« 【ロボットイベントレポート】第21回・第22回KONDO BATTLE観戦記【決勝トーナメント~表彰式】 | トップページ | あるいはそれは誰かへの弁明。(☆) »

2017.04.08

レゴバットマン:闇と悪とは歌って踊る(☆☆☆)

リンク: 映画『レゴ®バットマン ザ・ムービー』2017.4.1.

 ひたすらに娯楽作、でもさらにそこには奥がある。
 ポップでカラフル、おもちゃ箱を景気良くばらまいたような派手さ全開の演出と、表裏一体で深く深く覗き込まれる「ひとりの男」の物語とがひとつになって進んでいく、一転する動と静、音楽と静けさがそれぞれをより引き出す、豪華な一作であります。

 これもうレゴでしかできないでしょう、他でやったら怒られるでしょう、と言うような豪華さを押し出しつつも、バットマンを深く深く覗き込んだ映画でもある。見た目は、そしてまあ若干キャラ付けも、バットマンと言うよりパロディのような押し出しではありますが。バットマンの映画で、最初に見るべき一本、ファーストチョイスに、間違い無く候補として上がる一作です。

 隙あらばとばかり、次々と滑り込んでくる、主にバットマンネタのジョークも心地よく。くすりとくる、というか我慢できなくてゲラゲラ笑いながら見てました。最初は我慢してたけど隣の人たちみんな笑ってたので遠慮なく。
 そのネタ拾うの!?まあ拾うよね!? みたいなのががんがんきて、そのうち「なんだか判らないけど面白いこれ」みたいなテンションになってきます。わりと早い段階で。

 カラフルでにぎやかな陽性の絵がとにかく華やかなだけに、静止と静寂とがずんとくる。レゴにもバットマンにも詳しくなくても、果てしなく派手に転がって行く筋を楽しめるし、それぞれに知識があれば、もうゲラゲラ笑って楽しめる、広く深くな娯楽作です。

|

« 【ロボットイベントレポート】第21回・第22回KONDO BATTLE観戦記【決勝トーナメント~表彰式】 | トップページ | あるいはそれは誰かへの弁明。(☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/65122549

この記事へのトラックバック一覧です: レゴバットマン:闇と悪とは歌って踊る(☆☆☆):

« 【ロボットイベントレポート】第21回・第22回KONDO BATTLE観戦記【決勝トーナメント~表彰式】 | トップページ | あるいはそれは誰かへの弁明。(☆) »