« 正月圧縮66%。(☆) | トップページ | 西新宿を見下ろして。(☆) »

2016.01.03

フォースの覚醒、悪の主人公なきあとの物語(☆☆☆☆)

リンク: スター・ウォーズ/フォースの覚醒|映画|スター・ウォーズ|STAR WARS|.

2016010301

 世間的には若干おくればせながらと言う気はしますが、見てきましたよスターウォーズ。
 とりあえずパンフレット買う派の人には、パンフレット読むのは映画本編見てからね、と言うことだけお断りしておきたいと思います。他の映画のパンフに比べても、広告(おもちゃとか)がずいぶん多いなーと言う気はしますが、でも制作陣の愛情はみでてるインタビューは一見の価値があると思います。わけてもキャリー・フィッシャー(念のために言いますとレイア姫の人)のコメントはそれはもう見るべきです。

 最初に断っておきますと、スターウォーズシリーズは、おおむね知ってるし、細かいところは覚えてないけど6作はぜんぶ見たことはある、と言う程度の知識である、というところの自分の視点でおります。

 そしてさて、さて公開からそれなりに経っているとはいえ、内容をあんまり踏み込んで話すのはなにがなし躊躇いがあります。とりあえずBB8かわいいですよね。だんがん小僧だ。
 とりあえずビジュアル面は、特にメカが暴れ回るシーンでほれぼれする派手さを繰り出しつつも、ぎらぎらしすぎていないと言うか、どこか昔懐かしさを感じる雰囲気。特に序盤のところどころに出て来る、破壊され、打ち棄てられ朽ち果てた帝国の兵器の残骸の数々は、あの世界とこの世界が地続きであると言う説得力と、それだけの時間が作中で過ぎ去った、と言うことを、見ただけで理解させてくれる。全体的にそんな雰囲気。
 およそ飛びそうにないけど飛ぶ機械たちとか、わかりやすくきてれつな宇宙人達とか、ああ、スターウォーズってそういえばこうだったなあ、と言う、感じというか雰囲気は存分です。昔そのままのミニチュアのメカ達が、アクロバティックに飛び交う空中戦もこれまた楽しい。

 ストーリーについては、それこそざっと触れるのも難しいかんじなんですけども。
 そもそもスターウォーズでは、一番人気も知名度もあるキャラクターは、異論はあるにしてもまあダース・ベイダー卿ですよね。そしてスターウォーズそのものが、ダース・ベイダー卿の物語である、と言ことも出来ます。
 エピソード4~6では、帝国の象徴、最大の敵としての「ダース・ベイダーの物語」が描かれ、エピソード1~3では彼自身が主人公となり、彼がダース・ベイダーとなるまでの物語、「ダース・ベイダー以前」の物語が描かれました。
 そうなると、この新作の「フォースの覚醒」は「ダース・ベイダー以後」の物語となるわけで。最初はそんなこと考えずに見ていましたが、途中からそんなことを思って、ずっと見ておりました。

 スターウォーズの続編というたいへんに重い看板を背負い込みつつも、ただ娯楽として、気楽に見に行っても実に楽しい映画でした。予備知識、とは言うものの、漠然とスターウォーズについて知っている程度でも、ほぼほぼついていけると思います。
 せっかくのお祭りでもありますし。ひとつ劇場に足を運んで頂ければと思います-。

|

« 正月圧縮66%。(☆) | トップページ | 西新宿を見下ろして。(☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/62995774

この記事へのトラックバック一覧です: フォースの覚醒、悪の主人公なきあとの物語(☆☆☆☆):

« 正月圧縮66%。(☆) | トップページ | 西新宿を見下ろして。(☆) »