。両者スリップ。
 再開、後ろから打ち込んだ、これは上手い、ボルテックがダウンを奪われる、2-0。復帰中にリングから転落するボルテック、しかしこれはダウン中のため加算とはならず、1ダウンだけ。2-0のまま。
 再開時点で、残りは10秒。そのまま睨み合いつつ試合終了。2-0、優磨ロボの勝利となりました。

 ええと、ちょっと変形トーナメントな感じですね。
 このあとは準決勝戦。フガクvsバンボーカスタム、そして優磨ロボvsイレイザーとなるようです。

準決勝第1試合
FUGAKU vs バンボー・カスタム

 さあ、両者の目が青く輝く。フガクとバンボーの対決です。
 開始、まずはフガクが寄っていく、やや横に躱した、バンボーと近付いた、バンボーの突き、フガクが凌ぐ、しかし連撃、フガクの背中辺りを持ち上げた恰好、これで1ダウンに。1-0。
 再開、復帰して立っていたフガクに、腕を添えてひっくり返すバンボー、ダウン。2-0。
 最後はフガクの動作の起こりにバンボーが横突きを重ねて打ちこみ、軽く吹き飛ばして3ダウン!
 猛攻と重量差でフガクを押し切り、バンボーの勝利となりました!

 選手インタビューで、フガクの操縦システムに言及が。タブレットとゲームコントローラーを組み合わせたシステムの紹介が行われておりました。

準決勝第2試合
優磨ロボ vs イレイザー

 さあ続いては、こちらもかなりな重量差対決。優磨ロボとイレイザーの勝負です。
 開始、のしのしと中央に優磨ロボ、イレイザーも持っていった、イレイザーを中心に円を描く優磨ロボ、押した、しかし崩しきれない。優磨ロボがスリップした恰好。
 再開、イレイザーの背後に回り込みかける優磨ロボ、イレイザーの横突きを躱す、やや離れたか。イレイザーも攻めていけない、下がる、打ち込んだ、優磨ロボが下がって躱す、イレイザーの踏み込み突きをかわしていく優磨ロボ、スリップした、ちょっと調子がよくないか、うつ伏せに倒れてしまう。
 あっとタイムだ、タイムを申請し、1-0に。優磨ロボ不利になった。バッテリのようdす。電池を交換している様子。あれ、立ちあがったが、別の場所の調子が良くないようだ、足のネジが抜けているのではないかとの声が。しかしここでタイム終了、試合再開。
 優磨ロボが左右に機体を振りつつ間合いを伺う、イレイザーの一撃、かわす、バランスを崩しそうになりつつも、絶妙に踏みとどまる優磨ロボ。両腕突きを繰り出しつつ、接近、イレイザーがスリップ。
 残り1分、横突きを打ち込み、離れるイレイザー、優磨ロボが近付いていく、打ち合いになった、横突き合戦からやや離れて、一機に踏み込む、うしろから両腕突き、これは崩しきれなかった。逆にイレイザーが背中から引っかけて倒し、これで2ダウン。2-0に。
 イレイザーが踏み込める距離を保つ、優磨ロボがのしかかった、これは倒せない、レフェリーが分けて、再開。近付いていったところで、ここで時間切れ。
 2-0、この試合はイレイザーの勝利となりました。

 さて、残すは三位決定戦と決勝戦ですが、それは午後に。
 このあとは続いて、バンタム級となります。

|

« 【ロボットイベントレポート】Robot Japan 10th観戦記【入場編】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】Robot Japan 10th観戦記【バンタム級一回戦~準決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/62244414

この記事へのトラックバック一覧です: 【ロボットイベントレポート】Robot Japan 10th観戦記【フライ級一回戦~準決勝】:

« 【ロボットイベントレポート】Robot Japan 10th観戦記【入場編】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】Robot Japan 10th観戦記【バンタム級一回戦~準決勝】 »