« 【ロボットイベントレポート】第十回ニソコンmini観戦記【バトル】 | トップページ | 積立と逆積立。(☆) »

2015.11.22

デザインフェスタを覗いてきました。ゲームマーケットも覗いてきました。(☆)

リンク: アートイベント デザインフェスタ | Art Event Design Festa.

2015112201

 もはや日記の前後も適当ですが、きのうはデザインフェスタを……

(そのままでしばらくお待ちください)

 大変失礼致しました。
 もはや日記の前後も適当ですが、きのうはデザインフェスタを覗いてきましたよ。

 展示会や発表会はそれはいっぱいありますが、フリースタイルというかなんでもあり具合では群を抜いているデザインフェスタ。前から人気なのは知ってましたけど、今日の人出は予想をはるかに超えておりました。
 ぐずぐずしていて会場に入ったのは一時過ぎ、しかも二日開催の二日目なわけで、つまりそろそろ人出が落ち着く頃合いのはずなんですが。そんな様子はまったくなく。
 まあたぶん一番混んでるところから入っちゃったからなんですけども、雑踏というか、どこがブースでどこが通路なのかよくわからない状況下。会場に入って5分もしないうち、もはや混雑でぐったりしておりました。

 それだけ混雑しているのに、右も左も皆さんの展示は、どこもかしこも足を止めて覗き込みたくなるようなものばかり。まあ実際そのせいで混み合ってるわけなんですが。こちらには本物かレプリカか動物の骨格標本が、あちらには繊細な、としか表現しようのない水彩画があり、と、これでもかとばかり洪水のような、意味がぎっしりつまった濃い空間。酔います。これは酔う。

 人の混雑と意味の混雑に、入るなり力負けの状況でしたが、気を取り直して、斜め見をしつつご挨拶。なにか買い出すときりがないから、と自制するつもりだったものの、見かけたカレンダーにあっさり負けました。鎌倉切り絵版画カレンダー、これは綺麗。母のところにお土産に持っていきます。

 さて寄り道に脱線を重ねつつ、会場を半周ほどしてご挨拶回りを開始。最初は流血仮面ブースから。

2015112202

 繰り返しますがあまりの人出に、上の階に上るのは断念しつつ。クラフトマンさんやねじあさんさんの所に、ちょっとだけご挨拶しつつ、ぐるりと会場を一周しておりました。
 それにしてもいろいろな展示があるわけなんですが、自分でもちょっと意外だったのが、革製品を見かけると思わず立ち止まっていたこと。あんまり興味があると自分自身思っていなかったのですが、気がつくと寄っていって見てる、と言う感じで、なんかちょっと我ながら意外でありました。
 もうお土産以外は何も買わないぞ、と言う決意と、ちょっとした小物くらいならいいか、と言う妥協の産物で、買ってきたのがこちら。

2015112203

 ケーブルストッパー。あらかわいい。
 家でも会社でもいろいろな用途に使えそうだったので、2,3個買ってきてしまいました。
 このほか、本革にハリスツイードの小さなバッグを見つけて、これはと思ったら自転車のサドルバッグと解り、ええええと言う気分に。持ち合わせがあったら即死でした。あぶない。(でもいま検索して調べてる)

 さてそんなかんじで、デザインフェスタを一回りしたら。もういいんじゃないかなこれって言う気分に若干なりかけてしまったんですが。衰えた気力を鞭打ってもうひとがんばり。同じ会場でやっているゲームマーケットも覗いてきました。
 カードゲームにボードゲーム、オリジナル作品から輸入ものまで一同に並び試遊もできる。アナログゲームの展示会です。
 先程のデザインフェスタとは、さすがに空気感はだいぶ異なりますが。磨いて削ぎ落としたアイデアが、実物としてそこに存在する、と言う力強さは共通するもの。入口でいきなりガルさんと偶然遭遇したりしつつ、ぐるりと一周していきます。
 こちらも朝早くから並んでいる人も多いと聞きましたが、なるほど売り切れ品やもう閉まっているブースもちらほらと。試遊には整理券が必要なところもあり、それがしかもTRPGのブースがあるって聞いたので、そのへんが人気だったのかも知れませんね。
 うむよししかし、ちょっと一回りするだけのつもりだったので、もう買い物はしないぞ。

2015112204

 ……しないぞ?(ちいさいこえで)
 冒険企画局さんの新作となる、一人用ボードゲームと言うかカードゲーム。一人用? と首をかしげるかも知れませんが、一人用のゲームは分野としてきちんと存在するみたいで、以前にも冒険企画局からはシェフィと言う一人用ゲームが出ています。
 さてこちらの作品はといえば。修学旅行中、海難に遭い無人島に漂着した主人公が、周辺の未知や襲いかかる困難に立ち向かい。一日も長く生き延びて、海賊船を分捕って脱出を計ると言う、なんていうか最後なんでそんなにマッチョなんですか。救助待つとかじゃないんですかそこ。
 とまあ、可愛らしい女の子が逆境から海賊王女に成り上がるゲームです。たぶん。これは場所さえあればどこでもできるやつなので、ちょぼちょぼやってみよう。

 ゲームマーケットに行くのは、まあゲームが好きだからなんですが。デザフェスに行くのは、一言で言うと打ちのめされるためであります。
 そこにあるのは、ほぼほぼ自分の解釈の外にある世界。自分の安全地帯の外側には、こんなにも色とりどりで黒の深い、鮮やかな世界が作り出されている。才能というのか努力なのか、ともかくもそこにいる人達は、作品とそれをくるむ世界を作り出す実力をもってそこにいる。行っても行っても終わらない意味の世界。
 刺激を受ける、とか言う、コントロールされた綺麗な話じゃない。寸止めで終わらず、顔と言わず腹と言わず容赦無くボッコボコにされる意味の打撃の大洪水。

 ともかくまあ、知らないところに行くと面白いし、知らないところに行くと恥じ入るし、知らないところに行くと、自分もなんかしなくちゃいけない、って気分になれる、って、軽くまとめるとそういう意味で。デザフェスにゲームマーケットに、おもしろうございました、って言うお話でありました。

 ……欲しいな改めて。革のサドルバッグ……。

|

« 【ロボットイベントレポート】第十回ニソコンmini観戦記【バトル】 | トップページ | 積立と逆積立。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/62734308

この記事へのトラックバック一覧です: デザインフェスタを覗いてきました。ゲームマーケットも覗いてきました。(☆):

« 【ロボットイベントレポート】第十回ニソコンmini観戦記【バトル】 | トップページ | 積立と逆積立。(☆) »