« 【ロボットイベントレポート】大坂ロボットプロレス・チームばんび2周年特別公演観戦記【本公演】 | トップページ | 簡単ふりかえり大阪旅行11月。(☆) »

2018.11.26

レッツ丹沢、三ノ塔(☆☆☆)

2018112601

 雄大雄大。
 11月最後の三連休、初日はひさびさの家飲みをして、二日目はその後片付けをしたりしておりまして。
 三日目はいつもお世話になっているお店の4周年記念パーティがあって、夕方からそこに行くのは決まっていたのですが。

「ところで、のいさんの前に山行きませんか山」
「いっすねー」

 まあだいたいこんな感じで、ギネスの前に山に登ってきた

 三ノ塔がある丹沢山地は、神奈川県の左半分の真ん中あたり。そして三の塔はその丹沢山地のだいたいまんなかあたり。
 早朝の電車で(都内まで行って一旦折返しと言う、多摩地区特有のアレに見舞われつつ)最寄りの秦野駅で待ち合わせ。そこからバスに乗ってヤビツ峠まで一時間ほど。そこでようやく登山口に到着です。
 ヤビツ峠と言えば自転車漫画では必ず出て来る地名、こんな形で初めて訪問するとは思っていませんでしたが、うん、すごいなこのぐねぐね坂。バスがここを登ると言うだけでも、相当なんかこう、すごいものを見たぞ感。

 そしてヤビツ峠の入口から、ちょっとだけ下がって登山口へ。途中、湧き水に寄り道したりしつつ、いよいよ山道へ。
 ところどころ岩がごろごろしてたり、ぬかるみに落ち葉が溜まってひやひやするところはありますが。手を使ったり岩を登ったりするところがあるわけではないので、基本的には頑張れば登れる、と言うくらい。
 すれ違う人(これがまた結構多い)を待ち、その時間を使ってつどつど休みを入れつつ。一時間弱ほどで二ノ塔の頂上へ。二ノ塔、三ノ塔、と言うのは、山の名前にしてはまたずいぶん変わった感じですが、一ノ塔にあたる塔ノ岳とまとめて由来があるのだそうです。
 そんな話を教えて貰いつつ、いったん二ノ塔の頂上から降りて、すぐそこに見える三ノ塔の頂上へ。あんまり頂上感ない、と失礼なことを言っていたら、目の前に開けた光景がこうでした。

2018112602

2018112603

 遠い山が青く見える、広い広いこの光景。光も雲も風情ですが、富士山が隠れてしまっているのだけがやや心残り。
 これは登っている間もですが、パラグライダーをしている人が三人四人と舞っているのが見えて、これがまた軽やかで大変心楽しい風景でした。
 山頂でお昼にしたあと、ちょっと北に足を伸ばして、ほとんど斜め下に見える烏尾山の頂上を見物したあと。今度は下山の道に。
 登るのはきっついですが、降りるのはおっかない。体力で登り、技術で降りる、ってな言い方をするそうで。そろそろと足下を確かめつつ、かといって風景を見上げつつ、登山口までぶじ下山。
 バスを待って下山し、小田急で一路都会の方へ。そんなこんなで夕方には、やけに重装備の男三人で、お祝いを述べにお店に入った、と言う次第でありました。

 そんなこんなで。教えて貰ってくっついていく、と言うレベルではありますが、ちょいちょい山に登ってきた本年。
 体力をつけたいのもありますし。またちくちく、挑戦していきたいと思いますー。 

|

« 【ロボットイベントレポート】大坂ロボットプロレス・チームばんび2周年特別公演観戦記【本公演】 | トップページ | 簡単ふりかえり大阪旅行11月。(☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/67422949

この記事へのトラックバック一覧です: レッツ丹沢、三ノ塔(☆☆☆):

« 【ロボットイベントレポート】大坂ロボットプロレス・チームばんび2周年特別公演観戦記【本公演】 | トップページ | 簡単ふりかえり大阪旅行11月。(☆) »