« アメ懇ボードゲーム会オブザギャラクシーおぼえがき。(☆☆☆) | トップページ | 5月の読書録(☆) »

2017.06.04

ローガン:老いたる魂、荒野を往く(☆☆☆☆)

リンク: 映画『LOGAN/ローガン』オフィシャルサイト.

 これはかつてウルヴァリンだった男、ローガンという男の物語。
 多くの仲間達に囲まれ、華々しく戦ったウルヴァリンの物語はもはや過去となり、いまは過ぎた日々と、断ち切れないしがらみに苛立つローガン。
 老い衰え、望んだものを得たわけでもなく。こんなはずではなかった未来と環境に倦んだローガンが、避けきれず巻き込まれたひとつの事件。
 見知らぬ少女を助手席に、長い旅に車を走らせるローガン。奇妙な道行きの中、様々なものを取り戻し、そして様々なものを失っていく。彼の終着点に、少しずつ少しずつ迫りながら。

 X=MENの看板として、また単独のシリーズとして、長く続いたヒュー=ウルヴァリンのケジメとなる一作。ウルヴァリンとして世に現れた男が、ローガンとしてその締めくくりを閉じる。この乾きは老いたひとりの男の物語、長い長いウルヴァリンの終わりに相応しいと思える、ドライで硬派な一作でありました。

 それにしても、感想を話し合って感じましたが、この映画の感じ方、受け止め肩は、世代によってずいぶんと違うのではないでしょうか。自分がそうだからに過ぎないのかも知れませんが、中年、あるいはそれ以降にさしかかった世代には。ローガンの屈託は、妙な現実味を持って、重くのしかかるのではないかなと思います。

|

« アメ懇ボードゲーム会オブザギャラクシーおぼえがき。(☆☆☆) | トップページ | 5月の読書録(☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/65367560

この記事へのトラックバック一覧です: ローガン:老いたる魂、荒野を往く(☆☆☆☆):

« アメ懇ボードゲーム会オブザギャラクシーおぼえがき。(☆☆☆) | トップページ | 5月の読書録(☆) »