« ローガン:老いたる魂、荒野を往く(☆☆☆☆) | トップページ | 光のお父さんを、読んで眺めて考えたこと。(☆) »

2017.06.06

5月の読書録(☆)

 さてさて。なんだかまただいぶん久しぶりな気もしますが、6月にはも入ったということで、先月5月の読書録であります。
 読書管理がブックフォワードに変わった関係で、ちょっと体裁も変わっていますが。と言うより、エクセルに吐き出したデータから体裁を整えるのがなかなか大変で、これで四苦八苦しておりました……。

双亡亭壊すべし(4) (2017/5/2)
ジグソークーソー 空想地図研究会 (2) (2017/5/2)
鬼滅の刃 6 (2017/5/2)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:レガシー (2017/5/7)
ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミア ILLEGALS- 1 ヴィジランテ―僕のヒーローアカデミアILLEGALS― (2017/5/8)
ORIGIN(1) (2017/5/8)
ORIGIN(2) (2017/5/8)
人形の国(1) (2017/5/9)
旗本夫人が見た江戸のたそがれ―井関隆子のエスプリ日記 (2017/5/10)
マーベル宇宙の歩き方 THE COMPLETE MARVEL COSMOS (2017/5/16)
ヒットマン3 (2017/5/20)
ヒットマン4 (2017/5/20)
ヒットマン5 (2017/5/20)
EX-ARM エクスアーム リマスター版 7 (2017/5/25)
新潟「地理・地名・地図」の謎 (2017/5/25)

 なんかまたずいぶんさらっとしてしまいましたが。
 5月は点数は少なかったものの、非常に面白いものが多い月でした。まずなによりも挙げなくちゃいけないのは「旗本夫人が見た江戸のたそがれ」。この人が大岡越前や鳥居耀蔵、勝小吉とかと同時代人だと考えると、なおさら面白みが増します。
 第一話の圧倒的なドライブ感からぐいぐい引っ張る「人形の国」は有無を言わさぬ力強さ。「マーベル宇宙の歩き方」は、最近世界設定が大きく変わったマーベル世界の、最新の事情を総括できる、世界設定中毒患者にはまったくたまらないガイドブックの上物。「ヴィジランテ」、ヒーローアカデミア本編で語りにくい「世界のそのほかの部分」を、特に物語からこぼれ落ちた視点で描いているのが魅力なのに、これがまた全然単独でもすごい面白い、と言う、これこれ感のあるエクストラストーリー。これは正直楽しみ。
 ORIGINは絵の凄さに引かれて買ったんですが、お話もこれまた、社会に溶け込み潜伏しようとするロボットの話で。とても続きの気になるところ。
 そしてアメコミ者の末席としては、とても見逃すことはできなかったヒットマンの一気三冊続刊。これが読めて本当に良かったなあ、と思いつつ、スーパーマンさんはでもほんとにいい人なんだな、と感慨を深くする。読めて良かったと思った三冊でした。色々重かったですが。

 とまあ、そんなかんじでさらっと。5月の読書録でありました。

|

« ローガン:老いたる魂、荒野を往く(☆☆☆☆) | トップページ | 光のお父さんを、読んで眺めて考えたこと。(☆) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/65378930

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の読書録(☆):

« ローガン:老いたる魂、荒野を往く(☆☆☆☆) | トップページ | 光のお父さんを、読んで眺めて考えたこと。(☆) »