« 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 13TH観戦記【ダンス・一発芸】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 13TH観戦記【サバイバルマラソン~表彰式】 »

2017.02.07

【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 13TH観戦記【フライ級・バンタム級 三位決定戦~決勝戦】

 さあ、ふたたびの休憩のあとはバトル競技も大詰め。フライ級・バンタム級、それぞれの三位決定戦と決勝戦となります。
 リングアナウンサーによるコールで選手が呼び込まれ、さあ、大会再開です。

フライ級三位決定戦
No.12 スパイラル(千葉工大総合工学研究会吉岡) vs No.20 釣り人(東京電機工業大学理工学部ヒューマノイド研究部)

 似通った印象の機体同士が対決する、さあ三位決定戦です。
 まずは釣り人が中央に、腕を両方揃えて向ける独特のポーズで歩行していく、しかし接敵の直後に一撃貰い、ダウンを奪われる。1-0に。
 さあ、背後を取りに行くスパイラル、釣り人の腕がぶつかっているが、攻撃になっていない状態、釣り人が離れ、スパイラルが追う、腕に引っかけた、これはスリップになった。
 復帰する両者、再開、釣り人が離れ、スパイラルが着実に追う構え。回り込んで仕掛ける釣り人、やはりなかなか、腕が短くて有効な打撃を繰り出せない。回り込み、横、ちょっと離れた、真横だ、スパイラルが体をひねって一撃、これも有効になってくれない、両者スリップ。
 再開、左右に機体を振りつつ、釣り人がスリップ。スパイラルが有利の状況が続く、残り1分。位置を調整している、回り込んだ釣り人、スパイラルが一撃、横にのしかかるような攻撃、これは捨て身による攻撃に、2-0に変わった。
 さあ、絡んだのを分けて復帰。残り30秒、睨み合いになった、スパイラルの両腕打ち上げ、戻りで倒れたが、これはスリップ。残り10秒、立ちあがったが、ここで時間切れ。
 2-0、時間切れにより、スパイラルの勝利となりました。三位はスパイラルです。

 あ、このまま表彰を行うみたいです。
 ロボットジャパンの名物は、ときどきすごく頓狂になる読めない賞品ですが、今回はどんなものでしょう。築地の卵焼きでした。今日はこちらの路線みたいですね。

フライ級決勝戦
No.25 コビス(山本ビスコ) vs No.21 墨(東京電機大学ヒューマノイド研究部)

 さあいよいよ決勝戦。墨とコビス、方向性のかなり異なる機体同士の対決です。
 開始、さあ、墨も慎重な攻め、攻め込んでいく、まだ遠い間合い、中央に持っていった両者、まだちょっと間合いが遠い。ジグザグに動きながら詰めていく、墨が、まずは通りすがりざまの一撃、これは外れた。コビスが徐々に間合いをつめて、これは、飛び込みざまに腕を振り上げ胸板を打ち上げた墨、これでコビスが飛んだ。1-0に。
 再開、墨の飛び込みを警戒しているかコビス、墨は右へ左へ移動しつつ、 突撃の隙を伺う。
 近付くコビス、打った、弾いた墨。左右に移動する、これはどうだ、墨がすれ違いざまに一撃、コビスが綺麗に貰って倒れた、2-0に変わる。
 遠い距離、コビスの浴びせ蹴り、これは空転してしまった、ここで突然倒れ込んだかに見えた墨が、そこからぐるんと転がった! 回転浴びせ蹴り、これは、ここで、捨て身に捨て身、決勝の土壇場で初めて繰り出す技で沈めると言う劇的が!
 墨がコビスを沈め、3ダウン。優勝となりました!

 これにてフライ級の順位は確定。優勝は墨、準優勝はコビス。
 ちなみに二位の賞品はワイン。一位の賞品は液晶テレビでした。

 さあ、フライ級はこれにて確定。このあとはバンタム級の最終二試合です。

バンタム級三位決定戦
No.5 Metalic Fighter(森永英一郎) vs No.8 ヴァーミリオン(芝浦工業大学SRDC)

 続いてはバンタム級の三位決定戦。まず素早く中央に持って来た両者、ヴァーミリオンが大きな腕で振り上げて打撃、メタリックファイターが一発、二発と凌いだ後、両者スリップに。
 お互い下がって再開、あれ、なんでしょう、浴びせ蹴りの不発のようなモーションのあと、離れた メタリックファイター、睨み合い、正面突き、これはどうだ、メタリックファイターの打撃が綺麗に入ったように見えたが、スリップになった。
 再開、睨み合いから、詰めていった、がちんと猛烈な音が出る。股間に腕を突っ込んだような格好でヴァーミリオンがスリップ。
 近い距離、今度はどうだ、うまいこと引っかけた。メタリックファイター、ヴァーミリオンの腕を掴んで転がす、これでダウンに。1-0。
 さあ再開、ヴァーミリオンの突きが外れ、スリップ、メタリックファイターが掴みきれていない。胸板を掴みに行くが、ぎりぎりと削れる音が立つ。腕を掴みに行くが、分かれた、大丈夫か、ヴァーミリオンが大きな腕を使って復帰。
 睨み合いから徐々に接近する両者、今度は浴びせ蹴り、これは綺麗に決まった! 2-0、胸板にぶつけてダウンを奪う、
 2-0に変わって、メタリックファイターがなお攻めの構え、残り30秒、ちょっとヴァーミリオンの安定が良くないか、打撃、メタリックファイターが真横に崩れたが、これはスリップになった。
 両腕パンチ、打ち上げる、耐えた、スリップ、残り10秒、このまま行くか、接近、両腕パンチが胸板にぶつかるが、音は響くがメタリックファイターが倒れない。
 ここで時間切れ、メタリックファイターが2-0で勝利、3位となりました!

 さて、ここで三位の表彰式です。ちなみに三位の賞品は赤ワインでした。

バンタム級決勝戦
No.1 でこ(千葉工業大学文化会総合工学研究会) vs No.4 ナルカミ(芝浦工業大学SRDCチームナルカミ)

 決勝戦は学生チーム対決、ナルカミとでこの対決です! これはちょっと、どういう勝負になるでしょうか。
 ナルカミ、まずは攻めていく。押し込んで行く格好、激しい音が立ちましたが、長い腕を伸ばしてぶつけ合い、金属音が激しく響き、でこが正面から貰ってダウン。
 にじり寄るような格好で詰めるでこに対し、両腕を広げて構えるナルカミ、一瞬離れたところから、攻め続けるナルカミ。でこが待ちかまえ正面にワンツーを繰り出す、牽制しつつも狙っていく、姿勢が反っている分だけ、でこの方がややリーチ的に攻めづらい格好か。
 でこが追いつかれ、2ダウン目を奪われる、ここまでで2分経過。旋回して待ちかまえる格好のナルカミ、でこが攻めかかり弾き返されるが、これはノーカウントに。
 突っ込むでこ、これは背後から、うまい狙い、ナルカミがダウンを失う、2-1に。
 何かネジのようなものが落ちたか、残り20秒、ナルカミがやや下がる、でこが詰めていくが、全身がいまいつ突き、弾き返して凌いだ、ナルカミ耐える、残り4秒、耐えた、ここで時間切れ。
 2-1、ナルカミが押し切ってでこを下し、この試合、ナルカミの勝利となりました!

 これでバンタム級は決着。優勝はナルカミ、準優勝はでこでした。
 準優勝の副賞は、チョコレートと卵焼き。優勝のナルカミは液晶モニタでした。

 このあとはサバイバルマラソン、そしてパフォーマンス競技の結果発表となります。

|

« 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 13TH観戦記【ダンス・一発芸】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 13TH観戦記【サバイバルマラソン~表彰式】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/64864739

この記事へのトラックバック一覧です: 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 13TH観戦記【フライ級・バンタム級 三位決定戦~決勝戦】:

« 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 13TH観戦記【ダンス・一発芸】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】ROBOT JAPAN 13TH観戦記【サバイバルマラソン~表彰式】 »