« 【ロボットイベントレポート】第16回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【サイコロシュート】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】第16回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【ランブル】 »

2019.07.21

【ロボットイベントレポート】第16回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【キューブ】

 続いては即席チームでの団体戦となる、第四競技キューブ。
 全選手が3機ずつ(原則)のチームに分かれて挑む団体戦。フィールド中央に置かれたキューブを自陣に持ち帰り、時間切れまで自陣でキープする、と言うゲーム。
 キープしたキューブは得点となりますが、相手の陣営のキューブを落とすことで得点を失わせることができます。また転落した機体は試合に復帰できなくなるため、試合が進むと徐々に参加機が減っていく、サバイバルの側面も持つ競技となります。

 さあ、チーム分けも発表となり。試合開始です。

第一試合
No.1 わだつみ(なべ)
No.12 たかろぼ(原毅(はらたかし))
No.13 いとこんにゃく(いとこんにゃく)
vs
No.3 ワガラサウルス(網野 梓)
No.6 パナイヤ(平塚中等科学部)
No.16 チビダー・フォー(神矢人力研究所)

 さて、最初の組み合わせ。巨大なワガラサウルスを中心とするワガラチームと、三機の大きさがバランスの取れた、わだつみチームの対決からスタートです。
 開始、中央で接触し、キューブの山をまず崩した両チーム。わだつみがキューブの確保を目指して中央、腕のパイルバンカーでキューブを飛ばし、キープに入ります。対するワガラ、回り込んで風を吹かせる、動いた、キューブがやややや動いて押された、その隙にいとこんにゃくがキューブを一個落として、あっと、乱戦の最中に故障が、ワガラサウルス、尻尾が取れてしまった。
 さあ、わだつみチームが三つキープして有利な状況、相手陣営分のカットに入るいとこんにゃく。確保分のキープを計る両チーム。中央でワガラが風を吹いた
 時間切れで2-1、わだつみチームの勝利となりました。尻尾が切れてしまったワガラサウルス、大丈夫でしょうか。

第二試合
No.15 ボイジャー(PON)
No.23 ラッキービースト(B作)
No.9 軽王丸(GARU)
vs
No.14 SHIELD Xero(SHIELD Works)
No.26 イグリール(ユウタ)
No.22 ダイナー(ぽかたん)

 続いては、両チームとも小柄な機体で揃った編成。軽王丸がやや大きいか。
 さあ開始、中央にボイジャーが走って行った、イグリールが走りすぎてリングアウト、まあ開始直後ですしということで、審判裁定で復帰しています。
 シールドゼロごと押し込んでキューブをキープ、ボイジャーがうまく運んでくる。全体的にはボイジャーチームが優勢、ラッキービーストとボイジャーが、てきぱきとキューブを押し込んでいく、これは全部押さえる勢いだ。
 軽王丸も押さえた、しかしダイナーが落としてキューブを戻す、中央に戻していった。ダイナーが続けてカットするが、ここで丁度時間切れ。
 3-0、ボイジャーチームの勝利となりました。

第三試合
No.2 ゴウライオー(コバ)
No.21 スモア(シムカ)
No.4 で・か~る(道楽、)
vs
No.7 ヘリオス(津野)
No.11 kurp(平野太一)
No.20 うひゃっひゃほよ(ゴンタ)

 でかーるとゴウライオーと言う大型機にスモアを添えたゴウライオーチーム、対するヘリオスチームは三機バランスのいい編成です。
 でかーるが先陣を切って突っ込む、まとめてキューブを押し込みに行くでかーる、しかしほどよくこぼれた、これをうまく押さえたゴウライオー。片足が出てしまう、リングアウト。スモア、上半身というか甲羅というか、カバーと腕がもげてしまっていましたが、大丈夫でしょうか。
 妨害していたヘリオス、勢い余ってアウト。確保していたキューブが中央に、逆にうひゃっひゃほよがキープし返し、1-0に。孤軍奮闘のでかーるがキューブを一個戻す、1-1に。
 さあ、うひゃっひゃほよとkurpが確保しようとするのを、でかーるが1対2で押し戻していく。
 力比べだが、ここで時間切れ。
 3-1、ぎりぎりで押し切ってヘリオスチームの勝利となりました。

第四試合
No.10 じゃこまる(すずきせいご)
No.18 茉莉花(人形つかい)
No.25 ZZガンダム(イガア)
No.8 Wolfgang(BARON)
vs
No.24 みみずくん(勝田哲司)
No.17 Mitsuki(NEY)
No.19 プラビー(びーとる)
No.5 プロト2号(スプライタ)

 さて、最後の試合は参加機体数の都合で、ここだけ4対4に。
 茉莉花とみつきと両コーナーぎりぎりに配置されます。ここで主催者から特別ルールが。「お嬢様に手出しした機体は…… リタイアで」 つまり実質三対三です。

 開始、じゃこまるとヴォルフガングが突っ込んで崩しにかかる、うまくキープに入った、ヴォルフガングがコーナーぎりぎりに。みつきに近付いてしまう。正面から睨み合うみみずくんとプラビー、ここで茉莉花が前線に出ていった!
 みつきを除き、団子になってしまった両陣営。プラビーがカットしている、じゃこまるがプロトを薙ぎ倒し、キューブを押さえた、
 乱戦のまま、ここで時間切れ。3-0、じゃこまるチームの勝利となりました。

 さて、これでキューブも終了!
 このあとは決勝トーナメント参加機発表のあと、ランブルとなります!

 と言っているうちに、競技の結果が出ました!
 一位はわだつみ、二位はボイジャー。三位はヘリオス、そして四位はじゃこまる。以上4機が決勝トーナメントに出場します。

|

« 【ロボットイベントレポート】第16回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【サイコロシュート】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】第16回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【ランブル】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【ロボットイベントレポート】第16回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【サイコロシュート】 | トップページ | 【ロボットイベントレポート】第16回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【ランブル】 »