書籍・雑誌

2019.01.24

あるいは謎を語る者の覚悟について:「死に山」(☆☆☆)

死に山: 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相

 ロシアはウラル北部のその土地がディアトロフ峠と呼ばれているのは、イーゴリ・ディアトロフにちなんでいる。
 冷戦さなかの1959年、日本で言えば東京オリンピックの開催が決定した年の2月。ディアトロフ率いる9人の学生登山チームが、ウラル山脈のオトルテン山を目指す最中、消息を絶ったのだ。
 零下三十度を超す極寒の土地とはいえ、ディアトロフ達は全員が経験豊かな登山家で、土地にも慣れているはずだった。極寒の中、派遣された捜索隊がようやく見つけ出したのは、異常な状況で死を遂げた9人の姿だった。
 彼らは唯一の安全地帯であるはずのテントを捨てていた。半数以上は凍死していたが、残る者には外傷の-- 頭蓋骨が骨折するような重い外傷の-- 後があった。ひとりの女性は舌を失っていた。ほとんどの者が裸足で、防寒具ところか半裸と言っていい者もいた。衣服はのちに発見されたが、高濃度の放射線で汚染されていた。

 調べれば調べるほど謎が増えていくこの遭難、当局が幕引きを急いだこともあり未解決のまま残り、ディアトロフたち9人に起きた出来事は、いつしかロシアの都市伝説、《ディアトロフ峠事件》となっていった。未知の襲撃者、政府の陰謀、彼らは見てはいけないものを見てしまった、さらには宇宙人説に至るまで。

 ディアトロフ峠事件から、およそ50年後。アメリカ人の映像監督である著者は、ウラル山脈はオトルテン山を目指していた。50年前、ディアトロフ達に一体何が起きたのか。伝説と定説に覆い隠された、ディアトロフ峠での出来事を、己の身で追体験するために。

続きを読む "あるいは謎を語る者の覚悟について:「死に山」(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.17

奇譚を売る店(☆☆☆)

奇譚を売る店 (光文社文庫)

 また買ってしまった。
 お決まりのぼやきで、それらの物語ははじまる。主人公の悪癖は、行きつけの古本屋でついつい散財をしてしまうこと。
 たまたま目を留めて、あるいはやむにやまれぬ理由で、彼が手にする本、あるいは本のようなもの。かつて存在した脳外科病院の入院案内。実現しなかったカルト映画の企画書。ある一族にまつわる大河物語の上巻だけ。子供の頃に目にした少年探偵漫画……。
 なにげなく手にしたはずのそれらの物語を開いたときから。その欠落に、その謎に気付いたときから。彼は、そして彼の風景は歪み始める……。

続きを読む "奇譚を売る店(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.21

湖を越えて行け、海原の覇者となれ:新・水滸後伝(☆☆☆)

新・水滸後伝 上巻

新・水滸後伝 下巻

 中国中世。百五十年近くの繁栄を誇る宋王朝。栄華と爛熟の果てにいつしか国は内から腐り、姦物が国を私物化し、上下に賄が横行する、悪逆の世と成り果てていた。
 不正腐敗の世を怒り、正義と暴力の趣くまま世間を飛びだした、百八人の無頼の好漢たち。
 星主・宋江のもと、梁山泊に覇を誇った彼らだったが、宴は長くは続かなかった。朝廷の招きに応じ、罪を許され帰順した彼らを待っていたのは、四方の敵との果てしない戦い、そして腐敗した政府からの非道だった。
 最後の敵・方臘との全面戦争のすえ、義兄弟の三分の二までも失った彼らを最後に待っていたのは、宋江たち指導者の暗殺と言う結末。
 その数を三分の一ほどにまで減じ、辛うじて生き残った者達にも、もはや戻るべき場所もなく。かつての梁山泊の好漢達は天下へ散り散りに消えてゆき。かくて、水滸伝の物語は終わりを告げた。

 さあ、第二ラウンドをはじめよう。

 かつての水軍頭領・阮小七が、因縁をふっかけた役人を殺したことをきっかけに、好漢達の運命は再び回り出す。戦に焼かれても、敗北に焼かれても。弱きを助け、悪しきを躊躇いなくブチ殺す、好漢の好漢たる由縁は、生きている限り変わりはしない。あるいは疑われあるいは義憤を振るい、次々と出奔していく好漢たち。
 そして天下もすでに太平ではなかった。北の侵略者・金の侵略の前に、腐敗の夢もついに破れて。国土は侵略者と反逆者に溢れ、宋王朝は戦乱の世へと転がり落ちていく。
 あるいは山塞に寄り仲間を集め、あるいは一軍を率いて侵略者に挑み。それぞれの場所で、それぞれの戦いを続ける三十有余の運命は、やがて一人の男のもとへとたぐり寄せられていく。

 混江龍・李俊。湖を越え、長江を越えて、彼はいまや大海原の先に、己の運命を切り開いていた……。

続きを読む "湖を越えて行け、海原の覇者となれ:新・水滸後伝(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.09

星を渡るは九重の塔・天駆せよ法勝寺(☆☆☆)

天駆せよ法勝寺-Sogen SF Short Story Prize Edition- 創元SF短編賞受賞作

 それは人類が宇宙までも版図を伸ばした未来の世界。その繁栄を支えるのは佛里学- 仏教理論を元に、高度に進化した科学技術体系。
 その現代佛理学の成果、恒星間宇宙船として建造された寺院・法勝寺は、いままさに七人の僧侶兼宇宙飛行士を乗せ、人々の熱狂を追い風に宇宙へと旅立とうとしていた。
 目標は39光年先の植民惑星・持双星、目的は百八十年に一度の大佛開帳。管長である厳真以下、佛理学僧の照海、尼僧エマニュエルら七人の僧侶が挑むのは、超光速航行を経ても、なお四十九日の日数を要する宇宙の旅。
 立ち塞がる困難に、さらなる苦難が降りかかる。未知の襲撃者。隠された事情。仄めかされる真の使命。39光年の旅の果て、僧侶達が辿り着く決着とは……。

続きを読む "星を渡るは九重の塔・天駆せよ法勝寺(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.11

江戸城、末端、ファシリテーター。:江戸城御掃除之者!(☆☆☆)

江戸城 御掃除之者! (角川文庫)

江戸城 御掃除之者! 地を掃う (角川文庫)

 考えてみれば当然至極のことですが、お城にだって掃除をする人がいるのです。
 それが江戸城ともなれば、掃除をするのも旗本御家人。江戸城の掃除を代々担うのが掃除之者。八代将軍吉宗の時代、掃除之者の組頭・山野小左衛門。
 ひょんなことから大奥の掃除を申しつけられたのをきっかけに、掃除にまつわる無茶振りに、つぎつぎと振り回される小左衛門と配下たち。御庭番でも剣豪でもなし、腕っ節も度胸もいまいちだけど、掃除にかけては意気地を曲げない掃除之者に、今日も難題が降りかかる……。

続きを読む "江戸城、末端、ファシリテーター。:江戸城御掃除之者!(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.30

探偵道長、みやこを駆ける。妖曲羅生門(☆☆☆)

妖曲羅生門~御堂関白陰陽記~

 この世をば我が世とぞ思う望月の、と、誰しもが一度は憶えたあの人物が、この物語の主人公。
 千年の昔、時も所も平安京。娘を次々と天皇の后とし、位人臣栄華を極める御堂関白・藤原道長。が、いずれそうなる未来も、誰も知るよしもない。二十歳そこそこの有力貴族の末っ子だった頃の事。
 気の趣くまま興味の向くまま、あるときは京を騒がす怪事件に手を伸ばし、あるときは過去の-- そう、彼らの生きていた時代よりもさらに過去の-- 人々の事績について、その実際を探り訪ねる。
 気の合う兄の道綱に、馴染みの武家の源頼光、その配下の四天王達に、知恵袋格の安倍晴明。多くの仲間達と共に。物語と歴史、虚と実の入り交じるその真相を探し求めて、若き道長は溢れる才気を迸らせる……。

続きを読む "探偵道長、みやこを駆ける。妖曲羅生門(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.08

光のお父さんを、読んで眺めて考えたこと。(☆)

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

 前にも一回書きました、人気ゲームブログのドラマ化作品・光のお父さん
 先日放送された最終回をちょっと遅れて録画で視聴して。これは原作も読まなくちゃ&お布施をしなきゃ、と思って書籍版を購入。一気に読んでしまいました。
 書籍版、電子版を買いましたが、間のコントロールのしかたが、ほんとにブログを読んでるような感じで、にやにやしながら読んでおりました。書籍版とドラマ版、それにもともとになったブログ版とも。たぶんちょっとずつ、あるいは大幅に違うんでしょうけども、僕はどちらも楽しませて頂きました。

続きを読む "光のお父さんを、読んで眺めて考えたこと。(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.06

5月の読書録(☆)

 さてさて。なんだかまただいぶん久しぶりな気もしますが、6月にはも入ったということで、先月5月の読書録であります。
 読書管理がブックフォワードに変わった関係で、ちょっと体裁も変わっていますが。と言うより、エクセルに吐き出したデータから体裁を整えるのがなかなか大変で、これで四苦八苦しておりました……。

続きを読む "5月の読書録(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.23

ヒットマン3~5:終わりなき乱痴気の終わり(☆☆☆)

ヒットマン3

ヒットマン4

ヒットマン5

 きてれつパワーワード・犬溶接マンの大流行から、まさかの邦訳が(2巻まで)発行されて、はや数年。
 もはや完結は望めないか…… と思っていたら、いきなりヒットマンが帰ってきました! それもシリーズ完結となる5巻まで一挙刊行。全部買うとなんと…… なんと…… いいのですよそんな話は。いま量ったら3冊で2.5kgほどありました。なんとまあ。重いわけだ。
 それはともかく、ヒットマン、本邦にて堂々の完結です。

続きを読む "ヒットマン3~5:終わりなき乱痴気の終わり(☆☆☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.18

「キリスト教」の前のストレッチ:はじめて読む聖書(☆)

はじめて読む聖書 (新潮新書)

 美術鑑賞には聖書の知識が、まああったほうが面白い。と考えて。聖書そのものを読まずに、読んだみたいな気になれないかなどとバーナード嬢みたいなことを考えていたら、案の定けっこうな天罰が下りました。つまり、うっかり手を出したのが本書だったと言うわけです。
 まあほら。タイトルだけ見たら、いかにもこれから聖書を読む人向けのガイドブックみたいに見えるじゃないですか。インプレスいますぐわかるみたいな系列の本だと思ってうかつに開いたら、そういうのではありませんでした……。

続きを読む "「キリスト教」の前のストレッチ:はじめて読む聖書(☆)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧