« 予言した者、された者、今この時を見ざる者:メタルマクベスdisk1(☆☆☆) | トップページ | アントマン&ワスプ、走って跳んで、拡大縮小大作戦!(☆☆☆) »

2018.08.20

ちょっと海まで自転車で。突発江ノ島サイクリングの段(☆)

2018082001

 クロスバイクに乗るようになってはや数年。とはいうものの、良く言っても断続的と言うレベルで、とりたてて上達しているわけでもない身の上ではありますが。それでもここ数年、暖めていた目標がありました。
 つまるところそれは、海を見にゆくこと。江ノ島の海岸まで、自走で行って帰ってくること。

 海を見ると言う目標は、これまで何度か計画を立てて実行してきました。羽田空港の一歩手前まで多摩川を下ったり、荒川に沿ってぐるっと東京のまわりを半周したり。しかしまあ、夏と言って連想するような、そういう概念海に行ってみたいと、前々から暖めていたのです。
 おりしも平成最後と、なにやら煽られがちな今年の夏。じゃあ平成最後の夏になにをしていたか、と問われたときに。海に行きました。走っていきました。と言ったら、ちょっとは今後のネタになるかな。などと考えまして。たよりの自転車は先日メンテナンスしてもらったばっかりで、すこぶる快調なことですし。

 構想数年、計画2日。日曜の昼に腹を固め、藤沢で宿を予約して。計画的かつ衝動的に、出発した次第でありました。
 夜明け前に出発する、つもりが少しもたついたものの。多摩川まではまずは順調は滑り出し。
 多摩丘陵を涼しいうちに突破して、鎌倉街道を南下。町田駅前で境川サイクリングロードに乗り換えて、そのままひたすら南下、と言うルート構想です。
 境川に出たら、あとは一本道なので、せいぜい気をつけるのは多摩丘陵で道を間違えないことくらい。てなわけで、「ここで曲がる」的なポイント、そして「ここで寄り道する」的なポイントを、予めgoogle mapに詰め込みまして。小刻みに自分にご褒美を与える計画。
 恐いのは熱中症ですが、行くのは基本的に街中なので、水の確保はできるはず。塩飴だけは準備のうえ、一番きついところは午前の涼しいうちに突破する計画で。
 ちなみに、あとで気付いたのですが。日焼け止め対策を一切忘れると言うしくじりを、この時点でしておりました。皆さんは日焼けにはお気をつけて。耳の皮がむけたのは久しぶりです……。

 さて。堤政橋で多摩川を渡り、多摩卸売市場前の交差点を目指して、普通に幹線道路沿いに行けばいいはずなのですが。何を思ったのか自分、このときわりと大変なルートの連光寺坂を登ってしまいました。今でもなんでそっち行ったのかよくわからないんですが、日陰だから涼しいかも、とか思ったんでしょうか。
 連光寺坂上から、さらに多摩大学の方へ抜ける、これまた登り坂なルートをわざわざ取ったあと、ようやく本来のコースである尾根幹線へ。
 広い道路をびゅんびゅん追い抜かれながら、卸売市場前で南下。ここからは初めて行く道。鎌倉街道を通って、町田駅を目指します。
 途中トンネルを通過したり、名前を地図で見かけて気になっていたリス園の横を通ったり。全体的には下り気味のルートをたどり、町田駅前に。
 電車で来るより先に自転車で来てしまった町田駅ですが、慣れない土地はややこしいもので。どっちに行けばいいのやら、だいぶ迷っておりました……。

 なんだかんだで陸橋を越えて、横浜線の反対側へ。すぐに見えてきたのが境川。ここからはサイクリングロード。ただひたすらに南下していく道のりです。
 さすがにサイクリングロードは全体に走りやすく、回りを走る自転車の人も多いので、なんというか安心のできる雰囲気。
 事前に自分で決めていたチェックポイントは三箇所あり、うち二箇所は線路と交差するところ。案の定というべきか、道が途切れていて、だいぶまごまごしました……。後から(帰り道に)気付いたんですが、反対の道を行けばトンネルがあったりして、わりと楽に行けたと分かったり。まあ初めて行くところですから。はい。
 道は全体に、意識しないレベルでの下り。正面から向かい風が吹いてくると、相殺してやや負け気味、と言うレベル。ただ日差しの強い中、風をずっと受けられるのは、それはそれで爽快です。

 相模鉄道で一回迷い、東海道新幹線の下をくぐって。ずっと左岸を行っていたんですが、右岸側に切り替えたあたりから。だんだんと川幅が太くなっていく。
 川向こうの左手に、なにやら不思議な塔がある…… 後で調べたら、旧ホテルエンパイヤ、横浜薬科大学の図書館棟でした。横浜ドリーム・ランドのこともなにも知らなかったので、調べてみて驚いた次第…… のを見やりつつ、ちょっと開けたところに辿り着いた。と思ったら、遊水池公園でした。自転車の皆さんが思い思いに休憩中。
 自分は日陰でちょっと涼みつつ、トイレだけお借りして、さらに南下。もう少し先に、今回のお目当ての一つがありました。

Dsc_9811

 道沿いにある、日本一小さい牧場こと、イイダ牧場のアイスクリーム。アニメで見て、ええ、アニメで見ましてね。境川沿いに来たら、ぜひ行って見たいと思っていたのです。
 自分のように自転車で来ている人もいれば、恐らく近所からお孫さんおばあちゃんみたいな組み合わせで来ている人もいたりと客層いろいろ。
 初見参ではあるし、ということで、ベーシックにミルクに挑戦してみました。暑いし疲れてるしに染み入る、濃ゆいおいしさでございました。

 ここまで来れば、目的地まではあと一息。藤沢宿の由来を語る石碑の前で大通りに出て、そのあとは車道をひたすら南下。今夜の宿の藤沢駅の前をいったん通り過ぎ、あともう少し…… いやもう少し…… あ、思ったよりもあるなこれ…… と思っていたら、目の前にいきなり開けたのは。

Dsc_9827

 ずっと見たいと思っていた、走った末の海と砂浜でありました。
 ここで、いったん目標達成。おおむね70kmほどでしょうか。クロスで100km走ればまあまあ、って前に言われたことがあるので、まだまだ甘い距離ではありますが。自分で立てた目標を、自力で達成したと思えば。まあまあ、自己満足のいった光景でありました。

 で。このあとは、江ノ島を歩いて登りまして。数年前来たときは行かなかった、コッキング苑と展望台に上りまして。

Dsc_9841

 混雑また混雑でげんなりしていたら、フードコートが思いのほか空いていたので、海を見ながらお昼にしらす丼をいただきまして。
 自転車のところに戻った時に、手袋を片方落としたと思って焦り(結局落としてなかった)。
 余勢を駆って湘南サイクリングロードに突進したら、ものすごい砂にタイヤを取られて、すごすごと撤退。
 ちょっと早めに宿に行ったら、自転車は駅前の駐輪場に、と言う話になったので、それじゃあ、とチェックイン時間を先延ばしにして、ちょっと離れた藤沢の温泉まで足を伸ばして。そこでものすごい日焼けをしていることに、初めて気付いたりしまして。
 1時間近くだらだらしたあと、取って返して。自転車を預けてホテルに投宿。

Dsc_9847

 翌日の帰路に備えて、鋭気を養った次第でありました。

 そんなこんなで、まあ帰路は帰っただけなのでおいておきまして。まあ楽しかった、今回のサイクリング。
 夏の一日に、やろうと思っていたことがやっとこさできましたと言う。そういうお話でありました。

|

« 予言した者、された者、今この時を見ざる者:メタルマクベスdisk1(☆☆☆) | トップページ | アントマン&ワスプ、走って跳んで、拡大縮小大作戦!(☆☆☆) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/67078729

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと海まで自転車で。突発江ノ島サイクリングの段(☆):

« 予言した者、された者、今この時を見ざる者:メタルマクベスdisk1(☆☆☆) | トップページ | アントマン&ワスプ、走って跳んで、拡大縮小大作戦!(☆☆☆) »